cfgridcolumn

説明

cfform タグ内で cfgrid タグとともに使用します。列を形式設定し、必要に応じてクエリから列を挿入します。cfgridcolumn 内で使用するフォントと配置に関する属性は、cfgrid 内で定義されているグローバルなフォント設定や配置設定よりも優先されます。

カテゴリ

フォームタグ

シンタックス

autoExpand = "yes|no"
name = "column name"
bgColor = "web color|expression"
bold = "yes|no"
dataAlign = "left|right|center"
display = "yes|no"
font = "column font"
fontSize = "size"
header = "header"
headerAlign = "left|right|center"
headerBold = "yes|no"
headerFont = "font name"
headerFontSize = "size"
headerIcon = "icon path"
headerItalic = "yes|no"
headerMenu = "yes|no"
headerTextColor = "web color"
href = "URL"
hrefKey = "column name"
italic = "yes|no"
mask= "format mask"
numberFormat = "format"
select = "yes|no"
target = "URL target"
textColor = "web color|expression"
type = "type"
values = "comma-separated strings and/or numeric range"
valuesDelimiter = "delimiter character"
valuesDisplay = "comma-separated strings and/or numeric range"
width = "column width">

メモ:このタグの属性は attributeCollection 属性で指定でき、その値は構造体になります。attributeCollection 属性で構造体の名前を指定し、タグの属性名を構造体のキーとして使用します。

関連項目

cfgridcfgridrowcfgridupdatecfformcfappletcfinputcfselectcfslidercftextareacftree

履歴

ColdFusion 9.0.1:HTML グリッドでのみ autoExpand 属性と headerMenu 属性のサポートを追加しました。

ColdFusion 9:type 属性値に boolean、date、numeric、および string_noCase を追加しました。HTML グリッドでサポートされています。

ColdFusion MX 7:mask 属性および currency type 属性値を追加しました。ColdFusion MX:select="no" に設定されている場合の動作を変更:ユーザーは、cfgrid selectmode 属性の値とは無関係に、セルデータを選択して編集することはできません。セルをクリックすると、セルの境界線(および selectColor の値によってはセルの背景)の色が変わりますが、セルのデータを編集することはできません。

属性

メモ:XML 形式では、ColdFusion はすべての属性を XML に渡します。用意された XSLT スキンでは、XML 形式のグリッドは処理または表示されませんが、アプレット形式および Flash 形式のグリッドは表示されます。

属性

必須 / オプション、形式

デフォルト

説明

autoExpand

オプション、HTML

最初の列は yes、残りの列は no

特定の列では、指定した列を展開
できます。

複数の列で autoExpand="yes" を設定すると、エラーが発生します。
また、display 属性を no に設定する場合、autoExpand
は yes に設定できません。設定した場合はエラーが発生します。

name

必須、すべて

 

グリッド列要素の名前です。
グリッドでクエリを使用する場合、この属性は
、グリッド列に挿入するクエリ列の名前でなければなりません。

bgColor

オプション、すべて

 

グリッド列の背景の色です。

  • オプション:textColor 属性の場合と同じです。

bold

オプション、すべて

cfgrid で指定した値

  • yes: グリッドコントロールのテキストをボールドで表示します。
  • ×

dataAlign

オプション、アプレット、Flash、HTML

cfgrid で指定した値

列データの配置です。

  • left
  • right
  • center

display

オプション、すべて

yes

  • yes
  • no: 列を非表示にします。

font

オプション、すべて

cfgrid で指定した値

列内のデータのフォントです。

fontSize

オプション、すべて

cfgrid で指定した値

列内のテキストのサイズです。

ヘッダーの提供

オプション、すべて

yes

列ヘッダのテキストです。
cfgrid の colHeaders 属性が yes の場合にのみ使用します。
デフォルト値は yes です。

headerAlign

オプション、アプレット

cfgrid で指定した値

列ヘッダのテキストの配置です。

  • left
  • right
  • center

headerBold

オプション、HTML、アプレット

cfgrid で指定した値

  • yes: ヘッダをボールドで表示します。
  • ×

headerFont

オプション、HTML、アプレット

cfgrid で指定した値

列ヘッダのフォントです。

headerFontSize

オプション、HTML、アプレット

cfgrid で指定した値

列ヘッダのテキストのサイズです (単位 : ピクセル)

headerIcon

オプション

 


グリッドのヘッダー列のアイコンとして使用するイメージファイルの場所です。

{{headerMenu}}ColdFusion 9.0.1 で追加

オプション、HTML

no

グリッド列のヘッダーメニューのオン/オフを切り替えることができます。
ヘッダメニューとは、マウスポインタが上に置かれたときにグリッドのヘッダ列に表示されるドロップダウンリストです。

この属性は、グリッドのヘッダにイメージを使用する場合に便利です。

headerItalic

オプション、HTML、アプレット

cfgrid で指定した値

  • yes: 列ヘッダをイタリックで表示します。
  • ×

headerTextColor

オプション、HTML、アプレット

 

グリッドコントロールの列ヘッダのテキストの色です。

  • オプション:textColor 属性の場合と同じです。

href

オプション、HTML、アプレット

 

URL、または各グリッド列のハイパーリンク先 URL
を含んでいるクエリ列の名前です。

hrefKey

オプション、HTML、アプレット

 

列の値の代わりに、各列の href
URL に追加される値として使用するクエリ列です。

italic

オプション、すべて

cfgrid で指定した値

  • yes: グリッドコントロールのテキストをイタリックで表示します。
  • ×

mask

オプション、Flash、HTML

 

フォームに表示される文字パターン、またはユーザーが入力して ColdFusion に送信できる文字パターンを制御するマスクパターンです。
通貨の type 属性がある列の場合、mask は通貨記号を指定します。数値の前に通貨記号が自動的に挿入されます。
テキスト値や数値がある列の場合、mask は表示する形式またはユーザーが入力できる形式を、次のように指定します。

  • A = A-Za-z
  • X = A-Za-z0-9
  • 9 = 0-9
  • ? = 任意の文字
  • これら以外のすべての文字 = リテラル文字を挿入
    列の値が日付またはタイムスタンプの場合、
    ColdFusion はこのマスクパターンを使用し選択された日付を形式設定します。
    日付時刻のマスク形式の詳細については、mask 属性の日付時刻形式を参照してください。
    デフォルトの形式は m/d/y です (例 : 05/06/75)。
    m は先頭に 0 が付いた月、d は先頭に 0 が付いた日、y は 2 桁表示の年です。
    詳細については、次の URL に移動してください:
    http://docs.sencha.com/extjs/6.0/6.0.1-classic/#!/api/Date

numberFormat

オプション、アプレット

 

グリッド内で数値データを表示するための形式です。後述の numberFormat 属性のマスク文字の表を参照してください。

select

オプション、すべて

yes

cfgrid の selectmode 属性の値が column、edit、または single の場合の選択動作を指定します。row や browse の場合は無視されます。

  • yes: ユーザーは selectmode 属性での指定に応じて、列を選択するか、列内のセルを選択または編集することができます。
  • no: ユーザーは列を選択することも、列内のセルを選択または編集することもできません。

target

オプション、HTML、アプレット

 

href で指定されたリンクを開くためのフレームまたは標準の HTML ターゲットです。

textColor

オプション、アプレット、Flash、HTML

 

列内のグリッド要素のテキストの色です。16 進数の値またはテキスト名で指定します。
16 進数の値を入力するには、"##xxxxxx" という形式を使用します。ここで、x は 0 ~ 9 または A ~ F です。シャープ記号は、2 つ使用するか、または使用しません。制約 : HTML 形式の場合は、有効な HTML カラーを指定する必要があります。アプレット形式の場合は、次のいずれかを指定します。

  • 16 進数形式の任意の色
  • Black
  • Red
  • Blue
  • Magenta
  • Cyan
  • Orange
  • Darkgray
  • Pink
  • Gray
  • White
  • Lightgray
  • Yellow

type

オプション、すべて

 

すべての形式で次の値を指定することができます。

  • boolean: 列をチェックボックスとして表示します。セルが編集可能である場合、ユーザーはチェックマークを変更できます。onchange イベントのスタティックなグリッドとダイナミックなグリッドでは、渡されるデータは、データベースでのブール値の表示形式に変換されます。
  • combobox: values 属性と valuedisplay 属性で指定された値をオプションとして含むドロップダウンリストを表示します。
  • numeric: グリッドデータを数値でソートできます。HTML 形式では、セルが編集可能である場合、ユーザーは数値を入力できます。
  • string_noCase: 大文字小文字を区別しないテキストとしてグリッドデータをソートできます。HTML 形式では、セルが編集可能である場合、ユーザーはテキスト値を入力できます。
    次の値はアプレット形式と Flash 形式では指定できますが、HTML 形式では機能しません。
  • image: グリッドには、列内の URL で指定されたイメージが表示されます。相対 URL を使用する場合、イメージは CFIDE¥classes ディレクトリまたはサブディレクトリに置かれている必要があります。イメージが列セルよりも大きい場合は、セル内に収まるように切り取られます。Flash のイメージは JPEG ファイルでなければなりません。アプレット形式のイメージは JPEG ファイルか GIF ファイルです。
    次の値はアプレット形式では指定できますが、Flash 形式と HTML 形式では機能しません。
  • image: 列の値では、イメージファイルへのパスを使用する以外に、ColdFusion のビルトインイメージ名 (cd、computer、document、element、folder、floppy、fixed、remote) を使用することもできます。
    次の値は Flash 形式では指定できますが、アプレット形式と HTML 形式では機能しません。
  • currency: 列データを通貨として形式設定します。小数点を基準に整列します。この列を使用するグリッドをソートすると、通貨について正しくソートされます。mask 属性を使用して通貨記号を指定します。デフォルト値はドル記号 ($) です。
    次の値は HTML 形式では指定できますが、アプレット形式と Flash 形式では機能しません。
  • date: 列には日付値が入ります。グリッドの selectMode 属性の値が edit である場合、セルは編集可能です。編集可能なセルをクリックすると、アイコンが表示されます。このアイコンをクリックすると、日付ピッカーが開き、日付を選択できます。

values

オプション、HTML、アプレット

 

列内のセルをドロップダウンリストボックスの形式にします。ドロップダウンリストの項目を指定します。例 :

{{values = "arthur, scott, charles, 1-20, mabel"}}

 

valuesDelimiter

オプション、HTML、アプレット

, (カンマ)

values 属性と valuesDisplay 属性の区切り文字です。

valuesDisplay

オプション、HTML、アプレット

 

values 属性内の要素を、ドロップダウンリストで表示する文字列にマッピングします。文字列や数値の範囲を区切り文字で区切って指定します。

width

オプション、すべて

列ヘッダの幅

列の幅です (単位 : ピクセル)。

次のマトリックスは、type="boolean" の動作を示しています。

変換前

変換後

Y

N

T

F

1

0

true (スタティックなグリッドの場合)

false (スタティックなグリッドの場合)

true (ダイナミックなグリッドの場合)

NO (ダイナミックなグリッドの場合)

ブール値以外または null の場合

Y

アプレット形式の場合に限り、次の numberFormat 属性のマスク文字を使用して、出力を米国式の数値形式や通貨形式に設定することができます。これらのマスク文字の使い方の詳細については、NumberFormat を参照してください。(cfgridcolumn タグでは、国際数値形式はサポートされません。)

文字

説明

_

(アンダースコア) 桁プレースホルダーです。

9

桁プレースホルダーです。

.

(ピリオド) 必須の小数点の位置です。

0

必須の小数点の左または右に置かれ、0 (ゼロ) が埋め込まれます。

( )

数値が 0 より小さい場合は、マスクを丸括弧で囲みます。

+

正の数値の前にプラス記号を置き、負の数値の前にマイナス記号を置きます。

-

正の数値の前にスペースを置き、負の数値の前にマイナス記号を置きます。

,

(カンマ) 3 桁ごとにカンマで区切ります。

L、C

マスク列の幅の中で数値を左揃えまたは中央揃えにします。L または C はマスクの先頭に指定する必要があります。デフォルトは右揃えです。

$

形式設定された数値の先頭にドル記号を置きます。マスクの先頭に指定します。

^

(キャレット) 右側の形式と左側の形式を区切ります。

mask 属性の日付時刻形式

日付時刻値は、デフォルトでは Flash で Oct 29 2004 11:03:21 のような表示形式を使ってグリッド列に表示されます。mask 属性を使用すると、日付または時刻を別の形式で表示できます。それらの形式について次の表で説明します。

パターン文字

説明

Y

年。パターン文字の数が 2 の場合、年は 2 桁に切り詰められます。それ以外の場合、4 桁で表示されます。次の例の 3 番目に示すように、指定された桁数になるように 0 が追加されます。例:YY = 03YYYY = 2003YYYYY = 02003

M

月。形式は、次の条件により決まります。

  • パターン文字の数が 1 つの場合、形式は 1 桁または 2 桁の数値として解釈されます。
  • パターン文字の数が 2 つの場合、形式は 2 桁の数値として解釈されます。
  • パターン文字の数が 3 つの場合、形式は省略したテキストとして解釈されます。
  • パターン文字の数が 4 つの場合、形式は省略されないテキストとして解釈されます。
    例:M = 7MM= 07MMM=JulMMMM= July

D

日。例:D=4DD=04DD=10

E

曜日。形式は、次の条件により決まります。

  • パターン文字の数が 1 つの場合、形式は 1 桁または 2 桁の数値として解釈されます。
  • パターン文字の数が 2 つの場合、形式は 2 桁の数値として解釈されます。
  • パターン文字の数が 3 つの場合、形式は省略したテキストとして解釈されます。
  • パターン文字の数が 4 つの場合、形式は省略されないテキストとして解釈されます。
    例:E = 1EE = 01EEE = MonEEEE = Monday

A

AM/PM を示すインジケータ。

J

24 時間形式の時間 (0 ~ 23)。

H

24 時間形式の時間 (1 ~ 24)。

K

am/pm 形式の時間 (0 ~ 11)。

L

am/pm 形式の時間 (1 ~ 12)。

N

分。例:N = 3NN = 03

S

秒。

その他のテキスト

その他のテキストをパターン文字列に追加して、文字列をさらに設定することができます。句読点や数字、任意の小文字を使用できます。パターン文字として解釈される可能性があるので、大文字は使用しないでください。例:EEEE/MMMD, YYYY at H:NN A = Tuesday, Sept. 8, 2003 at 1:26 PM

次の例では、cfdocexamples データベースにある CourseList テーブルの特定のフィールドを更新します。cfgridcolumn タグを使用して、テーブルを構築します。

<! ---gridEntered フィールドが既に存在している場合は、フォームが送信されています。データベースを更新します。---> 
<cfif IsDefined(&quot;form.gridEntered&quot;)> 
<cfgridupdate grid = &quot;FirstGrid&quot; dataSource = &quot;cfdocexamples&quot; 
tableName = &quot;CourseList&quot; keyOnly = &quot;Yes&quot;> 
</cfif> 

<!---データベースをクエリしてグリッドにデータを格納します。---> 
<cfquery name = &quot;GetCourses&quot; dataSource = &quot;cfdocexamples&quot;> 
SELECT Course_ID, Dept_ID, CorNumber,CorName, CorLevel, CorDesc 
FROM CourseList 
ORDER by Dept_ID ASC, CorNumber ASC 
</cfquery> 

<html> 
<head> 
<title>cfgrid の例</title> 
</head> 
<body> 
<h3>cfgrid の例</h3> 
<I>コースの名前、レベル、説明に関する情報を更新することができます。</i> 
<! ---cfgrid コントロールの前後を cfform タグで囲む必要があります。---> 
<cfform action = &quot;#CGI.SCRIPT_NAME#&quot;> 
<cfgrid name = &quot;FirstGrid&quot; width = &quot;500&quot; 
query = &quot;GetCourses&quot; colheaderbold=&quot;Yes&quot; 
font = &quot;Tahoma&quot; rowHeaders = &quot;No&quot; 
selectColor = &quot;Red&quot; selectMode = &quot;Edit&quot; > 
<!---cfgridcolumn タグによりテーブルが配置され、表示が制御されます。---> 
<! ---更新に必要なプライマリキーを非表示にします---> 
<cfgridcolumn name = &quot;Course_ID&quot; display = &quot;No&quot;> 
<! --- select=&quot;No&quot; は何の影響もないようです---> 
<cfgridcolumn name = &quot;Dept_ID&quot; header = &quot;Department&quot; Select=&quot;No&quot; width=&quot;75&quot; 
textcolor=&quot;blue&quot; bold=&quot;Yes&quot;> 
<cfgridcolumn name = &quot;CorNumber&quot; header = &quot;Course ##&quot; Select=&quot;No&quot; width=&quot;65&quot;> 
<cfgridcolumn name = &quot;CorName&quot; header = &quot;Name&quot; width=&quot;125&quot;> 
<cfgridcolumn name = &quot;CorLevel&quot; header = &quot;Level&quot; width=&quot;85&quot;> 
<cfgridcolumn name = &quot;CorDesc&quot; header = &quot;Description&quot; width=&quot;125&quot;> 
</cfgrid> 
<br> 
<cfinput type=&quot;submit&quot; name=&quot;gridEntered&quot;> 
</cfform> 
</body> 
</html>

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合