Camera Raw を使用した画質の改善

画質を高めて大判印刷をしたり、トリミングした画像の解像度を上げたりできます。

注意:

Adobe Camera Raw 13.2(2021 年 3 月リリース)以降、ディテールの強化Raw ディテールに名称が変更されます。

強化には、Camera Raw による画質の改善に役立つ Raw ディテール超解像度などの一連の機能が揃っています。

Raw ディテール(元の名称はディテールの強化)により、ディテールが鮮明になってエッジのレンディションの正確さが増すとともに、カラーレンダリングが向上し、斑点が少なくなります。強化された画像の解像度は、元の画像と変わりません。この機能は、微細なディテールが目につく大型ディスプレイや大判印刷の場合に特に便利です。サポートされているファイル形式は、ベイヤーセンサーを搭載したカメラ(Canon、Nikon、Sony など)および富士フィルムの X-Trans センサーを搭載したカメラで撮影した RAW モザイクファイルです。

Camera Raw 13.2 で導入された超解像度は、Raw ディテールと同様の結果でありながら、リニア解像度が 2 倍の画像を作成できます。つまり、強化された画像は、元画像と比較して幅が 2 倍、高さが 2 倍、総ピクセル数が 4 倍になります。この機能は、Raw ディテールと同じファイル形式に加え、JPEG や TIFF などのファイル形式もサポートしています。超解像度は、切り抜いた画像の解像度を上げる場合に特に便利です。

必要システム構成

強化の機能を使用するには、次に示す最低限の技術仕様をコンピューターが満たしている必要があります。

Raw ディテールの適用

  1. Camera Raw でサポートされている画像を開きます。

  2. フィルムストリップで、画像を右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac)し、コンテキストメニューから強化を選択します。

    フィルムストリップのコンテキストメニューから「強化」を選択
    フィルムストリップのコンテキストメニューから「強化」を選択

    注意:

    Lightroom または Lightroom Classic を使用している場合は、以下を参照してください。

  3. 強化プレビューダイアログボックスで、「Raw ディテール」が選択されていることを確認します。ハイライトされた画像領域をクリックして長押しすると、元画像でどのように見えていたかを確認できます。プレビュー全体でカーソルをクリックしてドラッグし、画像の他の領域を確認することもできます。

    右下隅のズームアウトアイコンをクリックすると、画像全体が表示されます。

    Camera Raw での Raw ディテールの適用
    Camera Raw での Raw ディテールの適用

  4. 強化された DNG バージョンの画像を作成するには、「強化」をクリックします。 拡張画像は、元の画像と同じファイル名を使用し、Enhanced.dngを追加します。

注意:
  • 画像を強化できるのは 1 回のみです。つまり、既に強化された画像に「RAW ディテール」を再度適用することはできません。
  • Raw ディテールのプレビューが、標準倍率で表示されます。

Raw ディテールでサポートされている画像形式

Raw ディテール」を適用できるのは、ベイヤーと X-Trans のモザイク RAW ファイルのみです。

Raw ディテールでサポートされていないファイル形式

Raw ディテール」は、次の形式のソース画像には適用できません。

  • JPEG、TIFF、HEIC などの RAW 以外のファイル
  • リニア DNG(Lightroom および Camera Raw 内で以前に作成された HDR およびパノラマ DNG 画像を含む)
  • DNG プロキシとスマートプレビュー
  • モノクロ RAW ファイル(Leica M MONOCHROM など)
  • 4 色カメラで撮影した画像
  • Foveon センサーで撮影した画像
  • SR、EXR、または 2 x 4 モザイクセンサー搭載の富士フィルム製カメラで撮影した画像
  • Canon の S-RAW/M-RAW ファイル
  • Nikon の small RAW ファイル
  • Pentax の Pixel Shift Resolution(PSR)ファイル
  • Sony の ARQ ファイル

超解像度を適用

  1. Camera Raw で画像を開きます。

  2. フィルムストリップで、画像を右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac)し、コンテキストメニューから「強化」を選択します。

    フィルムストリップのコンテキストメニューから「強化」を選択
    フィルムストリップのコンテキストメニューから「強化」を選択

  3. 強化プレビューダイアログボックスで、「超解像度」を選択します。画像を強化するまでの推定完了時間が表示されます。強化したら、ハイライトされた画像領域を長押しすると、元画像でどのように見えたかを確認できます。カーソルをクリック&ドラッグして、画像の他の領域を確認することもできます。

    プレビューの右下隅のズームアウトアイコンを使用すると、画像全体が表示されます。

    Camera Raw で適用された超解像度で画像解像度を 2 倍にする
    Camera Raw で適用された超解像度で画像解像度を 2 倍にする

  4. 強化された DNG バージョンの画像を作成するには、「強化」をクリックします。 拡張された画像は、元の画像と同じファイル名を使用し、.dngを追加します。

注意:
  • Photoshopでは、フィルター/フィルターを選択した場合、超解像度Camera Rawにアクセスできません。 この機能を使用するには、ファイル/を開くを選択して、画像を開きます。 Rawファイルは、初期設定でCamera Rawダイアログボックスに表示されます。 JPEGまたはTIFFを開くには、編集/環境設定/を選択し、「ファイル管理」タブで、「JPEGまたはTIFF」を「サポートされているすべてのJPEGを自動的に開く」または「TIFF」に設定します。
  • 画像を強化できるのは 1 回のみです。つまり、既に強化された画像に「超解像度」を再度適用することはできません。
  • 超解像度のプレビューが、2 倍の線倍率で表示されます。

キーボードショートカットを使用して、画像をすばやく強化

強化プレビューダイアログボックスを開かずにすばやく画像を強化するには、Option(macOS)/Alt(Win)キーを押しながら、コンテキストメニューで強化を選択します。強化プレビューダイアログボックスで前回選択されたオプション(「Raw ディテール」または「超解像度」)が適用されます。

複数の画像を一度に強化

フィルムストリップで画像を選択し、コンテキストメニューから強化を選択します。強化プレビューダイアログボックスに、フィルムストリップで最初に選択した画像のプレビューが表示されます。前回選択されたオプション(「Raw ディテール」または「超解像度」)が、選択した画像に適用されます。必要に応じて、この選択を変更できます。最後に、「写真を強化」をクリックして、選択した画像に強化を適用します。