Adobe Camera Raw と Camera Raw フィルターとの相違点

Adobe Camera Raw は、Camera Raw のフィルターよりも優れた機能を搭載しています。Camera Raw フィルターは単一のレイヤーを変更するため、ドキュメントのプロパティを変更できるツールや機能は含まれていません。これらの機能には、ワークフローオプションや切り抜きツールの削除が含まれます。また、Camera Raw の環境設定を変更したり、スナップショットを作成したり、異なるフォーマットを保存したりすることはできません。

Camera Raw フィルターで利用できないツール

  • ノイズ除去ツール - ノイズ除去は、高 ISO 設定または低光量時に撮影した写真からノイズを簡単に除去します。人工知能を使用すると、ベイヤーや X-Trans の Raw DNG ファイルを処理して、画像の細かいディテールを失うことなくノイズを軽減します
  • 超解像度 - 超解像度は、Raw ディテールと同様の結果でありながら、線形解像度が 2 倍の画像を作成できます。つまり、強化された画像は、元画像と比較して幅が 2 倍、高さが 2 倍、総ピクセル数が 4 倍になります。この機能では、Raw ディテールと同じファイル形式に加え、JPEG や TIFF などのファイル形式もサポートされています。超解像度 は、切り抜いた画像の解像度を上げる場合に特に便利です。
  • Raw ディテール - Raw ディテールにより、ディテールが鮮明になってエッジのレンディションの正確さが増すとともに、カラーレンダリングが向上し、斑点が少なくなります。強化された画像の解像度は、元の画像と変わりません。この機能は、微細なディテールが目につく大型ディスプレイや大判印刷の場合に便利です。サポートされているファイル形式は、ベイヤーセンサーを搭載したカメラ(Canon、Nikon、Sony など)および富士フイルムの X-Trans センサーを搭載したカメラで撮影した Raw モザイクファイルです。
  • 切り抜きツール - 切り抜きツールを使用して、写真を切り抜いたり、写真の縦横比を設定したりできます。切り抜きツールを使用すると、画像の傾きを素早く補正できます。
  • 回転ツール回転ツールを使用して、写真を回転または反転できます。

Photoshop で Camera raw フィルターを使用する方法については、このビデオをご覧ください。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合