After Effects CC 2014 (13.0)以降には、H.264、MPEG-2、WMV ビデオをレンダーキューから直接作成するためのエクスポーターは含まれていません。これらの形式でビデオを作成するには、Adobe Media Encoder を使用できます。

After Effects へのこれらの形式のビデオのインポートは、引き続き行えます。

問題: Adobe Media Encoder と After Effects を併用して H.264、MPEG-2、および WMV ビデオを作成するには?

After Effects で Adobe Media Encoder を使用して H.264、MPEG-2、WMV 形式でビデオを作成するには、主に 2 つの選択肢があります。

解決策 1: After Effects からロスレス圧縮でエンコードされたマスターファイルを、Adobe Media Encoder によってモニターされているウォッチフォルダーへ、レンダーおよびエクスポートする

Adobe Media Encoder と After Effects を併用して、これらの形式でビデオを作成する最も速い方法は、After Effects レンダーキューを使用して、ロスレス圧縮でエンコードしたマスターファイル(たとえば、QuickTime .mov コンテナーファイルで PNG ビデオコーデックを使用)を、Adobe Media Encoder がモニターするウォッチフォルダーへエクスポートする方法です。エンコーディングプリセットを Adobe Media Encoder のウォッチフォルダーに割り当てて、指定した設定を使用して自動的にエンコードさせることができます。

この方法を使用する長所は、レンダリング用の After Effects のパフォーマンス機能(該当する場合は GPU アクセラレーションおよびマルチプロセッシングなど)と、エンコーディング用の Adobe Media Encoder パフォーマンス機能(パラレルエンコーディングなど)を使用することです。この方法を使用する短所は、レンダリング操作の間中、主要な After Effects アプリケーションを占有するため、この間 After Effects を他のことには使用できないことです。

解決策 2:コンポジションを直接 After Effects から Adobe Media Encoder へ送信する(コンポジション/Adobe Media Encoder キューに追加)

Adobe Media Encoder と After Effects を併用して、これらの形式でビデオを作成するためのもう 1 つの方法は、After Effects から Adobe Media Encoder キューへ直接コンポジションを追加する方法です。

この方法を使用すると、レンダリングは After Effects のバックグラウンドインスタンスによって実行されるため、レンダリングとエンコーディングを行う間も After Effects で作業を続行できるという長所があります。After Effects レンダーキューの使用と比較した場合、バックグラウンドでレンダリングを実行する After Effects のヘッドレスバージョンは GPU アクセラレーションおよびマルチプロセッシング機能へのアクセス権限がないため、レンダリングフェーズの速度が遅くなることがあります。

これらのエクスポーターが After Effects レンダーキューから削除された理由とは?

H.264、MPEG-2、および WMV エクスポーターが After Effects レンダーキューから削除された理由は簡単です。 これらのエクスポーターを After Effects に保持するには多大な労力がかかります。また、これらのエクスポーターにおけるいくつかの重大なバグを修正するには、さらに多くの労力がかかります。その他のリソースを活用することで労力は省かれます。

Adobe Media Encoder には既に優れた H.264、MPEG-2、および WMV エクスポート機能が搭載されていたため、これらのフォーマットのエクスポートについては Adobe Media Encoder に頼るほうが賢明であり、そうすることで After Effects チームはアニメーション、モーショングラフィックス、合成、デジタルイメージングなどの機能(After Effects のコア領域)に集中して取り組むことができました。

ファイルを最終的な配信形式で作成する上で Adobe Media Encoder が After Effects に優る点は、そのプリセットブラウザーと、エンコーディングプリセットの作成、保存、共有、適用に使いやすいシステムです。もう一つは、「Effects」タブにある、透かし、タイムコードオーバーレイなどを自動的に追加できる機能一式です。

それでも After Effects レンダーキューからこれらの種類のビデオを作成する必要がある場合の対策は?

それでも何らかの理由で After Effects レンダーキューからこれらの形式のビデオを作成する機能が必要な場合は、After Effects CC (12.2.1)を After Effects CC 2014 (13.0)とともにインストールしたままの環境で、これらの特定の出力タスクに旧バージョンを使用することで目的を果たすことができます。

詳しくは、このブログ記事を閲覧してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー