LSDateFormat

説明

ロケール固有の形式を使用して、日付時刻値の日付部分の形式を設定します。

戻り値

形式設定された日付時刻値。マスクが指定されていない場合、この値はクライアントコンピュータのロケールの設定に従って形式が設定されます。

カテゴリ

シンタックス

LSDateFormat(date [, mask, locale])

関連項目

LSParseDateTimeLSTimeFormatDateFormatSetLocaleColdFusion でのデータ処理(『ColdFusion アプリケーションの開発』)

履歴

ColdFusion(2021 リリース):JVM フラグ -Dcoldfusion.datemask.useDasdayofmonth が追加されました。デフォルト値は false ですが、これを true に設定すると、マスクに D(大文字の D)が含まれている場合、マスクは値を d(小文字の d)として扱います(小文字の d はその月の何日であるかを示します)。そのため、このフラグが true に設定されている場合、dateformat(now(), "mm-D-yyyy")dateformat(now(), "mm-d-yyyy") と同じになります。デフォルトでは、大文字の D は、その年の何日目であるかを指定するために使用されます。 

ColdFusion 8:locale パラメーターが追加されました。

ColdFusion MX:

  • 形式設定の動作が変更されました。この関数では、以前のリリースと異なる形式で結果が返される場合があります。この関数では、すべてのプラットフォームで Java 標準のロケール形式設定ルールが使用されます。
  • 次の mask パラメーターオプションのサポートを追加:short、medium、long および full

パラメーター

パラメーター

説明

date

日付時刻オブジェクトです。値の範囲は西暦 100~9999 年です。

mask

日付の表示方法を指定する文字のセットです。次の形式を組み合わせて指定します。

  • d:月の日。数字で表した日です。1 桁の場合は先頭に 0 が付きません。
  • dd:月の日。数字で表した日です。1 桁の場合は先頭に 0 が付きます。
  • ddd:曜日。短縮形で表します。
  • dddd:曜日。完全なつづりで表します。
  • D:その年の何日目であるかを表します。
  • m:月。数字で表した月です。1 桁の場合は先頭に 0 が付きません。
  • mm:月。数字で表した月です。1 桁の場合は先頭に 0 が付きます。
  • mmm:月。短縮形で表します(適切な場合)。
  • mmmm:月。完全なつづりで表します。
  • y:年。下 2 桁の数字で表した年です。1 桁の場合は先頭に 0 が付きません。
  • yy:年。下 2 桁の数字で表した年です。1 桁の場合は先頭に 0 が付きます。
  • yyyy:年。4 桁の数字で表した年です。
  • gg:時代および紀元を表す文字列です。処理されません。この形式は将来の使用のために予約されています。
    以下の指定は、Java のロケール固有の時刻エンコード標準に適合した形式です。厳密な形式はロケールによって異なります。
  • short:dd、mm、および yy を / 記号で区切ったもの。
  • medium:mmm、d、および yyyy を使用したテキスト形式。
  • long:mmmm、d、および yyyy を使用したテキスト形式。
  • full:dddd、mmmm、d、および yyyy を使用したテキスト形式。
    デフォルト値は medium です。形式について詳しくは、LSParseDateTime を参照してください。

locale

関数を処理するときに、ページのロケールの代わりに使用するロケールです

使用方法

この関数では、すべてのプラットフォームで Java 標準のロケール形式設定ルールが使用されます。日付時刻値を文字列として渡すときは、その値を引用符で囲む必要があります。引用符で囲まない場合、その値は日付/時刻オブジェクトの数値表現として解釈されます。タイムゾーン間の時差を計算するには、GetTimeZoneInfo 関数を使用します。

<cfscript> date = LSDateFormat(now()); date1 = LSDateFormat(now(), "mmm-dd-yyyy"); date2 = LSDateFormat(now(), "mmmm d, yyyy"); date3 = LSDateFormat(now(), "mm/dd/yyyy"); date4 = LSDateFormat(now(), "ddd, mmmm dd,yyyy"); date5 = LSDateFormat(now(), "d/m/yy"); writeOutput(date1 & "<br/>") writeOutput(date2 & "<br/>"); writeOutput(date3 & "<br/>"); writeOutput(date4 & "<br/>"); writeOutput(date5 & "<br/>");; </cfscript>

出力

Nov-06-2018
November 6, 2018
11/06/2018
Tue, November 06,2018
6/11/18

アドビのロゴ

アカウントにログイン