Adobe Connect HTML クライアントを管理者と主催者の両方に対して有効にする方法を学習します。

参加者の Adobe Connect HTML クライアントは、管理者グループのメンバーのみがアカウント全体で有効または無効に設定できます。

個別アカウントの HTML クライアントの有効化

  1. Adobe Connect アカウントに管理者としてログインし、「管理」タブをクリックします。

  2. 「承諾と制御」サブタブをクリックします。

  3. HTML クライアントの設定を開きます。

  4. オプションを選択し、会議、仮想教室、およびウェビナー向けに HTML クライアントを有効にします。

  5. 設定を保存します。

    HTML クライアントの有効化

会議向けに HTML クライアントを有効にする

  1. 仮想教室、会議室、またはセミナー室の「情報の編集」タブを開きます。次に、「参加者向けに HTML クライアントを有効化」を選択し、会議向けに HTML クライアントを有効にします。

    HTML クライアントオプションの有効化

HTML クライアントを使用した会議への参加

会議を開いて管理するには、Adobe Connect デスクトップアプリケーションに少なくとも 1 人の主催者が必要になります。Adobe Flash がインストールされていない場合、またはブラウザーで無効になっている場合でも、参加者は HTML クライアントを使用してライブセッションにアクセスできます。

Adobe Connect デスクトップアプリケーションがインストールされていないコンピュータから、会議室に参加者としてアクセスできます。一新された Adobe Connect ログインページを表示できます。

HTML クライアントのログイン画面

参加者として出席します。HTML クライアントが正常に起動すると、次のような画面が表示されます。

HTML クライアントの起動

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー