マニュアル キャンセル

Adobe Connect データベースを使用したカスタムレポートの構築

  1. Adobe Connect ユーザーガイド
  2. 概要
    1. Adobe Connect の新機能
    2. Adobe Connect 会議室の基礎
    3. HTML クライアントの Adobe Connect 機能
    4. Adobe Connect デスクトップ向けアプリケーション
    5. Adobe Connect の技術仕様と必要システム構成
    6. Adobe Connect のキーボードショートカット
  3. Adobe Connect Meeting
    1. Adobe Connect 会議室の基礎
    2. Adobe Connect 会議とセッションの開始、出席、管理
    3. Adobe Connect デスクトップ向けアプリケーション
    4. Adobe Connect 会議前診断テスト
    5. Adobe Connect Central のホームページ
    6. Adobe Connect 会議でのコンテンツ共有
    7. Adobe Connect 会議の更新と管理
    8. 会議レポートおよび分析データの表示
    9. Adobe Connect 会議のノート、チャット、Q&A および投票
    10. Adobe Connect のアクセシビリティ機能
    11. Adobe Connect のキーボードショートカット
    12. 仮想会議室の作成とレイアウトの配置
    13. Adobe Connect 会議の小会議室
    14. Adobe Connect の会議出席者の管理
  4. Adobe Connect の管理とメンテナンス
    1. Adobe Connect HTML クライアントの有効化
    2. Adobe Connect でのシングルサインオンの有効化
    3. タイムアウト期間の変更
    4. Universal Voice オーディオプロバイダーの設定
    5. Adobe Connect でのユーザーとグループの作成および読み込み
    6. Adobe Connect アカウントセキュリティの拡張
    7. Adobe Connect Central での使用状況レポートの生成
    8. Adobe Connect アカウントの管理
    9. ユーザーとグループの管理
    10. ライブラリファイルおよびフォルダーのアクセス権の設定
    11. Adobe Connect Server のユーザーデータ、データベース、設定のバックアップ
    12. Adobe Connect データベースを使用したカスタムレポートの構築
    13. Adobe Connect Server のディスク容量の管理とキャッシュの消去
    14. Adobe Connect Server ログの管理と監視
    15. Adobe Connect サービスの起動と停止
  5. Adobe Connect Events
    1. Adobe Connect Events について
    2. Adobe Connect Events の管理
    3. Adobe Connect Events への出席
    4. Adobe Connect Events の作成と編集
  6. Adobe Connect のトレーニングとセミナー
    1. Adobe Connect のトレーニング向けコースとカリキュラムについて
    2. Adobe Connect によるトレーニングの実施
    3. セミナーの作成と管理
    4. Adobe Connect でのトレーニングコースの作成
    5. Adobe Connect でのトレーニングカリキュラムの作成と管理
    6. Adobe Connect の仮想教室について
    7. トレーニング機能を監視する Adobe Connect のレポート
    8. Adobe Connect トレーニングセッションおよび会議への参加
    9. Adobe Connect のクローズドキャプション
  7. Adobe Connect のオーディオおよびビデオによるコンファレンス
    1. Adobe Connect 会議でのオーディオ
    2. Adobe Connect 会議の録画と再生
    3. Adobe Connect 会議でのビデオ
  8. Adobe Connect でユーザーコンテンツの管理
    1. アップロードされたコンテンツに関するレポートと使用状況の情報の表示
    2. コンテンツライブラリのコンテンツの使用
    3. Adobe Connect ライブラリのファイルおよびフォルダーの使用

 

管理者が Adobe Connect データベースからカスタムレポートを作成する方法を学習します。

スタースキーマビューを使用したカスタムレポートの構築

Adobe Connect ではデータベースを使用して、ユーザー、コンテンツ、コースおよび会議に関する情報が格納されます。ユーザーの活動はデータベースに設定されます。Adobe® ColdFusion® Studio、Business Objects Crystal Reports などのツールを使用して、スタースキーマビューのクエリを実行し、データを表示することができます。また、SQL Query Analyzer などの SQL ベースのツールを使用することもできます。

次の Adobe Connect アプリケーションは、データをレポートに出力できます。

Adobe Connect Meeting

会議出席状況、会議時間、および会議コンテンツ。

Adobe Presenter

コンテンツビュー、スライドビュー、およびプレゼンテーションビュー。

Adobe Connect Training

コース出席者の統計、コンテンツ表示統計、クイズの結果などのコース管理情報。

注意:

さらに、Adobe Connect Central Web アプリケーションからレポートを実行し、CSV 形式で表示またはダウンロードすることもできます。詳しくは、「Adobe Connect Central でのレポートの生成」を参照してください。

SCO ファクト

説明

dim_sco_details_sco_id

SCO ID

dim_sco_details_sco_version

SCO バージョン

max_retries

最大受講回数

owner_user_id

SCO 所有者のユーザー ID

disk_usage_kb

ディスク使用量(KB)

passing_score

合格点

max_possible_score

最高得点

views

ビューの数

unique_viewers

SCO を表示した一意のユーザーの数

slides

スライド数

questions

質問数

max_score

最高得点

min_score

最低得点

average_score

平均点

average_passing_score

平均合格点

total_registered

平均不合格点

total_participants

登録ユーザーの合計

account_id

参加者の合計

SCO の詳細

説明

sco_id

SCO ID

sco_version

SCO バージョン

sco_name

名前

sco_description

説明

sco_type

SCO のタイプ

sco_int_type

整数タイプ

is_content

SCO はコンテンツ SCO かどうか。

url

URL

parent_name

親 SCO の名前

parent_sco_id

親 SCO の SCO ID

parent_type

親 SCO のタイプ

date_sco_created

作成日

date_sco_modified

変更日

sco_start_date

開始日

sco_end_date

終了日

version_start_date

バージョン開始日

version_end_date

バージョン終了日

sco_tag_id

タグ ID

passing_score

合格点

max_possible_score

可能な最高得点

linked_sco_id

リンクされている SCO の ID

linked_type

リンクされている SCO のタイプ

owner_user_id

所有者のユーザー ID

storage_bytes_kb

ストレージのバイト数(KB)

account_id

アカウント ID

活動ファクト

説明

dim_activity_details_activity_id

活動 ID

score

得点

passed

合格

completed

修了

peak_session_users

ピークセッションユーザー数

number_correct

正答数

number_incorrect

誤答数

number_of_questions

質問数

number_of_responses

回答数

account_id

アカウント ID

活動の詳細

説明

activity_id

活動 ID

dim_sco_details_sco_id

SCO ID

dim_sco_details_sco_version

SCO バージョン

dim_users_user_id

ユーザー ID

dim_sco_details_parent_sco_id

親 SCO の ID

score

得点

passed

合格

completed

修了

activity_type

活動タイプ

role

役割

date_activity_started

開始日

date_activity_finished

終了日

dim_cost_center_id

コストセンター ID

cost_center_audit_id

監査 ID

session_start_date

セッション開始日

session_end_date

セッション終了日

attendance_activity

出席状況

session_id

セッション ID

account_id

アカウント ID

カリキュラムのテスト

説明

dim_sco_details_curriculum_sco_id

カリキュラム ID

dim_sco_details_curriculum_sco_version

カリキュラムのバージョン

test_out_subject_sco_id

件名 SCO ID

test_out_target_sco_id

ターゲット SCO ID

test_out_type

テストタイプ

account_id

アカウント ID

カリキュラムの前提条件

説明

dim_sco_details_curriculum_sco_id

カリキュラム ID

dim_sco_details_curriculum_sco_version

カリキュラムのバージョン

pre_requisite_subject_sco_id

件名 SCO ID

pre_requisite_target_sco_id

ターゲット SCO ID

pre_requisite_type

必須条件タイプ

account_id

アカウント ID

カリキュラム修了が必須のアイテム

説明

dim_sco_details_curriculum_sco_id

カリキュラム ID

dim_sco_details_curriculum_sco_version

カリキュラムのバージョン

completion_subject_sco_id

件名 SCO ID

completion_target_sco_id

ターゲット SCO ID

completion_requirement_type

修了が必須のアイテムのタイプ

account_id

アカウント ID

スライドビューファクト

説明

dim_slide_view_details_slide_view_id

スライドビュー ID

dim_activity_details_activity_id

活動 ID

slide_view_display_sequence

表示順序

account_id

アカウント ID

スライドビューの詳細

説明

slide_view_id

スライドビュー ID

date_slide_viewed

スライド表示日

slide_name

スライド名

slide_description

スライドの説明

account_id

アカウント ID

回答ファクト

説明

dim_answer_details_answer_id

回答 ID

dim_activity_details_activity_id

活動 ID

dim_question_details_question_id

質問 ID

answer_display_sequence

表示順序

answer_score

得点?

answer_correct

正解であるか?

account_id

アカウント ID

回答の詳細

説明

answer_id

回答 ID

date_answered

回答日

response

応答

account_id

アカウント ID

質問ファクト

説明

dim_sco_details_sco_id

SCO ID

dim_sco_details_sco_version

SCO バージョン

dim_question_details_question_id

質問 ID

number_correct

正答数

number_incorrect

誤答数

total_responses

合計応答数

high_score

高得点

low_score

低得点

average_score

平均点

account_id

アカウント ID

質問の詳細

説明

question_id

質問 ID

question_display_sequence

表示順序

question_description

説明

question_type

質問タイプ

account_id

アカウント ID

質問の応答

説明

dim_question_details_question_id

質問 ID

response_display_sequence

応答の表示順序

response_value

response_description

説明

account_id

アカウント ID

グループ

説明

group_id

グループ ID

group_name

グループ名

group_description

グループの説明

group_type

グループタイプ

account_id

アカウント ID

ユーザーグループ

説明

user_id

ユーザー ID

group_id

グループ ID

group_name

グループ名

account_id

アカウント ID

ユーザー

説明

user_id

ユーザー ID

login

ログイン

first_name

last_name

email

電子メールアドレス

user_descrription

ユーザーの説明

user_type

ユーザータイプ

most_recent_session

最も最近のセッション日

session_status

セッションのステータス

manager_name

管理者名

disabled

無効

account_id

アカウント ID

custom_field_1

カスタムフィールド 1 の値

custom_field_2

カスタムフィールド 2 の値

custom_field_3

カスタムフィールド 3 の値

custom_field_4

カスタムフィールド 4 の値

custom_field_5

カスタムフィールド 5 の値

custom_field_6

カスタムフィールド 6 の値

custom_field_7

カスタムフィールド 7 の値

custom_field_8

カスタムフィールド 8 の値

custom_field_9

カスタムフィールド 9 の値

custom_field_10

カスタムフィールド 10 の値

カスタムフィールド名

説明

dim_column_name

カスタムフィールド列名

custom_field_name

カスタムフィールド名

account_id

アカウント ID

コストセンター

説明

cost_center_id

コストセンター ID

cost_center_name

コストセンター名

cost_center_description

コストセンターの説明

レガシーデータベースビューからのカスタムレポートの構築

注意:

Adobe Connect バージョン 7 には、クエリを実行してカスタムレポートを構築するためのスタースキーマビューが導入されています。レガシーデータベースビューもまだサポートされていますが、スタースキーマビューの方が高度に標準化されており、堅牢です。

Adobe Connect ではデータベースを使用して、ユーザー、コンテンツ、コースおよび会議に関する情報が格納されます。ユーザーの活動はデータベースに設定されます。Business Objects Crystal Reports などのツールを使用してデータベースにクエリを実行し、データを表示することができます。また、SQL Query Analyzer などの SQL ベースのツールを使用することもできます。

次の Adobe Connect アプリケーションは、データをレポートに出力できます。

Adobe Connect Meeting

会議出席状況、会議時間、および会議コンテンツ。

Adobe Presenter

コンテンツビュー、スライドビュー、およびプレゼンテーションビュー。

Adobe Connect Training

コース出席者の統計、コンテンツ表示統計、クイズの結果などのコース管理情報。

データベースビュー間の関係の表示

データベースビュー間の関係を参照するには、データベースに接続する作図ツールを使用します。

以下はサポートされません。

  • 本書に記載されていないビューを参照する
  • 本書に記載されているビューを変更する
  • 基になっているデータベーススキーマに直接アクセスする
矢印は、7 つのレポートビュー間のエンティティの関係を示しています。
矢印は、7 つのレポートビュー間のエンティティの関係を示しています。

  1. データベースビュー間の関係を参照するには、データベースに接続する作図ツールを使用します。

EXT_TRANSACTIONS

ユーザーがオブジェクトとインタラクティブな操作をするたびに、一意のトランザクション ID が生成されます。EXT_TRANSACTIONS ビューは、次の表にリストされているデータを返します。

データタイプ

説明

TRANSACTION_ID

INT

このトランザクションの一意の ID。

LOGIN

NVARCHAR

このトランザクションを実行したユーザー名。

URL

NVARCHAR

ユーザーがインタラクティブな操作をしたオブジェクト。

STATUS

NVARCHAR

passed(合格)、failed(不合格)、complete(修了)または in-progress(進行中)のいずれか。

SCORE

FLOAT

ユーザーを得点付ける方法。

DATE_VISITED

DATETIME

このトランザクションが実行または表示された日。

クエリおよびデータの例

次のクエリでは、次の表のデータが返されます。

select * from ext_transactions where url = '/p63725398/' order by login, date_visited asc;

TRANSACTION_ID

LOGIN

URL

STATUS

SCORE

DATE_VISITED

10687

test1-lnagaraj@test.enang.com

/p63725398/

in-progress

0.0

2006-12-15 00:56:16.500

10688

test1-lnagaraj@test.enang.com

/p63725398/

in-progress

0.0

2006-12-15 00:56:16.500

10693

test1-lnagaraj@test.enang.com

/p63725398/

in-progress

0.0

2006-12-15 00:58:23.920

10714

test1-lnagaraj@test.enang.com

/p63725398/

in-progress

10.0

2006-12-15 01:09:20.810

10698

test2-lnagaraj@test.enang.com

/p63725398/

in-progress

10.0

2006-12-15 01:00:49.483

10723

test3-lnagaraj@test.enang.com

/p63725398/

in-progress

10.0

2006-12-15 01:11:32.153

10729

test3-lnagaraj@test.enang.com

/p63725398/

修了

20.0

2006-12-15 01:12:09.700

クエリノート

EXT_TRANSACTIONS ビューは、特定のユーザーおよびトレーニングセッションの既存のすべてのトランザクションを返します。最新のトランザクションを表示するには、最大 DATE_VISITED 値を確認してください。

STATUS フィールドと URL フィールドをフィルタリングして、次のように特定のトレーニングセッションの合格者のリストを作成できます。

select * from ext_transactions where url = '/p31102136/' and status = 'user-passed' order by login, date_visited asc;

データの生成

このビューのデータを生成するユーザーの操作

  • 会議への出席

  • 一部のコンテンツの表示

  • トレーニングセッション(コースまたはカリキュラム)の受講

除外されるデータ

  • 認定書番号。この情報は、データベースには存在しません。

  • 最高得点。多くの場合使用できません。

EXT_TRANSACTIONS_VIEWS

EXT_TRANSACTIONS_VIEWS ビューは、ユーザーが表示するスライドまたはページに関するデータを取得します。

データタイプ

説明

TRANSACTION_ID

INT

このトランザクションの一意の ID(TRANSACTION_DETAILS と結合して URL 別に集約できます)。

PAGE

NVARCHAR

表示されたスライドまたはページの番号。

DATE_VIEWED

DATETIME

このビューが発生した日。

クエリおよびデータの例

次のクエリでは、次の表のデータが返されます。

select * from ext_transaction_views where transaction_id = 10702 order by page asc;

TRANSACTION_ID

PAGE

DATE_VISITED

10702

0

2006-12-15 01:01:13.153

10702

1

2006-12-15 01:01:18.233

10702

2

2006-12-15 01:01:59.840

10702

3

2006-12-15 01:02:20.717

データの生成

ユーザーがコンテンツまたはトレーニングセッションを表示すると、常にこのビューにデータが生成されます。

EXT_USERS

EXT_USERS ビューには、ユーザーと関連するプロファイル属性がリストされます。

データタイプ

説明

LOGIN

NVARCHAR

一意のユーザー識別子。

NAME

NVARCHAR

固有のユーザー名。

EMAIL

NVARCHAR

一意の電子メールアドレス。

MANAGER

NVARCHAR

マネージャーのログイン。manager は常に NULL に設定されます。

TYPE

NVARCHAR

ユーザーまたはゲスト。type は常にユーザーに設定されます。

クエリおよびデータの例

次のクエリでは、次の表のデータが返されます。

select * from ext_users;

LOGIN

NAME

EMAIL

MANAGER

TYPE

test4-lnagaraj@test.enang.com

test4 laxmi

test4-lnagaraj@test.enang.com

NULL

user

test7-lnagaraj@test.enang.com

TEST7 laxmi

test7-lnagaraj@test.enang.com

NULL

user

データの生成

ゲストまたはユーザーが作成、更新または削除されると、常にこのビューのデータが更新されます。

除外されるデータ

 

  • パスワード。プレーンテキストでは格納されません。

  • タイムゾーンおよび言語(解読不能な形式で、例えば、PST が 323 と表示される)。

  • 最終ログイン(計算するとリソースの負荷が高くなるため)。代わりに、EXT_TRANSACTIONS ビューの max(date_visited) クエリを使用してこのデータを取得してください。

  • アクティブなセッション。EXT_TRANSACTION ビューからのデータです。代わりに、 STATUS='IN-PROGRESS' クエリを使用してこのデータを取得してください。

  • 削除されたユーザーは EXT_USERS ビューには表示されません。削除されたユーザーは EXT_TRANSACTION ビューには引き続き表示されます。

  • グループに関するデータはこのビューには含まれません。

  • 新規および定義済みユーザーカスタムフィールドに関するデータ。この情報は、EXT_USER_FIELDS ビューで各ユーザーに対して使用可能です。

EXT_USER_FIELDS

EXT_USER_FIELDS ビューには、特定のユーザーの新規および定義済みカスタムフィールドがリストされます。また、ゲストに変換されたユーザーのカスタムフィールドもリストされます。

データタイプ

説明

LOGIN

NVARCHAR

一意のユーザー識別子。

NAME

NVARCHAR

電話番号などのフィールド名。

VALUE

NVARCHAR

415.555.1212 などのフィールド値。

クエリおよびデータの例

次のクエリでは、次の表のデータが返されます。

select * from ext_user_fields where login = 'test4-lnagaraj@test.enang.com';

LOGIN

NAME

VALUE

test4-lnagaraj@test.enang.com

{email}

test4-lnagaraj@test.enang.com

test4-lnagaraj@test.enang.com

{first-name}

test4

test4-lnagaraj@test.enang.com

{last-name}

laxmi

test4-lnagaraj@test.enang.com

{x-job-title}

sw engr 4

test4-lnagaraj@test.enang.com

{x-direct-phone}

NULL

test4-lnagaraj@test.enang.com

{x-direct-phone-key}

NULL

test4-lnagaraj@test.enang.com

SSN

777

データの生成

このビューのデータを生成する操作には、1 人以上のユーザー用の新規または定義済みカスタムフィールドの追加、作成あるいは更新があります。

EXT_USER_GROUPS

EXT_USER_GROUPS ビューには、グループおよび関連するグループメンバーに関するデータがリストされます。EXT_USER_GROUPS ビューは、次の表にリストされているデータを使用します。

データタイプ

説明

LOGIN

NVARCHAR

ユーザー名。

NAME

NVARCHAR

グループ名。

クエリおよびデータの例

次のクエリでは、次の表のデータが返されます。

select * from ext_user_groups where login = 'lnagaraj@adobe.com';

LOGIN

NAME

lnagaraj@adobe.com

{admins}

lnagaraj@adobe.com

{authors}

lnagaraj@adobe.com

{everyone}

lnagaraj@adobe.com

Laxmi Nagarajan

クエリノート

複数のグループの入れ子は、バージョン 5.1 以降でサポートされています。例えば、グループ A にグループ B が含まれている場合、グループ B に所属していると、A のメンバーとしてリストされます。

管理者グループなどのビルトイングループは、次の SQL クエリのようにスキーマでコード名を使用します。 SELECT * FROM EXT_USER_GROUPS where group='{admins} 。コード名では、ビルトイングループとユーザー定義グループとを区別します。

データの生成

このビューのデータを生成するユーザーの操作

  • グループの作成、更新または削除

  • グループのメンバーシップの変更

EXT_OBJECTS

EXT_OBJECTS ビュ-には、すべてのシステムオブジェクト(会議、コンテンツ、コースなど)とその属性がリストされます。

データタイプ

説明

URL

NVARCHAR

オブジェクトの一意の識別子。

TYPE

NVARCHAR

プレゼンテーション、コース、FLV ファイル、SWF ファイル、画像、アーカイブ、会議、カリキュラム、フォルダーまたはイベントのいずれか。

NAME

NVARCHAR

コンテンツリストに表示されるオブジェクト名。

DATE_BEGIN

DATETIME

オブジェクトの開始予定日。

DATE_END

DATETIME

オブジェクトの終了予定日。

DATE_MODIFIED

DATETIME

このオブジェクトが変更された日。

DESCRIPTION

NVARCHAR

会議、コンテンツ、コースまたはその他のオブジェクトタイプの作成時に入力されたオブジェクト概要情報。

クエリおよびデータの例

次の SQL クエリでは、次の表のデータが返されます。

select * from ext_objects order by type asc;

URL

TYPE

NAME

DATE_BEGIN

DATE_END

DATE_MODIFIED

DESCRIPTION

/p79616987/

course

test api

2006-12-08 23:30:00.000

NULL

2006-12-08 23:36:55.483

NULL

/p47273753/

curriculum

test review curric

2006-12-14 21:00:00.000

NULL

2006-12-14 21:00:30.060

NULL

/tz1/

meeting

{default-template}

2006-12-12 19:15:00.000

2006-12-12 20:15:00.000

2006-12-12 19:25:07.750

リリースプレゼンテーション

/p59795005/

プレゼンテーション

ln-QUIZ-TEST1

NULL

NULL

2006-12-15 00:43:19.797

管理者の会議

クエリノート

TYPE フィールドでフィルタリングすることによって特定のタイプのすべてのオブジェクトを取得できます。例えば、次の SQL クエリはコースおよびカリキュラムのフィルタリングを実行します。

select * from ext_objects where type in ('course', 'curriculum');

使用可能なシステムタイプのリストを返すには、次の SQL クエリを使用します。

select DISTINCT (type) from ext_objects;

データの生成

このビューのデータを生成するユーザーの操作

  • 会議、コースあるいはカリキュラムの作成または更新

  • コンテンツのアップロードまたは更新

除外されるデータ

  • 長さ。 date_end - date_begin を使用して計算できます。

  • ディスクのサイズ。オリジナルに対するコピーに関するビジネスルールを公開します。

  • フォルダー ID。

  • 削除されたオブジェクトは EXT_OBJECTS ビューには表示されません。削除されたオブジェクトは EXT_TRANSACTION ビューには存在します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン