Animate CC 2017 年 10 月リリース
an_appicon_128

Animate CC 2017 年 10 月リリースでは、ゲームデザイナー、開発者、アニメーター、教育コンテンツクリエイター向けの便利な新機能が導入されています。ここでは、これらの新機能の簡単な紹介と、詳細を記載したリソースのリンクを示します。


以前のリリースで導入された機能の概要については、機能の概要 | Animate CC | 以前のリリースを参照してください。

レイヤー深度とカメラの機能強化

2017 年 10 月リリースの新機能

Animate CC のレイヤー深度とカメラツールにより、より魅力的なコンテンツを作成できるようになりました。異なるプレーンにアセットを配置することにより、アニメーションで深度を表現できます。レイヤーの深度を変更して、トゥイーンできます。特定のプレーン上のコンテンツにズームすることもできます。カメラツールにより、ズーム、回転およびパンによる効果が強化されます。 

特定のレイヤーにカメラを適用しない場合は、それらのレイヤーをカメラに接続してカメラをロックすることができます。例えば、ヘッドアップディスプレイ用のアニメーションを作成する場合に、この機能を使用できます。 

カメラおよびレイヤー深度を実行時に管理し、カメラを使用してインタラクティブな動きを追加できます。例えば、ゲームでプレーヤーの操作に応じてカメラが移動するようにします。 

after-layer-depth
レイヤーをレイヤー深度パネルと共に表示するタイムライン

タイムラインの強化

  2017 年 10 月リリースの機能強化

このリリースでは、タイムラインに以下の最新の機能強化がおこなわれています。 

  • フレーム番号とともに時間を表示
  • 既存のスパンの時間の伸縮
  • フレーム/秒(FPS)を使用したフレームスパンの拡大・縮小
  • 空白のスパンの 1 秒2 秒3 秒への変換
  • ステージ上のアニメーション全体のパン

詳しくは、Animate CC でのタイムラインの使用を参照してください。

navigation-controls
時間と制御の面で機能強化されたタイムライン機能

アクションコードウィザード

2017 年 10 月リリースの新機能

HTML5 Canvas のアニメーションを作成する場合に、コードを一切記述することなく、アクションのウィザードを使用してコードを追加できます。例えば、ボタンのクリックでアニメーションを開始しようと思っても、コードの記述方法がわからない、といった場合に有効です。 

詳しくは、Animate CC での ActionScript の使用を参照してください。

addusingwizard-button
ウィザードを使用したアクションの追加

カスタムイージングプリセットの作成

  2017 年 10 月リリースの機能強化

このリリースでは、クラシックトゥイーンおよびシェイプトゥイーンのカスタムイージングプリセットをプロパティレベルで保存するオプションが Animate に用意されています。カスタマイズされたイージングプリセットを Animate プロジェクトで再利用することができます。

saving-custom-ease
カスタマイズされたイージングプリセット

テクスチャアトラスの機能強化

  2017 年 10 月リリースの機能強化

Unity プラグインでは、Animate で生成されたテクスチャアトラスファイルに対するカラー効果をサポートしています。このプラグインでは、複数レイヤーを対象としたマスクもサポートします。マスク機能は、Unity 2017 リリース以降でのみ使用できます。 

Animate 開発者は、アニメーションを編成し、それをテクスチャアトラスとして Unity ゲームエンジンまたは任意のゲームエンジンに書き出すことができます。開発者は Unity 用のサンプルプラグインを使用でき、これを別のゲームエンジン用にカスタマイズすることもできます。詳しくは、テクスチャアトラスの作成を参照してください。

他のドキュメントタイプへの変換

  2017 年 10 月リリースの機能強化

このリリースでは、ファイル/変換メニューを使用して、Animate プロジェクトを、あるドキュメントタイプから別のドキュメントタイプに変換することができます。 他の形式やドキュメントタイプに変換するファイルが大量にある場合は、JSAPI を使用します。

file-convert-to
他のドキュメントタイプへの変換

コンポーネントパラメーターパネル

2017 年 10 月リリースの新機能

このリリースでは、コンポーネントのプロパティインスペクターダイアログボックスに、「パラメーターを表示」ボタンが追加されました。この「パラメーターを表示」ボタンを使用して、コンポーネントパラメーターパネルを開くことができます。

show-parameters-button
プロパティインスペクターの「パラメーターを表示」ボタン

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー