エンコーディングプロセス

ビデオアイテムまたはオーディオアイテムをエンコードするには、アイテムを Adobe Media Encoder のエンコードキューに追加し、エンコードプリセットを選択するか、またはカスタム設定を作成します。アイテムをキューに追加した後にエンコードを開始するよう指定すること、またはユーザーがアプリケーションに開始を指示するまでエンコードを待機するよう指定することができます。

エンコードキューへのアイテムの追加 - ビデオファイルまたはオーディオファイルを Adobe Media Encoder にドラッグします。

プリセットを使用したアイテムのエンコード - キューに含まれているアイテムについて、形式ポップアップメニューおよびプリセットポップアップメニューを使用して、形式とプリセットを選択します。または、プリセットブラウザーからプリセットを選択し、キュー内の任意のアイテムにドラッグします。詳しくは、プリセットを使用したエンコードを参照してください。

カスタム設定を使用したアイテムのエンコード - アイテムを選択し、編集/書き出し設定を選択して、設定を選択します。詳しくは、カスタム設定を使用したエンコードを参照してください。

キューに追加されているアイテムのエンコーディングを自動的に開始する(またはこの機能をオフにする)には、環境設定ダイアログボックスの「次の時間アイドルだった場合にキューを自動的に開始」チェックボックスをオンまたはオフにします。詳しくは、環境設定に関する記事を参照してください。

AME 画面
Adobe Media Encoder のメインウィンドウ

エンコードキューへのアイテムの読み込み

  • ビデオファイルまたはオーディオファイルを追加するには、次のいずれかの操作を行います。
    • デスクトップまたはメディアブラウザーからキューに 1 つまたは複数のファイルをドラッグします。
    • 「ソースを追加」ボタンをクリックし、1 つまたは複数のファイルを選択します。
    • キューパネルの空いている領域をダブルクリックし、1 つまたは複数のファイルを選択します。
  • Adobe Premiere Pro シーケンスを追加するには、次のいずれかの操作をおこないます。
    • メディアブラウザーの Adobe Premiere Pro プロジェクトに移動し、シーケンスをクリックしてキューにドラッグします。
    • ファイル/Premiere Pro シーケンスを追加を選択して、Premiere Pro プロジェクトを選択し、そのプロジェクトの 1 つまたは複数のシーケンスを選択します。
    • Adobe Premiere Pro のプロジェクトパネルでシーケンスをクリックしてキューにドラッグします。
    • デスクトップで Premiere Pro プロジェクトをクリックしてキューにドラッグします。
  • Adobe After Effects コンポジションを追加するには、次のいずれかの操作をおこないます。
    • メディアブラウザーの Adobe After Effects プロジェクトに移動して、キューにコンポジションをドラッグ&ドロップします。
    • ファイル/After Effects コンポジションを追加を選択して、After Effects プロジェクトを選択し、そのプロジェクトのコンポジションを選択します。
    • After Effects のプロジェクトパネルでコンポジションをクリックしてキューにドラッグします。
    • デスクトップで After Effects プロジェクトをクリックしてキューにドラッグします。

エンコーディングを停止

  • ファイル/現在のファイルを停止を選択して、現在のアイテムのエンコーディングを停止します。Adobe Media Encoder はキュー内の残りのアイテムのエンコーディングを続行します。
  • ファイル/キューを停止を選択して、キュー内のすべてのアイテムのエンコーディングを停止します。

エンコードキュー内のアイテムの解釈

Adobe Media Encoder は、ビデオアセットを読み込むときに、そのアセットのピクセル縦横比、フレームレート、フィールドオーダーに加え、アルファチャンネル(透明)情報の解釈方法を判断します。Adobe Media Encoder がこれらの特性を正しく判断できない場合は、正しい設定を明示的に指定することができます。

  1. エンコードキューで 1 つまたは複数のアイテムを選択します。

  2. ファイル/フッテージの解釈を選択します。または、ファイルを右クリックして「フッテージの解釈」を選択します。

    interpret selection
    「フッテージの解釈」の選択

  3. 適切な解釈設定を選択します。

    iterpret window
    フッテージを変換ダイアログボックス

エンコードキュー内の不明なアイテムの特定

エンコードする前に、不明なアイテムが含まれているキュー内のソースおよび出力を特定できます。これは、エンコードする前に問題を特定して修正するために役立ちます。不明なアイテムを含むソースまたは出力の横には、警告ステータスが表示されます。この問題に関連付けられているエラーの概要を表示するには、アイコンの上にマウスカーソルを置きます。

Adobe Media Encoder では、次の場合に警告アイコンが表示されます。

  • Premiere Pro プロジェクトにオフラインメディアが含まれている。この場合、Adobe Media Encoder は不明なものの代わりにプロキシメディアを使用します。プロキシがない場合は、「メディアがオフラインです」というメッセージを表示するグラフィックが使用されます。
  • 一部のフォントが Premiere Pro プロジェクトで見つからない。
  • 一部のエフェクトが Premiere Pro プロジェクトで見つからない。
  • いくつかのファイルがオーバーレイ効果で見つからない。
不明なアイテムの特定
不明なアイテムの特定

Adobe Media Encoder の監視フォルダー

監視フォルダーと呼ばれる特定のフォルダー内でファイルを検索するように Adobe Media Encoder を設定できます。Adobe Media Encoder が監視フォルダーにあるビデオまたはオーディオファイルを検出すると、そのフォルダーに割り当てられているエンコード設定を使用してファイルをエンコードし、エンコードしたファイルを監視フォルダー内に作成された出力フォルダーに書き出します。

Adobe Media Encoder の監視フォルダーパネルを使用して、フォルダーを追加および管理できます。監視フォルダーを追加するには、次のいずれかの操作を行います。

  1. ファイル/監視フォルダーを追加を選択し、フォルダーを選択します。
  2. 監視フォルダーパネルの空白領域をダブルクリックし、フォルダーを選択します。
  3. エクスプローラー(Windows)または Finder(Mac OS)でフォルダーを作成し、そのフォルダーを監視フォルダーパネルにドラッグします。

フォルダーを作成すると、監視フォルダーパネルの左側の列に、フォルダー名が表示されます。

監視フォルダーによってエンコードキューに追加されたアイテムは、キューを開始したときに、キュー内の他のアイテムと一緒にエンコードされます。

注意:

「次の時間アイドルだった場合にキューを自動的に開始」が選択されている場合は、監視フォルダーが新しいアイテムをエンコードキューに追加してから指定されている時間が経過したのちにエンコードが開始されます。

注意:

「監視フォルダーを自動エンコード」チェックボックスをオンにしておくと、アイテムが監視フォルダーに追加されたときに自動的にエンコードされます。

システムプリセット

フォルダー名の横にある監視フォルダー内のメニューから形式とプリセットを選択します。または、プリセットブラウザーからプリセットを監視フォルダーにドラッグします。

監視フォルダーを使用して単一のソースアイテムから複数の形式で出力を作成する

監視フォルダーを使用して 1 回の操作で複数の出力を生成できます。例えば、ビデオアセットをトランスコードしたときに、常に AVI ムービーおよび JPEG サムネール画像が生成されるように設定できます。これらのファイルを 1 回のユーザー操作で作成するには、以下の手順に従います。

  1. エクスプローラー(Windows)または Finder(Mac OS)で、例えば「My_WatchFolder」という名前のフォルダーを作成します。

  2. フォルダーを追加」ボタンをクリックして監視フォルダーを作成し、その「My_Watchfolder」フォルダーに移動します。

    1. 「形式」をクリックし、ポップアップメニューで形式として「MPEG4」を選択します。

    2. プリセット」をクリックし、プリセットポップアップメニューから必要な設定を選択します。

      preset and format
      形式とプリセットのポップアップメニュー

    3. 出力フォルダー」をクリックします。生成したファイルの保存先を選択します。

      Output Folder
      出力フォルダー

  3. 手順 2 と同様にして、「My_Watchfolder」フォルダーを保存先とする監視フォルダーアイテムを作成します。

    1. 形式メニューから「AVI」を形式として選択します。

    2. プリセットメニューからプリセットを選択し、「OK」をクリックします。

    3. 出力フォルダー」をクリックします。生成したファイルの保存先を選択します。

  4. 手順 2 および 3 と同様にして、「My_Watchfolder」フォルダーを保存先とする監視フォルダーアイテムを作成します。

    1. 形式メニューから「JPEG」を形式として選択します。

    2. プリセットメニューからプリセットを選択し、「OK」をクリックします。

    3. 出力フォルダー」をクリックします。生成したファイルの保存先を選択します。

  5. ソースファイルをクリックして「My_WatchFolder」にドラッグし、「キューを開始」ボタンをクリックします。「監視フォルダーを自動エンコード」がオンになっている場合は、エンコードプロセスが自動的に開始されます。

完了すると、それぞれのファイルが指定した出力場所に保存されます。

注意:

プリセットは、カスタムプリセットであり、「シーケンスとして書き出し」オプションが選択解除されている必要があります。これによって、ビデオの最初のフレーム(多くの場合は、黒いフレーム)のみが書き出されます。

注意:

監視フォルダーに配置された静止画シーケンスをソースフッテージとして使用することはサポートされていません。静止画セットが監視対象フォルダーに配置された場合は、そのシーケンス全体が 1 つのフッテージとして追加されるのではなく、個々の静止画ファイルが別個のアイテムとしてキューに追加されます。

エンコードキューの保存

エンコードキューとすべてのエンコード設定は、Adobe Media Encoder の終了時に自動的に保存されます。

エンコードキューはまた、ユーザーがエンコードを開始するときに自動的に保存されます。

エンコードキューを手動で保存するには、ファイル/キューを保存を選択します。

注意:

Adobe Media Encoder を終了して再起動したときに、キュー内のエンコードが完了したアイテムを維持する場合は、環境設定/「完了したファイルを終了時にキューから削除」チェックボックスをオフにします。

エンコードキューからのアイテムの削除

  1. エンコードキューから削除するアイテムを選択します。

  2. 削除」ボタンをクリックするか、編集/消去を選択するか、Delete キーを押します。

    Delete file new
    エンコードキューからのアイテムの削除

エンコードキューでのアイテムの複製

  1. エンコードキューで複製するアイテムを選択します。

  2. 次のいずれかを実行します。

    • 「複製」ボタンをクリックして、編集/複製を選択します
    • Ctrl+ D(Windows)または Command + D(Mac OS)を押します
    • ファイルを右クリックして、複製を選択します。
    Duplicate item
    アイテムの複製

エンコードキューでのアイテムのスキップ

アイテムのスキップ

  1. エンコードキューでスキップするアイテムを選択します。

  2. 編集/選択項目をスキップを選択するか、ファイルを右クリックして、選択項目をスキップを選択することもできます。

    Skip selection
    選択項目をスキップ

スキップしたファイルをエンコードするためのステータスのリセット

  1. 準備完了の状態にリセットするアイテムをエンコードキューから選択します。

  2. 編集/ステータスをリセットを選択するか、ファイルを右クリックして、編集/ステータスをリセットを選択することもできます。

    Reset status
    スキップされたファイルのステータスのリセット

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー