Adobe Captivate のビデオデモは、ビデオ形式で製品機能を示す方法です。 これらを使用して、新しい製品機能を実演することもできます。 この文書では、PowerPoint の機能のビデオデモンストレーションを作成します。

アセットとサンプル

この文書の手順では、画像や Adobe Captivate プロジェクトファイルのサンプルなどのアセットを使用する必要があります。 独自のアセットとサンプルを使用することもできます。 ただし、次の zip ファイルをコンピューターにダウンロードして展開することをお勧めします。

ビデオデモを作成

まず、新しい PowerPoint プレゼンテーションを作成する方法を実演するビデオデモを作成しましょう。

  1. Captivate のようこそ画面の「新規」タブで、「ビデオデモ」を選択し、「作成」をクリックします。

    welcome-screen-vid-demo
  2. ダイアログボックスには、デモを記録するオプションがあります。 次のオプションを選択します。

    • アプリケーション
    • ドロップダウンリストで「PowerPoint」を選択します。
    • アプリケーションウィンドウが選択されていることを確認します
    vid-demo-settings-dialog
  3. 記録」をクリックします。

    カウンタが 1 までカウントダウンした後、PowerPoint アプリケーションが前景に来ます。

  4. PowerPoint で以下の手順を実行します。

    1. ファイル」をクリックします。
    2. 新規」をクリックします。
    3. テーマを選択します。
    4. ダイアログボックスで、「作成」をクリックします。
  5. シミュレーションを終了するには

    • Windows では、キーボードの End キーをクリックします。
    • MAC では、上部バーの Captivate アイコンをクリックします

    シミュレーションが終了すると、Captivate は再び前景に戻ります。

    Captivate が、プレビューモードで作成したビデオを実行します。

  6. Captivate に戻り、プレビューウィンドウの右下隅にある「編集」をクリックします。

    新しいプロジェクトが、untitled<number>.cpvc という名前で作成されます。

ビデオデモを作成したら、プロジェクトに次のような変更を加えることができます。

オブジェクトの追加

パンとズームエフェクトの追加

ビデオのトリミング

 

詳しくは、Adobe Captivate でのビデオデモンストレーションの記録を参照してください。

ビデオへのオブジェクトの追加

Captivate の非インタラクティブオブジェクトのどれでもビデオデモに追加できます。 例えば、説明を加えるためにテキストキャプションを追加できます。 また、画面上でユーザーに注目してほしい部分を強調するためにシェイプを追加することもできます。 デモを紹介するテキストキャプションを追加しましょう。

  1. ダウンロードしたファイルフォルダーで、サンプルサブフォルダーに移動し、以下のファイルを開きます。

    create-video-demos.cpvc

    注意:

    このチュートリアルで提供されているプロジェクトファイルのダウンロードは必須ではありません。 ダウンロードしなくても、この手順を行うことができます。 ただし、Adobe Captivate で必ずビデオデモを作成してください。

    ビデオデモプロジェクトは他の Captivate プロジェクトのようにスライドで構成されていないため、タイムラインの再生バーコントロールを使用してフレームを見ることができます。

  2. ウインドウメニューから「タイムライン」を選択します。

    タイムラインは Captivate ウィンドウの下部に表示されます。

    timeline-video-demo

    タイムラインには、作成した動画全体の再生時間が表示されます。 また、プレイヘッドを左右にドラッグすると、タイムライン上のビデオの位置を移動できます。

    ビデオにオブジェクトを追加するときは、タイムラインを使用してオブジェクトを必要な場所に配置します。

  3. テキストキャプションを配置したいタイムライン上のポイントまでプレイヘッドを移動します。

  4. ツールバーで「テキスト」をクリックし、「テキストキャプション」を選択します。

    スライドにテキストキャプションを配置すると、デフォルトでプレースホルダーテキストが選択されます。 これによって、キャプションのテキストをすぐに入力することができます。

  5. 次のテキストを入力します。

    新しい PowerPoint プレゼンテーションを作成

  6. すぐにプロジェクトをプレビューしてみましょう。

    ツールバーの「プレビュー」をクリックして、「プロジェクト」を選択します。

    プロジェクトをプレビューするときに、ビデオにテキストキャプションが表示される時間が短すぎたり長すぎたりする場合は、簡単にタイムラインでテキストキャプションオブジェクトのサイズを変更できます。

  7. タイムラインのテキストキャプションの左端または右端にポインターを移動します。

    timeline_double-arrow
  8. タイムラインのテキストキャプションのサイズを変更して、ビデオに表示される時間を増減します。

テキストキャプション以外に、他の非レスポンシブオブジェクトもビデオに配置することができます。 例えば、透明な(不透明度 0%)シェイプを使用して、ビデオの一部の画面の特定の領域を強調表示する(注意を引く)ことができます。

ビデオにパンとズームエフェクトを追加する

パンとズームエフェクトを使用すると、ビデオの画面上の特定の領域にズームインする(ユーザーの注意を引く)ことができます。 ビデオデモにパンとズームエフェクトを追加しましょう。

  1. ダウンロードしたファイルフォルダーで、サンプルサブフォルダーに移動し、以下のファイルを開きます。

    create-video-demos.cpvc

    注意:

    このチュートリアルで提供されているプロジェクトファイルのダウンロードは必須ではありません。 ダウンロードしなくても、この手順を行うことができます。 ただし、Adobe Captivate で必ずビデオデモを作成してください。

  2. ウィンドウメニューから「タイムライン」を選択します。

    タイムラインは Captivate ウィンドウの下部に表示されます。

    timeline-video-demo

    タイムラインには、作成した動画全体の再生時間が表示されます。 また、プレイヘッドを左右にドラッグすると、タイムライン上のビデオの位置を移動できます。

  3. ズームを開始するタイムライン上のポイントまで再生ヘッドを移動します。

  4. タイムラインの下部にある「パンとズーム」クリックします。

    ビデオエフェクトインスペクターがスライドの右側に開きます。また、インスペクターでは、青色の枠線ボックスがスライド上に表示されます。

  5. 枠線ボックスのハンドルを使用して、ズームしたいスライド内の領域にボックスのサイズを変更します。

    これを実行すると、スライドのサイズが変更されて、ユーザーにどのように表示されるかが示されます。

  6. パンとズームエフェクトを終了したいタイムライン上のポイントに再生ヘッドをドラッグし、ビデオエフェクトインスペクターでズームアウトをクリックします。

    スライドがズームアウトして表示されるようになりました。

パンとズームエフェクトが正常に動作しているかどうかを確認するには、プロジェクトをプレビューします。

ツールバーの「プレビュー」をクリックして、「プロジェクト」を選択します。

ビデオのトリミング

ビデオデモを作成しているときには、最初に録画はしたけれど、後で必要がないとわかるビデオのセクションがあることがよくあります。 ビデオをもう一度録画する代わりに、不要な部分をビデオから簡単に取り除くことができます。 トリム機能を使用して、動画の不要な部分を削除します。

  1. ダウンロードしたファイルフォルダーで、サンプルサブフォルダーに移動し、以下のファイルを開きます。

    create-video-demos.cpvc

    注意:

    このチュートリアルで提供されているプロジェクトファイルのダウンロードは必須ではありません。 ダウンロードしなくても、この手順を行うことができます。 ただし、Adobe Captivate で必ずビデオデモを作成してください。

  2. ウィンドウメニューから「タイムライン」を選択します。

    タイムラインは Captivate ウィンドウの下部に表示されます。

    timeline-video-demo

    タイムラインには、作成した動画全体の再生時間が表示されます。 また、プレイヘッドを左右にドラッグすると、タイムライン上のビデオの位置を移動できます。

  3. プレイヘッドを、ビデオをトリミングしたいタイムライン上の開始点に移動します。

  4. タイムラインの下部にある「トリミング」をクリックします。

    タイムライン上の灰色の領域は、トリミングされるビデオの時間を表します。 最初のハンドルはトリミングの始点を表し、2 番目のハンドルはトリムの終点を表します

    timeline-trim-markers
  5. 灰色の領域の左端または右端にポインターを移動します。

    timeline-trim-double-arrow
  6. タイムラインのトリミング領域のサイズを変更して、ビデオからトリミングする時間を増減します。

  7. タイムラインの下部にある をクリックします。

不要なセクションを切り取った後、プロジェクトをプレビューできます。

ツールバーの「プレビュー」をクリックして、「プロジェクト」を選択します。

プレビューとパブリッシュ

ビデオデモを作成し、必要な更新と編集をすべて行ったら、エンドユーザーと共有できるビデオファイルを作成したいと思うでしょう。 今すぐ、やってみましょう。

  1. ツールバーで「パブリッシュ」をクリックし、「コンピューターにパブリッシュ」を選択します。

  2. ビデオデモをパブリッシュダイアログボックスで、必要な詳細を入力します。

    vid-demo-publish-dialog
  3. 「パブリッシュ」をクリックします。

  4. ビデオダイアログボックスでは、以下を選択できます。

    • ビデオを YouTube にパブリッシュ
    • コンピューターのデフォルトアプリケーションでビデオを実行する

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー