液体ブラシ

Adobe Animate 2020 リリースで導入された新しい液体ブラシについて説明します。

Adobe Animate では、液体ブラシと呼ばれる GPU ベースのベクターブラシが導入されています。  Adobe Fresco と同じブラシで、線のスタイルを設定するためのオプションが追加されています。  これらの機能は GPU ベースなので、サポートされているプラットフォームの方がパフォーマンスが高くなります。

液体ブラシ
液体ブラシ

サイズ、テーパー、角度、丸みを設定できる以外に、ツールには以下のオプションが用意されています。

スタビライザー:線の描画中に軽微なぶれや変動を避けることができます。

曲線のスムージング:線の描画後に生成されるコントロールポイントの総数を減らすことができます。

曲線のスムージング
曲線のスムージング

速度:線の描画速度に応じて線の外見を決定します。

筆圧:鉛筆の筆圧の感度。

対応ハードウェア

これは GPU ベースのブラシなので、機能するために必要な最低限のハードウェア要件があります。

Windows:DirectX 12 準拠の GPU(機能レベル 12_0 をサポート)

Mac:Metal 準拠の GPU。

お使いのデバイスでこのブラシが使用できない場合は、無効の表示になっています。

アドビのロゴ

アカウントにログイン