概要

リリース日

Adobe Connect 9.2 は、次のようにいくつかのフェーズに分けてリリースされます。

  • 組織内:顧客組織内展開向けの Adobe Connect 9.2 インストーラー(サポート対象地域すべて):2014 年 2 月 28 日
  • ホスト:アドビがホストする Adobe Connect 9.2 サービス:2014 年 3 月 2 日開始。お客様のアカウントの移行スケジュールについてはこちらを確認してください。
  • 管理サービス:アドビの管理による、Adobe Connect の顧客固有のクラウド展開:お客様の必要性に基づいた更新スケジュール。Adobe Connect 管理サービス担当に連絡し、更新のスケジュールを作成してください。

説明

Adobe Connect は市場をリードする Web 会議ソリューションです。これにより、非常に活発なインタラクションを通じて、全世界の企業や行政機関はコラボレーション、ウェビナー、および e ラーニングが向上します。 このマイナーリリースにより、重要な新機能や拡張機能が提供され、仮想会議、ウェビナー、トレーニングを実施する多くの組織が直面する課題に対応できるようになります。 このリリースでは、数多くの問題やバグも解決されています。

Adobe Connect の概要については、以下を参照してください。http://www.adobe.com/jp/products/adobeconnect.html

必要システム構成

最新の必要システム構成については、以下を参照してください。http://www.adobe.com/go/connect_sysreqs_jp

重要な更新情報

更新に関する以下の重要な情報を確認してください。

新しい Adobe Connect Add-in

このアップデートでは、Windows や Mac 上の会議主催者とプレゼンターに固有の機能のための新しい Adobe Connect Add-in (以降「Add-in」と記載)が必要です。次のような状況で新しい Add-in のインストールが求められます。

  • 9.2 の会議を初めて開始/参加しようとし、
    • Connect Add-in の旧バージョンがインストールされている

または

  • スクリーン共有、アプリケーション共有、または PowerPoint (PPTX フォーマット)ファイルの共有を実行するが、
    • Connect 9.2 Add-in がインストールされていない。または
    • 最新の Connect Add-in がインストールされていない

新しい Add-in は、Flash Player 11.9 に基づいており、より優れたパフォーマンスを提供し、いくつかの既知の問題も修正されています。また、新しい Add-in により、開発者コミュニティは Flash Player 11.9 をターゲットとしたカスタムポッドを作成できるようになります。

ロックダウンされた IT 環境にいる場合は、すべてのエンドユーザーの環境で新しい Adobe Connect Add-in と Adobe Flash Player (バージョン 11.2 以降)がインストールされていることを確認してください。Adobe Connect 9.2 Add-in は、このページからダウンロードするか、次のリンクから直接ダウンロードしてください。

Add-in(Windows 版)
Add-in(Mac 版)

新しい Add-in は Adobe Connect 8 Add-in と併存できるため、Adobe Connect 9.2へのアップグレードに先立ってダウンロードおよびインストールしておくことができます。Add-in についての詳細は、こちらを参照してください。

会議出席に最低限必要な Adobe Flash Player のバージョンは 11.2

Adobe Connect 9.2 では、オーディオ、ビデオ、および双方向のコミュニケーションの向上に Adobe Flash Player の技術を活用しています。会議出席に最低限必要なバージョンは 11.2 ですがこちらからダウンロードできる最新バージョンの Flash Player を常に使用することを推奨します。

必要システム構成に関するその他の主な変更

Adobe Connect 9.2 リリースでは、以下の使用を推奨しておりません。

クライアントシステム:

  • Windows Vista
  • Mac OS X 10.6
  • Ubuntu 11.04
  • OpenSuSE 11.3
  • Chrome OS

最新の必要システム構成については、次を参照してください。http://www.adobe.com/go/connect_sysreqs_jp

組織内展開の場合の Adobe Connect Server アップグレードパス

Adobe Connect 8.x から

Adobe Connect 9.2 にアップグレード

Adobe Connect 9.0.x から

Adobe Connect 9.2 にアップグレード

Adobe Connect 9.1.x から

Adobe Connect 9.2 にアップグレード

Adobe Connect 9.2 の新機能

Adobe Connect 9.2 リリースは、製品のさまざまな分野において新しい機能と操作を提供します。ここでは、Adobe Connect 9.2 リリースにおける新機能をいくつか概説します。

ビデオコンファレンスの変更点

フィルムストリップモード

flimstrip_mode

Adobe Connect 9.2 は、1 つのメインビデオを表示し、その他のビデオはストリップ内に小さいフィードとして表示されるビデオポッド用の新しいモードを提供します。この機能により、参加者はセッションの主な話者に注目していても、Web カメラフィードを共有しているすべての参加者を見ることが可能です。

ホストのみが、ポッド上の切り替えボタンを使って、現在のモード(グリッドモード)と新しいフィルムストリップモードの切り替えができます。この表示は、すべてのユーザー間で同期されています。

メインビデオ

main_video

この新しいモードを選択した場合、最初のメインビデオはフィルムストリップモードを始動した(ビデオフィードを使用している)ユーザー、またはセッションに最初に参加したユーザーの選択したビデオになります。その後は必要に応じて、ホストとプレゼンターの両方がビデオフィードを選択して、メインビデオとしてピン留めできます。

メインビデオを選択後は、モードを再び切り替えても、同じメインビデオが保持されます。

フィルムストリップ

ストリップに表示されているフィードはどれも、メインビデオとして選択できます。メインビデオを変更した場合、前のメインビデオがストリップの一番右に表示されます。

ユーザーは両端からストリップをスクロールして、別の使用可能なフィードを表示することができます。このスクロールはユーザーが個別に行うため、その他のユーザーの表示には影響しません。スクロールアイコンは、画面の端にフィードが隠れている場合にのみ利用が可能です。

flimstrip

ポッドのサイズが変更になった場合、メインビデオとストリップビデオの両方が拡大縮小します。ただし、メインビデオはポッドに合わせて拡大縮小しますが、ストリップビデオには拡大縮小の最大値があり、この数値を超えてもストリップはさらに多くのビデオを表示するために拡大されます。

注意:

小会議が有効になっている場合には、1 つの小会議室のモードを変更すると、すべての小会議室のモードも変更されます。

注意:

フィルムストリップモードを使用すると、グリッドモードと比較して帯幅域とコンピューティング要件が大幅に節約され、参加者のユーザーエクスペリエンスも向上されます。

フルスクリーンオプション

ユーザーはビデオポッドをフルスクリーン表示するオプションを選択(共有ポッドと同様)して、ボタンを 1 回クリックするだけで、全画面の領域を活用できるようになりました。ユーザーがビデオポッドをフルスクリーン表示する選択をした場合、タイトルバーは自動的に非表示になります。ユーザーは会議エリアの上部にマウスを近づけるだけで、簡単にタイトルバーを再表示できます。

full_screen_option

フルスクリーンは個別に設定できますが、プレゼンターはすべての参加者がフルスクリーンビデオコンファレンスに参加するように、全ユーザーの表示を強制的に設定することも可能です。

注意:

小会議室ではビデオポッドの「プレゼンタービューを強制」を使用できません。

注意:

フルスクリーンモードで Esc キーを押して、設定を解除します。

会議エクスペリエンスの向上

初めてのユーザーエクスペリエンス

C9.2 では、Adobe Connect を初めて使用するユーザーのエクスペリエンスが大幅に向上しています。これらの変更により、ワークフローが簡略化され、ユーザーのプロファイルを作成してから製品の使用を開始するまでの手順が削減されます。

first_time_user_exp

新しい「ようこそ」メール

このリリースでは、新規ユーザーは HTML 形式で「ようこそ」メールを受信します。これは以前の電子メールと比較するとよりシンプルな形式で、新規ユーザーは Explore Adobe Connect リンクをクリックするだけで製品の使用が開始できます。Connect の使用を開始する方法について、ユーザーの混乱を防ぎます。

Adobe は、すべての組織で HTML 形式の電子メール受信が可能とは限らないと認識していますので、従来のテキストのみの電子メールの受信も可能です。ユーザーは電子メールクライアント設定に従って、適切な形式の電子メールを受信します。

インテリジェントな初回ログインプロセス

「ようこそ」メールにある Adobe Connect の探索リンクをクリックすると、Adobe Connect Central (Web アプリケーション)または最初の Adobe Connect 会議室に直接誘導されます。これはユーザーが初回にログインした際に動的に決定され、管理者がそのユーザーをどのユーザーグループに割り当てたかに依存します。例えば、ユーザーがイベントマネージャーグループの一員である場合、Adobe Connect Central の「イベント」タブに誘導されます。ただし、ユーザーが会議のホストである場合、新規の一時会議室に直接誘導されます。

一時会議室

会議の主催者グループに属している新規ユーザーは、最初にログオンしたときに、一時的な会議室に進みます。これはユーザーがすばやく探索して、Adobe Connect の会議環境に親しめるように、ユーザーのために作成される実際の会議室です。必要であれば、ユーザーはシステムが割り当てた会議室名と URL を好みに応じて変更できます。
作成後は、その他の会議室と同様に使用できます。

temporary_meeting_room

注意:

この一時会議室は、新規ユーザーが Connect に初めてログオンする際にのみ作成されます。その他に会議室を作成する場合およびすべての既存の Connect ユーザーについては、Adobe Connect Central を使用する従来のワークフローが適用されます。

オーディオブロードキャストの一時停止

ホストは、会議室のオーディオブロードキャストを一時停止できるようになりました。これにより、プレゼンターは話し合いの内容を会議室の参加者に聞かれることなく、電話ブリッジを使って話し合いができます。

pause_audio_broadcast

注意:

ブロードキャストの一時停止では、ブロードキャストの停止とは異なり、Universal Voice 回線は切断されません。

会議の録画開始表示

ユーザーが会議の録画を開始した場合、UV 回線が接続されているかどうかによって録画が開始するまでに数秒かかる場合があります。今回のバージョンでは、会議の録画がまもなく開始することを示すメッセージが表示されるようになりました。

recording_start_indication

参加度の追跡を解除

イベントマネージャーグループの一員であるユーザーは、通常の会議室で参加度の追跡機能を使用できます。Adobe Connect 9.2 では、通常の会議室で参加度の追跡を解除することも可能です。これはイベントの解除と類似しています。

opt_out_from_engagement_tracking

管理者は、管理 -> 承諾と制御 -> 参加度の追跡の新しいセクションからアカウントの解除オプションを許可するデフォルト設定を実行できます。

管理者はアカウント内のすべてのユーザーに対して特定の設定を強制するか、必要に応じて個別の会議所有者にデフォルト設定の上書きを許可するかを選択できます。

注意:

解除オプションは、仮想教室にも適用されます。イベント管理者は、イベントの解除オプションを設定できなくなりました。イベント管理者は、アカウント管理者に連絡する必要があります。

ホワイトボードスナップショットの送信

ユーザーは、ホワイトボードのスナップショットを撮って、電子メールで自分宛てに送信し、後で簡単に参照できるようになりました。スナップショットは、PNG 形式で電子メールの添付ファイルとして送信されます。

send_whiteboard_snapshot

パスワードとセキュリティ設定

初回ログイン時のパスワード変更

change_password_at_first_login

ユーザー作成ワークフローでは、ユーザーの初回ログイン時にパスワードの変更を必須とするオプションがあります。バージョン 9.2 では、このオプションのデフォルト設定はオンになっています。管理者は必要に応じて、ユーザー作成時にこの設定を変更できます。

古いパスワードの再利用を禁止

管理者は、ユーザーがパスワードを変更または再設定する際に、古いパスワードの再利用を禁止するポリシーをできるようになりました。この設定を有効にすると、ユーザーは以前に使用したパスワードを使用できなくなります。このパスワード値は、3~13 まで設定可能で、管理者が選択します。

prevent_old_password_usage

この設定は、管理 -> ユーザーとグループ -> ログインおよびパスワードポリシーを編集、から行います。

複数回ログイン試行失敗時ログインの一時停止

総当たり攻撃に対してセキュリティを確保するために、Adobe Connect 9.2 では新しいセキュリティポリシーが導入されました。正しくないパスワードを使用して 5 回連続してログイン試行に失敗した場合、ユーザーのログインが一時停止されます。

User_Suspension_on_Multiple_Failed_Login

5 分間ログインがブロックされた後、ユーザーは再びログインできるようになります。ユーザーが一時停止期間中にアカウントまたは会議にアクセスする必要がある場合には、ユーザーは以下を行えます。

  • パスワードのリセット
  • 会議にゲストとして参加する

注意:

連続してログインに失敗した場合、すべての Adobe Connect アプリケーション(会議、イベント、モバイルクライアント、Outlook Add-in)が影響を受けます。

ソーシャルプロファイルの使用

異なるアプリケーションでそれぞれのユーザープロファイルを管理するのは、これらのプロファイルをすべて覚えておく必要があるため、ユーザーにとっては面倒な問題です。これは特に、あるサービスを数回使いたいだけのユーザーにとってはとくに当てはまるでしょう。例えば、製品発売イベントに出席するユーザーなどです。

この障害を克服するため、Adobe Connect 9.2 では、イベントユーザーはソーシャルプロファイルを使って Adobe Connect イベントに参加できます。これにより、イベントのために新たに資格情報を作成して覚えておく必要がなくなります。ユーザーは登録時に既存の Facebook または Google のプロファイルを使って認証して、以前のようにイベントに出席を続けられます。

using_social_policies

混乱を避けるため Adobe Connect は、ユーザーが登録メールからイベントに参加する際、認証のために正しいプロファイルを表示します。

using_social_policies_2

アカウント管理者は、アカウント用にソーシャルログインを有効にするかどうかを選択できます。この設定は、管理 -> ログインおよびパスワードポリシーを編集、から実行できます。

using_social_policies_3

管理者はまた、アカウント内のユーザーが利用できるすべてのソーシャルプロファイルを選択できます。
管理者が設定を有効にすると、イベントマネージャーはそれぞれのイベントごとにソーシャルログインを有効にするかどうかを決定できます。

Adobe Connect 9.2 では、イベントの参加度の追跡を解除するオプションは、イベント管理からアカウント管理に移動されています。イベントマネージャーとイベント管理者は、アカウント全体に適用される設定の変更を行うために、アカウント管理者に連絡する必要があります。

using_social_policies_4

注意:

参加者が参加度の追跡を解除できるのは、セッション内のみです。以前にはイベントログインページにあった参加者向けの解除オプションは、まもなく削除されます。

解決された問題

問題追跡番号 問題の説明
3640883 オフラインで録画中にアドインがクラッシュするという問題が修正されました
3661204 空の tomcat フォルダーのために CPS サービスが開始できないという問題が修正されました
3671147 移行されたユーザーがログインできず、また、コンソールから新しい管理者を作成できないという問題が修正されました
3674394 Win 8.1 でアプリケーションを共有すると、Windows のアドインがクラッシュするという問題が修正されました
3673238 Mac 10.9 OSX でウィンドウの共有が機能しないという問題が修正されました
3659761 AS3 Test.swf で再テストボタンをクリックすると、CPS と FMS の可用性が確認されないという問題が修正されました
3655352 再生中に複数のカメラを使って録画すると、一時停止し続けるという問題が修正されました
3656123 ログテーブルがすぐにいっぱいになり、パフォーマンスの問題やクラッシュが発生するという問題が修正されました
3652883 レポートの生成中にユーザーが処理データのサイズエラーを受信するという問題が修正されました
3135781 DB フェールオーバーにより Fail Fast が発生するという問題が修正されました
3656892 イベント参加者管理 SWF が見つからないという問題が修正されました
3674682 アプリケーションの一時停止により Fail Fast が発生するという問題が修正されました
3645692 アドインが .swf ファイルを開こうとすると、クラッシュが発生するという問題が修正されました
3679591 MP4 の録画をコンテンツライブラリに移動後、MP4 の録画の権限が失われるという問題が修正されました
3660669 概要レポートと比較すると、「ユーザー別」コースレポートが未完全または一貫性に欠けるという問題が修正されました
3568576 MP4 への録画変換のジョブが失敗した場合、Connect UI で有効なエラーメッセージを提供する必要があるという問題が修正されました
3662269 非認証のユーザーにチャージバック機能が公開され使用できるという問題が修正されました
3640642 再接続ダイアログに進行状況のインジケーターまたはメッセージが表示されないという問題が修正されました
3659672 swf のテスト接続中に FMS サーバーの障害を正しくレポートしないという問題が修正されました
3645737 C9-9.2 の移行後、ユーザーが Connect Web アプリにログインできないという問題が修正されました
3678349 Web アプリがアドインを起動できないという問題が修正されました
3330017 録画再生バーを使用するユーザーがバーをポイントした際に日付が表示されてしまうという問題が修正されました
3650997 イベントの開催が将来に設定されていても、ユーザーがイベントに参加できるという問題が修正されました
3651074 拒否されたユーザーが進行中の会議にログインできるという問題が修正されました
3651080 拒否されたユーザーが進行中の仮想教室にログインできるという問題が修正されました
3649575 仮想教室のレポートで共有されるコースリストが記載されないという問題が修正されました
3647965 OSX 10.9/osx 10.8.5 で、スクリーン共有をクリックすると、アドインがクラッシュするという問題が修正されました
3671369 「会議の主催者が会議室へのアクセスにパスコードを要求できるようにする」設定が断続的にしか機能しないという問題が修正されました
3645602 トレーニングにアクセスすると、DB にクエリする無限ループに入るという問題が修正されました
3615642 タイムゾーンが +09:30 GMT を超えている場合、Adobe Connect Telephony Service が開始されないという問題が修正されました
3676592 レポートセクションからカリキュラムレポートを引き出せないという問題が修正されました
3654352 API を使用すると、会議の URL に60 文字以上を割り当てられるという問題が修正されました
3659689 swf の AS3 テスト接続が、障害発生後停止しないという問題が修正されました
3632609 win 8.1 からアドインのインストールを実行するために、CGI スクリプトを更新する必要があるという問題が修正されました
3659769 イベントに参加ページで「再ログイン」をクリックすると、同じページを再度読み込むという問題が修正されました
3653244 最低限のシステム要件が満たされていない場合、Connect のインストーラーが終了するという問題が修正されました
3593687 Connect からコンテンツを削除すると、ローカルキャッシュから削除されないという問題が修正されました
3354567 CPS sendMail の方法では、必ず SMTP エンベロープ From の送信者としてシステムアドレスを使用する必要がある
3630932 CQ およびイベントログインで、ACP パスワードがプレーンテキストの状態で表示されるという問題が修正されました
3685355 CQ のインストールに余分または不必要なログインインストーラーログが含まれているという問題が修正されました
3658113 Connect に新規ユーザーを作成できないという問題が修正されました
3632910 機能 ID を使用し、Connect の Web ページへの直接アクセスが禁止される必要があるという問題が修正されました
3582414 ダイヤルアウトタイムアウトを増加させるために、組織内オプションが必要であるという問題が修正されました
3649181 ログイン中に間違えた電子メールアドレスを入力すると、「要求が処理されませんでした」というエラーが表示されるという問題が修正されました
3656609 ユーザーがレポートへのアクセスを試行して、配置が Omniture 側で行われる場合、Connect Omniture のレポートの有効期限切れとしてマークされるという問題が修正されました
3630679 Omniture Integration を有効にする API にアクセス許可の確認がされないという問題が修正されました
3695982 新しいイベントの作成中に、イベントテンプレートの表示ボタンをクリックすると、エラーページが表示されるという問題が修正されました
3656344 必要な Flash Player がインストールされていない場合、Flash Player のインストールを促すメッセージが表示される代わりに、SWF ファイルに壊れた画像が表示されるという問題が修正されました
3508529 カスタマイズされたテキストに特殊文字を挿入すると、イベント変数が解決されず、特殊文字の前にあるテキストが添付されたカレンダーに表示されなくなるという問題が修正されました
3678214 会議室が保留状態の場合、「セッション別」レポートに参加者に対して正しい開始時間が表示されないという問題が修正されました
3664249 FMS が使用できない場合、接続速度テストを実行し続けるという問題が修正されました
3641947 ユーザーが新しいパスワードをパスワード再設定ワークフローから送信した場合に、フォントの色がページ上で受け付けられないという問題が修正されました
3142100 会議室で Fast Fail が発生した場合、PPU レポートが実行されないという問題が修正されました
3651751 Connect 9.1.1 に更新後、管理者グループの一員ではないセミナーの主催者がオフラインでセミナー室の録画をできないという問題が修正されました
2975023 会議の再起動が誤ってフェールオーバーとして解釈されてしまうという問題が修正されました
3689827 移行後、投票ポッド名が「投票」にリセットされてしまうという問題が修正されました
3604427 コースをあるカリキュラムリソースフォルダーからその他のフォルダーに移動した場合、エラーが発生するという問題が修正されました
3286522 ライセンスインストーラーが custom.ini に DOMAIN_COOKIE 値を設定する必要があるという問題が修正されました
3675771 カメラ/スクリーン共有フィードが含まれる録画で先送りを試行すると、シークバーが動かなくなり、ビデオは再生を続けるが、誤ったフィードを表示するという問題が修正されました
3649128 イベント登録ページでヒントにパスワードルールが正しく表示されず、適切なエラーメッセージも表示されないという問題が修正されました
d3657076 パブリッシュイベントのポップアップが Connect のホームページで表示されるという問題が修正されました
3649568 カリキュラムレポートに何もデータが無いという問題が修正されました
3667601 パスワードのリセットリンクにアクセスしても、新しいパスワードを設定できないという問題が修正されました
3580963 FP 11.7 / 11.8 で、Safari のアドインおよびブラウザーから会議を開始できないという問題が修正されました
3660236 ログインポリシーで「いいえ」に設定されていても、電子メールアドレスが必要になるという問題が修正されました
3649216 イベントレポートの列が不整合になるという問題が修正されました- キャンペーン追跡 ID とキャンペーンエイリアスが、ダウンロードされたイベントキャンペーンの追跡が無効になっている概要レポートに表示されます
3696175 タイトルと説明で検索した場合、結果が検索結果ページに表示できないという問題が修正されました
3661520 CQ の新規インストールと移行ができないという問題が修正されました
3652609 会議中にユーザーが PDF、PPT、PPTX のファイルを共有できないという問題が修正されました
3689838 アップロードしたファイルが、ファイル名の代わりに URL と共に表示されるという問題が修正されました
3682136 ユーザーが共有イベントの関連コンテンツを変更できないという問題が修正されました
3668337 「イベントマネージャー」グループの権限のみを持つユーザーが、新しいイベントを作成できないという問題が修正されました
3574587 ユーザーは UV が無いテレフォニーのみの会議で、「ダイヤルインを選択済み」の通知を受信しない
3655331 パスワードポリシーに準拠しないパスワードを入力した場合、「承認されていません」というメッセージが表示されるという問題が修正されました
3670019 共有ポッドに PPTX ファイルをアップロードすると、Win XP で Connect アドインが応答しなくなるという問題が修正されました
3697089 Google Chrome PPAPI が有効になっている場合、ユーザーは Windows で Connect add-in を使ってスクリーンを共有できないという問題が修正されました
3653296 イベントの 9 件の電子メールのうち 6 件が、HTML 電子メール変更で、変更の結果として送信されていないという問題が修正されました
3651068 「Ctrl+」を使ってユーザーが録画の停止を試行しようとすると、フォーカスが失われるという問題が修正されました
3650970 タイムゾーンを変更すると、セミナーカレンダーに誤ったデータが表示されるという問題が修正されました
3651077 拒否されたユーザーが進行中のセミナーおよびイベントにログインできるという問題が修正されました
3646985 デスクトップの共有後、フォーカスがフルスクリーンボタンで止まったままになるという問題が修正されました
3597595 ユーザーグループをその他のグループに追加しようとすると、処理データのサイズエラーが発生するという問題が修正されました
3688837 「ユーザー別」のレポートへのアクセスを試行すると、処理データのサイズエラーが表示されるという問題が修正されました
3658922 ユーザーがセミナー機能のみを使用している場合、管理の下にある承諾と制御設定が実行できないという問題が修正されました
3582448 会議に出席している 1 名のユーザーに対して、チャットポッドのコンテンツが表示されないという問題が修正されました
2838887 音声を音楽と置き換え後も、オーディオ設定ウィザードが、「音声のあいさつ文が聞こえない場合...」というメッセージを表示するという問題が修正されました
3631001 手動で検索した場合、録画の再生がフリーズするという問題が修正されました
3634828 エスカレーション:Connections Academy:エラーをアップロードするライセンスファイル
3642024 モバイル Web ブラウザーから Connect 会議の URL を起動した場合、例外が表示されるという問題が修正されました
3654144 CQ を 9.0.0.1 バージョンから 9.1.1 に C ドライブ以外の場所で更新した場合、問題が生じるという問題が修正されました
3630883 フルデスクトップモードで実行中スクリーン共有が切断されるという問題が修正されました
3580997 ユーザーがインストールパスの前か後ろに空白スペースを挿入した場合、インストールが失敗するという問題が修正されました

既知の問題

問題追跡番号 問題の説明
3633698 AWS で FMS を使用時に新しいストリームを追加するといった、サーバーに大きなデータをロードする場合には、ユーザーは同期を停止して、縮小した FPS を受信する場合もあります
3638978 サーバーを AWS で使用中、初めて FMS サーバーにストリームをパブリッシュするには、7 秒かかります
3658961 ポッドによってはサーバーイベントを実行するのに長時間必要とするものもあり、クライアント側で CPU の使用率が高くなり、ミーティングをハングアップする場合もあります
3675117 会議に関連するコンテンツをダウンロードするため、ユーザー入室中、ダウンロードに時間がかかり、入室時間も長くなります
3677498 9.2 add-in を使って変換した MP4 にオーディオがありません
3627157 仮想教室で共有する場合、Captivate コンテンツから派出したコースでの最初の質問の回答が、適切にレポートおよび表示されていません
3670111 小会議室からダイヤルアウトを試行して失敗した場合、ユーザーはメイン会議室に戻されます。
3672117 改善された Q&A ポッドの権限を有する参加者に対する、「メッセージの送信先...」が正しく機能しません。非公開メッセージが全員に送信されます
3678496 Add-in が、すでに有効になっている「adobeconnectaddin」へのアクセスを有効化するどうかをユーザーに確認します
3678540 FMS フェールオーバー後、その前に会議で提出された投票の回答が、毎回復元されていません
3683432 誤ったエラーメッセージ - カスタム URL は58 文字のみサポートします
3687700 実行中の Connect Add-in をアンインストールした場合、空白のエラーメッセージが表示されます
3687704 実行中の Connect Add-in を再インストールした場合、ストリングが移動されません
3688925 MP4 変換ジョブの開始/進捗に長時間(24 時間など)変更が無い場合、ジョブは失敗としてマークされる必要があります
3692792 MP4 録画が会議で共有および録画されている場合、その他のコンテンツが追加されます
3693705 日本語で、「質問」のストリングは Windows の投票ポッドでのみ切り捨てられます
3694730 外部 DB を含むライセンスサーバーの場合、新しいインスタントセッションを試行しようとした際にセミナー室の通話が終了します
3696670 既存のイベントのカスタム URL が検索カスタム URL ページで表示された場合、「要求が処理されませんでした」ページが表示されます
3674472 ブロードキャストが関連する PGI NA プロファイル付きの会議室で ON になっていない場合、ダイヤルアウトが成功せず、会議室に他に誰もいない場合には、オーディオカンフェレンスは停止します
3675614 ゲストの入室がブロックされている会議室のログイン画面には、トップにゲストの入室がブロックされているというメッセージが表示されます
3675875 数千人のユーザーに権限を与えようとすると、誤ったエラーメッセージが表示されます
3686392 内蔵管理者アカウント + IE11:トレーニングカタログにコースを表示する間、余分な空白ページが表示されます
3695549 録画中に切断されたストリームの 1 つを含むセクションを編集する場合、MP4 変換が中断されます。
3696038 ロシア語の About Adobe Connect ウィンドウで、表示されないストリングがあります
3696359 移行時に、log4j.xml のヘルスチェックログに間違えたファイル名が付けられます

詳細情報

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー