Animate は SWF ファイル形式をインポートできます。ただし、SWF はレンダリングされたファイルであり、SWF 内のデータには Animate に再インポートできない多くのタイプがあります。

SWF フォーマット

SWF フォーマットは、小さなファイルサイズとスケーラビリティのために設計された特別な圧縮形式です。このファイルサイズを維持するために、元の Animate フォーマット内では多数のアイテムが Animate では再インポートできないデータに圧縮されています。

SWF の作成時に「インポートから保護」を選択した場合、Animate ではそのファイルを再インポートできなくなります。保護された SWF をインポートしようとすると、エラーダイアログが表示されます。

アドビでは、通常の Animate FLA フォーマットでドキュメントを保存してから、そのファイルを Flash Player SWF フォーマットや他の任意のファイルフォーマットにエクスポートすることを推奨しています。こうすれば、後で元のファイルを開いて編集することができます。

ファイルのオープンとインポート

SWF を開くと(「ファイル/開く」)、ムービーのテストモードでムービーが開きます。

SWF をインポートすると(「ファイル/インポート」)、以下の結果が生じます。

  • 音声はインポートされません。
  • アニメーションを含むグラフィックシンボルのインポートでは、アニメーションのキーフレームごとに新しいキーフレームにインポートされます。元のアニメーションの各フレームのコンテンツは、新しいグラフィックシンボル(元のシンボル内のフレームごとに 1 つ)に変換されます。
  • レイヤリングはすべて失われます。インポートによって、「ファイル/インポート」の選択時にアクティブだったレイヤーにキーフレームが追加されますが、元のレイヤー構造とレイヤー名は保持されません。
  • ムービークリップのタイムラインはインポートされません。ムービークリップのタイムラインの最初のフレームからは個々のエレメントがインポートされますが、グラフィックシンボルに変換されます。その他のムービークリップフレームはすべて失われます。
  • ボタンは、ムービークリップとまったく同様に処理されます。「アップ」キーフレーム内のグラフィックは、グラフィックシンボルに変換されます。その他はすべて失われます。
  • トゥイーンはインポートされません。
  • モーションパスはインポートされません。ただし、モーションパスの各トゥイーンフレームからのイメージは、個々のキーフレームに個別のイメージとしてインポートされます。
  • ムービーで使用されたビットマップは、正常にインポートされますが、それらの元のライブラリ名は保持されません。それらの名前は、「Bitmap 1、Bitmap 2」というように変更されます。

追加情報

レンダリングされた SWF をある程度まで編集できるサードパーティ製のツールが利用できます。これらのツールを利用すると、オーサーがうっかり自作を失って、その SWF を再インポートする必要がある場合に保護タグを削除できます。ただし、これらのツールはアドビ製でないので、何ら保証されません。さらに、オーサーによる自作の再取得という文脈でのみ語られており、悪用される可能性は残ります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー