マニュアル キャンセル

出力ワークスペースで PDF コンタクトシートを作成

  1. Bridge ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. Bridge の新機能
    2. Bridge の必要システム構成
    3. Adobe Bridge ワークスペース
    4. Photo Downloader を使用した写真の読み込み
    5. Adobe Bridge を使用したコンテンツとアセットの整理
  3. アセットを使用した作業
    1. Bridge の Creative Cloud ライブラリ
    2. 出力ワークスペースで PDF コンタクトシートを作成
    3. Adobe Bridge でのファイルの表示と管理
    4. Adobe Bridge でのメタデータの処理
    5. Adobe Bridge のキャッシュの操作
    6. Adobe Bridge でのキーワードの使用
    7. Adobe Bridge の起動
    8. Adobe Bridge コンテンツパネルの表示の調整
    9. 画像のプレビューと撮影時刻の編集
    10. Adobe Bridge でのコレクションの使用
    11. Adobe Bridge でのファイルスタックの作成
    12. Adobe Bridge でのタスクの自動化
    13. Workflow Builder
    14. Adobe Bridge でのダイナミックメディアファイルのプレビュー
    15. Web ギャラリーと PDF の作成
    16. Bridge 共有キャッシュの操作
    17. メディアキャッシュの管理
  4. Bridge およびその他の Adobe アプリ
    1. Adobe Media Encoder の操作
    2. Adobe Premiere Pro の操作
  5. 書き出しと公開
    1. 書き出しパネルを使用したアセットの変換
    2. 画像を Adobe Stock に公開
    3. Adobe Portfolio にアセットを公開する
  6. ショートカットキー
    1. Adobe Bridge のショートカットキー
    2. Adobe Bridge のキーボードショートカットパネル
  7. Adobe Camera Raw
    1. Camera Raw 設定の管理
    2. 画像の回転、切り抜き、および調整
    3. Camera Raw の強化されたスポット除去ツールを使用した画像の修復
    4. Camera Raw の円形フィルター
    5. Camera Raw での遠近法の自動補正
    6. パノラマの作成
    7. Camera Raw のプロセスバージョン
    8. Camera Raw での部分補正
  8. トラブルシューティング
    1. 解決済みの問題
    2. 既知の問題

Adobe Bridge CC の 2017 年 10 月のリリースで導入

Adobe Bridge の新しい出力ワークスペースでは、画像のいずれかから PDF コンタクトシートを作成できます。出力ワークスペースで、右側の出力設定パネルで PDF コンタクトシートのテンプレートを選択して開始します。次に、出力プレビューパネル(中央)で、画像をコンテンツパネル(下)からキャンバスにドラッグします。文書、グリッド、余白、ヘッダーとフッター、透かし、PDF プロパティなど、様々な出力設定のカスタマイズを選択できます。また、後で再利用するためにカスタムのテンプレートを保存できます。出力設定パネルに適用した設定は、出力プレビューパネルで簡単にレンダリングできます。最後に、PDF 出力を書き出すことができます。

出力ワークスペース

A. 出力プレビューパネル B. 出力設定パネル C. 出力ワークスペース D. PDF に書き出しボタン E. コンテンツパネル F. フィルターパネルとコレクションパネル G. お気に入りパネルとフォルダーパネル 

出力プレビューパネル

出力プレビューパネルでは、PDF コンタクトシートのプレビューで行と列に合わせて写真を配置します。出力設定パネルで行った変更は、出力プレビューパネルに即座にレンダリングできます。画面下部のコンテンツパネルから出力プレビューパネルのキャンバスに写真をドラッグできます。

出力設定パネル

出力設定パネルを使用して、定義済みのテンプレートを選択したり、PDF コンタクトシートのテンプレートをカスタマイズできます。文書グリッドと余白ヘッダーとフッター透かしPDF プロパティなどの設定はカスタマイズできます。このパネルでの変更は、出力プレビューパネルで即座にレンダリングされます。

PDF コンタクトシートの作成

  1. 標準のワークスペースで出力をクリックします。

  2. 出力設定パネルで、次のいずれかの操作を行います。

    • テンプレートドロップダウンから定義済みのテンプレートを選択します。デフォルトのテンプレートは 2 x 2 セルです。
    • テンプレートカスタムを選択し、文書グリッドと余白ヘッダーとフッター透かしPDF プロパティアコーディオンで設定を指定します。設定について詳しくは、出力設定の適用を参照してください。
    注意:

    出力設定パネルで定義済みのテンプレートを選択し、変更を行うと、テンプレートはカスタムに変更されます。

    出力設定パネルで行った変更は、出力プレビューパネルに即座にレンダリングされます。

  3. コンテンツパネルから出力プレビューパネルのキャンバスに画像をドラッグします。

    プレビュー文書(出力ワークスペース)に複数のメディアアセットが含まれている場合は、1 つのアセットまたは選択した複数のアセット(連続または非連続)をプレビュードキュメントの新しい場所にドラッグできます。ドラッグして並べ替えている間は、新たにドロップした場所を示すカラーのハイライトが表示されます。選択はページの先頭、ページの最後、または他のメディアアセットの間にドロップできます。

  4. (オプション)キャンバスで次のいずれかを実行できます。

    • 画像を回転する:画像を回転するには、画像をクリックして、 または  アイコンをクリックします。
    • 画像を削除する:キャンバスから画像を削除するには、画像をクリックし、削除をクリックします。
    • ガイドを表示する:ガイドを選択するには、グリッドの表示チェックボックスを出力プレビューパネルで選択します。
    • コンテンツをリセットする:コンタクトシートのコンテンツをリセットするには、出力プレビューパネルのリセットボタンをクリックします。
  5. 出力プレビューパネルで PDF に書き出しをクリックします。

出力設定の適用

ドキュメント作成

定義済みのテンプレートを選択するか、自分で独自のテンプレートを作成して、PDF コンタクトシートを作成できます。定義済みのテンプレートを選択し、要件に従って、カスタマイズすることもできます。

出力設定

  • テンプレート:定義済みのリストとカスタムのテンプレートを表示します。
  • テンプレートを保存 :カスタムのテンプレートを保存します。
  • 選択したテンプレートを削除 テンプレートドロップダウンで選択したカスタムのテンプレートを削除します。
  • 環境設定へのクイックアクセスメニュー出力環境設定オプションへのクイックアクセスを表示します。

ドキュメント

文書設定

PDF コンタクトシートのページ設定を指定します。出力設定パネルの文書アコーディオンに次の設定が表示されます。

  • ページサイズ:PDF コンタクトシートのページサイズオプションを表示します。
  • 高さ:ページの幅と高さをピクセル、インチ、センチメートル、ミリメートルで指定します。
  • 向き:ページの向きを横  または縦  で指定します。
  • 背景色:PDF コンタクトシートの背景色を指定します。標準のカラーボックスまたはスポイト  ツールを使用して、背景色を選択できます。スポイトツールの使用について詳しくは、スポイトツールを使用したカラーの選択を参照してください。
  • 解像度:PDF 連絡先シートの解像度をインチあたりのピクセル(PPI)で示します。
  • 画像品質:PDF コンタクトシートの画像品質を指定します。
  • サムネールの配置:PDF コンタクトシートでの画像配置のオプションを示します。画像を列(左から右)または行(上から下)に配置できます。
  • 最も合うようにサムネールを回転:セルに合うように、画像のサムネールを回転させます。
  • 1 ページに 1 枚の写真を繰り返す:1 枚の画像だけを PDF コンタクトシートのページに表示します。
  • ファイル名を含める:PDF コンタクトシートの画像のファイル名を含めます。
  • ファイル拡張子を含める:PDF コンタクトシートの画像のファイル拡張子を含めます。
  • ファイル名フォント設定:フォント、フォントカラー、フォントサイズ、フォントスタイルなどのフォント形式を指定します。

グリッドと余白

グリッドと余白の設定

行と列を指定して、コンタクトシートのレイアウトを指定できます。出力設定パネルのグリッドと余白アコーディオンに次の設定が表示されます。

  • グリッドレイアウト:コンタクトシートのグリッドレイアウトを設定できます。列と行の数を指定できます。
  • セル間隔:2 つのセルの間の間隔を設定します。2 つのセル間の垂直方向と水平方向のスペースを指定できます。
  • セルサイズ:セルのサイズをセンチメートルで指定します。自動スペースオプションを選択して、Adobe Bridge で 2 つのセル間のスペーシングを設定できます。
  • 余白:コンタクトシートのセルの左、右、上、下の余白を指定します。 アイコンをクリックして、右/左および上/下の余白をリンクできます。
ヘッダーとフッターの設定

ヘッダー、フッター、ページ番号をコンタクトシートに追加できます。出力設定パネルのヘッダーとフッターアコーディオンに次の設定が表示されます。

  • ヘッダー設定
    • ヘッダーを含める:コンタクトシートのヘッダー設定を有効にできます。
    • テキスト:PDF ヘッダーに表示するテキストを入力します。
    • テキストの整列:左 、中央 、右  の整列アイコンを使用して、ヘッダーのテキスト位置を調整できます。
    • テキスト形式:対応するドロップダウンリストから、ヘッダーテキストのフォント、フォントサイズ、フォントスタイルを選択します。標準のカラーボックスからフォントカラーを選択するか、スポイト  ツールを使用して、フォントカラーを選択できます。スポイトツールの使用について詳しくは、スポイトツールを使用したカラーの選択を参照してください。
    • ヘッダーサイズヘッダーサイズスライダーをドラッグして、プレビュードキュメントのヘッダーに指定されている領域を調整します。
    • 区切り線のサイズ区切り線のサイズスライダーをドラッグして、ヘッダー領域に表示される区切り線の幅を調節します。0 pt ~5 pt の任意の値を設定できます。
    • 区切り線のカラー:カラーボックスから区切り線のカラーを選択するか、スポイト  ツールを使用して、カラーを選択します。スポイトツールの使用について詳しくは、スポイトツールを使用したカラーの選択を参照してください。
  • フッター設定
    • フッターを含める:コンタクトシートのフッター設定を有効にできます。
    • テキスト:PDF フッターに表示するテキストを入力します。
    • テキストの整列:左 、中央 、右  の整列アイコンを使用して、フッターのテキスト位置を調整できます。
    • テキスト形式:対応するドロップダウンリストから、フッターテキストのフォントスタイル、フォントサイズ、フォントの太さを選択します。標準のカラーボックスからフォントカラーを選択するか、スポイト  ツールを使用して、フォントカラーを選択できます。スポイトツールの使用について詳しくは、スポイトツールを使用したカラーの選択を参照してください。
    • フッターサイズフッターサイズスライダーをドラッグして、プレビュードキュメントのヘッダーに指定されている領域を調整できます。
    • 区切り線のサイズ区切り線のサイズスライダーをドラッグして、フッター領域に表示される区切り線の幅を調節します。0 pt ~5 pt の任意の値を設定できます。
    • 区切り線のカラー:カラーボックスから区切り線のカラーを選択するか、スポイト  ツールを使用して、カラーを選択します。スポイトツールの使用について詳しくは、スポイトツールを使用したカラーの選択を参照してください。
  • ページ番号:
    • ページ番号を含める:コンタクトシートのページ番号を有効にします。
    • 場所:場所ドロップダウンリストから、ページ番号を表示する場所を、ヘッダー左、ヘッダー中央、ヘッダー右、フッター左、フッター中央、フッター右のオプションのいずれかに選択します。
    • テキスト形式:対応するドロップダウンリストから、ページ番号のフォントスタイル、フォントサイズ、フォントの太さを選択します。標準のカラーボックスからフォントカラーを選択するか、スポイト  ツールを使用して、フォントカラーを選択できます。スポイトツールの使用について詳しくは、スポイトツールを使用したカラーの選択を参照してください。

透かし

透かし設定

コンタクトシートにテキストまたは画像の透かしを追加できます。出力設定パネルの透かしアコーディオンに次の設定が表示されます。

  • 透かし:初期設定では、透かしなしラジオボタンが選択されます。
  • テキスト透かし:テキストの透かしラジオボタンを選択し、コンタクトシートにテキストの透かしを追加します。
    • テキスト:透かしに表示するテキストを入力します。
    • テキスト形式:対応するドロップダウンリストから、透かしテキストのフォントスタイル、フォントサイズ、フォントの太さを選択します。
  • 画像透かし画像透かしラジオボタンを選択し、コンタクトシートに画像の透かしを追加します。ファイルを選択をクリックし、画像をアップロードします。
  • 位置:選択した位置設定は、選択したラジオボタンのオプションにより、テキストの透かしまたは画像のすかしに適用されます。
    • 種類種類ドロップダウンでは、プレビュー文書またはプレビュー文書の各ページに現在追加されているメディアアセットにテキスト/画像のすかしを追加するかどうかを選択します。
    • 回転回転テキストフィールドに、0 ~ 359 の任意の値を入力します。プレビュー文書で指定された度数分テキスト/画像の透かしを回転します。
    • 位置位置フィールドで、メディアアセットまたはプレビュー文書でテキスト/画像の透かしを配置するアンカーウィジェットのオプションを選択します。
    • マージン:水平マージンまたは垂直マージンスライダーを使用して、テキスト/画像の透かしの水平方向または垂直方向のオフセットを調整します。
    • スケール:スケールは、画像の透かしにのみ適用できます。スケールスライダーを使用して、画像透かしのスケールを調整します。
    • 透明度透明度スライダーを使用して、透かしの透明度を調整します。

PDF プロパティ

PDF プロパティ

PDF コンタクトシートをセキュリティ保護し、再生設定を指定できます。出力設定パネルのPDF プロパティアコーディオンに次のセキュリティおよび再生設定が表示されます。

  • セキュリティ:
    • 開くパスワード:有効にすると、受信者は生成された PDF コンタクトシートを開くためにパスワードを入力する必要があります。
    • 許可パスワード:有効にすると、受信者は生成された PDF の許可設定を変更するためにパスワードを入力する必要があります。このパスワードは、Reader または Acrobat で文書を開く場合は必要ではありません。このパスワードは、設定した制限を変更する場合にのみ必要です。
    • 印刷無効:選択すると、生成された PDF で印刷の制限を設定します。印刷許可設定を変更するには、受信者は許可パスワードが必要です。このオプションは、許可パスワードを設定している場合にのみ有効です。
  • 再生:
    • フルスクリーンモードで開く:生成された PDF をフルスクリーンモードで開きます。PDF が画面全体に表示され、Acrobat メニューバー、ツールバー、ウィンドウコントロールは非表示になります。
    • 次のページに自動的に進む:選択すると、PDF ページはフルスクリーンモードで、期間(秒)フィールドで指定された秒数ごとに自動的に次のページに進みます。
    • 期間:各ページの再生期間(秒)。
    • 最後の後は先頭に戻る:選択すると、PDF 文書ページは連続して前進し、最後まで行ったら最初のページに戻ります。
    • 移行:フルスクリーンモードで PDF を表示したときの表示移行効果を選択します。移行効果を適用しない場合は、ドロップダウンからなしを設定します。方向および速度フィールドは、移行を「なし」に設定すると無効になります。
    • 方向:「下へ」、「左へ」、「横」など、選択されたページの表示効果の流れを決定します。使用できるオプションは効果によって異なります。
    • 速度:選択した移行効果で必要な速度オプションを選択します。

スポイトツールを使用したカラーの選択

スポイトツールを使用して、画面の任意の場所からカラーをサンプリングします。

  1. カラー設定の隣にあるスポイトツールをクリックします。

  2. マウスボタンを押したまま、画面上をドラッグします。ドラッグすると、カラー選択ボックスが動的に変化します。

  3. カラーを選択するには、マウスボタンを放します。

カスタムテンプレートの保存

出力設定パネルで独自の設定を指定して、テンプレートとして保存できます。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • テンプレートドロップダウンから定義済みのテンプレートを選択します。
    • テンプレートドロップダウンからカスタムを選択します。
  2. 出力設定パネルで必要な設定を適用します。出力設定で定義済みのテンプレートを選択して変更する場合は、テンプレートをカスタムに変更します。

    設定について詳しくは、出力設定の適用を参照してください。

  3. テンプレートドロップダウンの隣にある  アイコンをクリックします。

  4. テンプレートの名前を指定し、保存をクリックします。

    注意:

    テンプレートドロップダウンからカスタムのテンプレートを選択し、 アイコンをクリックして削除できます。

出力環境設定

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • (Windows)編集環境設定出力をクリックします。または、Ctrl+K キーを押します。
    • (macOS)Adobe Bridge環境設定出力をクリックします。または、Command+K キーを押します。
    注意:

    出力設定パネルのクイックアクセスメニュー を使用して、環境設定を迅速に設定できます。

  2. 次の環境設定を設定します。

    • 書出し後に PDF を表示:選択すると、書き出された PDF は保存後に Acrobat または Reader で自動的に開きます。
    • 埋め込まれたプロファイルの保持:選択すると、可能な場合は、画像に埋め込まれているカラープロファイルが保存されます。プロファイルが JPEG でサポートされていない場合は sRGB に変換されます。
    • 編集している設定項目以外の出力パネルを折りたたむ:出力設定パネル(文書とグリッドと余白、ヘッダーとフッター、透かし、PDF プロパティ)でアコーディオンの開閉動作を制御します。
      • 選択すると、一度に 1 つのアコーディオンのみが開いたままになります。
      • 選択を解除すると、一度に複数のアコーディオンを開くことができます。
    • 余白のサイズ変更ではセル間隔よりセルサイズを優先:
      • 選択すると、余白を増減するときにセルサイズが維持されたままセル間隔が変更されます。
      • (デフォルトオプション)選択を解除すると、余白を増減するときにセル間隔が維持されたままセルサイズが変更されます。 
  3. OK」をクリックします。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合