注意:

Flash Professional CC リリースで非推奨の機能です。 

Flash Professional ドキュメント全体で、テキストのスペルをチェックできます。スペルチェッカーはカスタマイズすることもできます。

スペルチェッカーの使用

  1. テキスト/スペルチェックを選択し、スペルチェックダイアログボックスを表示します。

    左上隅のボックスでは、指定した辞書にはない単語のほか、テキストフィールドやフレームラベルなど、テキストを含むエレメントの種類がわかります。

  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • 「辞書に追加」をクリックすると、個人辞書に単語が追加されます。

    • 「無視」をクリックすると、単語は未変更のままです。「すべて無視」をクリックすると、ドキュメント内の出現個所すべてにおいて未変更のままとなります。

    • 「修正」ボックスに単語を入力するか、「修正候補」スクロールリストから単語を選択します。次に「修正」をクリックして単語を変更するか、または「すべて変更」をクリックしてドキュメント内の出現個所すべてにおいてその単語を変更します。

    • 「削除」をクリックすると、ドキュメントから単語が削除されます。

  3. スペルチェックを終了するには、次のいずれかの操作を行います。
    • 「閉じる」をクリックすると、Flash Professional によるスペルチェックを途中で終了することができます。

    • Flash Professional によるスペルチェックがドキュメントの末尾に到達したことを示す通知が表示されてから、「いいえ」をクリックしてスペルチェックを終了します(「はい」をクリックすると、ドキュメントの先頭からスペルチェックが続きます)。

スペルチェッカーのカスタマイズ

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • テキスト/スペルチェックの設定を選択します (このオプションは、はじめてスペルチェック機能を使用する場合に使います)。

    • テキスト/スペルチェックの設定を選択すると表示されるスペルチェックの設定ダイアログボックスで、「設定」をクリックします。

  2. 次のいずれかのオプションを設定します。

    文書のオプション

    次のオプションを使用して、チェックするエレメントを指定します。

    辞書

    組み込まれている辞書を一覧表示します。スペルチェックを有効にするには、最低 1 つの辞書を選択する必要があります。

    個人辞書

    パスを入力するかフォルダーのアイコンをクリックし、個人辞書として使用するドキュメントを参照します (この辞書は修正できます)。

    個人辞書の編集

    単語やフレーズを個人辞書に追加します。個人辞書ダイアログボックスで、新しい項目をテキストフィールドに 1 行ずつ入力します。

    チェックオプション

    次のオプションを使用して、スペルチェックにおいて特定の種類の単語や文字だけが処理されるよう Flash Professional を設定します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー