問題点

Bridge CC 2017 (バージョン 7.0)およびそれ以前のリリースの Adobe Output Module プラグインを使用して作成されたテンプレートは、to2017 年 10 月リリース(バージョン 8.0)に更新すると、見つからなくなります。

影響を受ける製品バージョン

Bridge CC の 2017 年 10 月リリース(バージョン 8.0)

オペレーティングシステム

Windows および macOS

原因

Bridge CC の以前のバージョンでは、Adobe Output Module プラグインを使用して作成されたカスタムユーザーテンプレートは .json 形式で保存されていました。Bridge CC (バージョン 8.0)(2017 年 10 月リリース)では新しい出力ワークスペースとなり、テンプレートは .xml 形式で保存されます。Bridge (バージョン 8.0)の最新リリースにおいて.json形式で保存されたテンプレートを開くには、.xml 形式に変換する必要があります。

解決策

以下のスクリプト bridgeTemplateMigration.jsx を使用して、.json テンプレートを Bridge CC バージョン 8.0 の .xml テンプレートに一度に変換します。

システムに次のアプリケーションがインストールされている必要があります。

  • Adobe ExtendScript Toolkit CC
  • Bridge CC の 2017 年 10 月リリース(バージョン 8.0)
  • Bridge CC (Bridge CC バージョン 7.0、Bridge CC バージョン 6.3、Bridge CC バージョン 6.2、Bridge CC バージョン 6.1、Bridge CC バージョン 6.0)の以前のバージョン

注意:

以前のバージョンの Bridge CC をアンインストールしている場合は、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用して再インストールして以下の手順を実行できます。詳細については、「Creative Cloud アプリケーションの以前のバージョンをインストール」を参照してください。

以下の手順に従って、テンプレートを Bridge CC の最新バージョンに移行します。

  1. BridgeTemplateMigration.zip をダウンロードし、そのコンテンツをコンピューターに抽出します。

    ダウンロード

    注意:

    有効な Adobe Bridge サブスクリプションを持つユーザーには BridgeTemplateMigration.jsx が提供されています。なお、その使用についてはアドビ一般利用条件アドビプライバシーポリシーが適用されます。

  2. コンピューター上で ExtendScript Toolkit CC を開きます。

  3. ExtendScript Toolkit で、ファイル開くを選択し、「BridgeTemplateMigration.jsx」を選択します。

  4. ExtendScript Toolkit CC」を実行可能ファイルとして、また「メイン」をスクリプトエンジンセットとして選択します。

    Select-ExtenScript-and-Main
  5. デバッグ実行を選択します。または、「スクリプトの実行開始」ボタン をクリックしてスクリプトを実行します。

  6. 画面に表示されるダイアログボックスで、テンプレートを移行するバージョンに対応する番号を入力し、「OK」をクリックします。

    Bridge-template-migration-dialog
  7. Bridge CC バージョン 8.0 を再起動し、出力ワークスペースでカスタムテンプレートにアクセスします。詳細については、出力ワークスペースで PDF コンタクトシートを作成するを参照してください。

  8. (オプション)システムにインストールされている別の旧バージョンの Bridge からテンプレートを Bridge CC (バージョン 8.0)に移行するには、手順 1 〜 7 を繰り返します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー