トラブルシューティング

インストール時に発生する一般的な問題は、次の手順に従うことで解決できる場合があります。

一般的なインストール問題

TEMP または TMP 環境変数にスペースが含まれる (Windows のみ)

問題 :

Windows の TMP または TEMP 環境変数のパスにスペースが含まれていると、インストーラはアーカイブからの抽出を実行した後に停止します。

解決策 :

TEMP または TMP 環境変数を変更して、スペースを含まないようにします。

ダウンロードに失敗する

問題 :

InstallAnywhere により、他のインストール場所の選択を促すメッセージが表示されます。しかし、どの場所を選択しても、インストールに失敗します。

解決策 :

完全なインストールファイルをダウンロードしたことを確認します。ダウンロードしていない場合には、再度ファイルのダウンロードを実行します。

問題 :

ColdFusion インストールファイルを Apple Macintosh にダウンロードしようとすると、完了する前にダウンロードが停止しますが、ブラウザにはダウンロードが完了したことが示されます。

解決策 :

Safari を使用している場合、次の手順を実行します。

  1. ダウンロードを開始します。
  2. ダウンロードウィンドウを開きます (Option + Command + L)。
  3. ダウンロードが中断されているように見えたら、「停止 (X)」ボタンをクリックします。
  4. 再開ボタンをクリックします。Safari は、中断したところからダウンロードを継続します。
  5. 必要に応じて手順 3 と 4 を繰り返します。

サーバーエラー

問題 :

サーバー自体から、またはリモートで CFM ページにアクセスしようとしている場合に、次のエラーが発生します。

サーバーエラー
サーバーで内部エラーが発生し、リクエストを完了できませんでした。

解決策 :

システムの設定」の「Web サーバーの設定」で説明しているように、Web サーバー設定ツールを実行して、Web サーバーコネクタの設定を解除して再設定します。

ColdFusion サーバーを起動できない

問題 :

Windows SP2 ファイアウォールのインストール後、ColdFusion サービスを開始できません。

解決策 :

Windows XP Service Pack 2 をインストールすると、デフォルトで Windows ファイアウォールが有効になります。この状態では ColdFusion が正常に機能しません。詳しくは、テクニカルノート(www.adobe.com/jp/support/coldfusion/ts/documents/windowsspxp2.htm)を参照してください。

Flash フォームの表示エラー

問題 :

Flash フォームが設定された ColdFusion ページを表示しようとすると、次のエラーが発生します。




Error /CFIDE/gettingstarted/community/webroot/index.cfm:-1 macromedia.css.LocatorParser Error /CFIDE/gettingstarted/community/webroot/inde.mxml:381 The class 'mx.rpc.RemoteClassRelayResponder' could not be loaded.

解決策 :

Apache や IIS などの外部 Web サーバーを使用している場合、スタート/プログラム/Adobe/ColdFusion 2016/Web サーバー設定ツールの順に選択して Web サーバー設定ツールを実行します。また、ポート 8500 を使用するビルトインサーバーも試してみてください。詳しくは、「システムの設定」の「Web サーバーの設定」を参照してください。

ColdFusion ページを表示するとダウンロードウィンドウが現れる

問題 :

以前のバージョンの ColdFusion では、IIS を使用してファイル拡張子 .cfm を ICSF.dll にマッピングしていましたが、ColdFusion ではファイル拡張子 .cfm をどの .dll ファイルにもマッピングしていませんでした。したがって、IIS 5.0 を使用している環境で ColdFusion ページを表示すると、ページが実行される代わりに、ダウンロードウィンドウが表示されます。

解決策 :

スタート/プログラム/Adobe/ColdFusion 2016/Web サーバー設定ツールを選択して、Web サーバー設定ツールを起動します。詳しくは、「システムの設定」の「Web サーバーの設定」を参照してください。

ColdFusion Administrator が暗号化されたぺージとして表示される

問題 :

ColdFusion のインストール後に Windows XP SP2 をインストールした場合、ColdFusion Administrator を起動すると、Administrator が暗号化されたページとして表示されます。

解決策 :

Windows XP SP2 アップデートにより、ColdFusion の IIS マッピングが無効になる場合があります。バッチスクリプトを実行して IIS コネクタをアンインストールした後、再インストールを実行します。詳しくは、「システムの設定」の「Web サーバーの設定」を参照してください。

ColdFusion が開始されない

問題:

McAfee Privacy Service がシステムにインストールされている場合、ColdFusion が開始されません。

解決策 :

McAfee Privacy Service を削除します。

データソースに関する問題

Microsoft Access データソースを追加できない

問題 :

Microsoft Access データソースを追加しようとすると、エラーが発生します。

解決策 :

ODBC サービスをインストールして起動するか、Unicode ドライバで Microsoft Access を使用します。

ODBC サービスが正しくインストールされない

問題 :

ODBC サービスが正しくインストールされません。

解決策 :

次のコードを使用して、既存の ODBC サービスを削除します。

writeOutput("Installing ODBC Services...<br>");
returnValue = myObj.installODBCservice();
writeOutput("ODBC Services installed");
</cfscript>

その後、次のコードを使用して ODBC サービスを再インストールします。

writeOutput("Removing ODBC Services...<br>");
returnValue = myObj.removeODBCservice();
writeOutput("ODBC Services removed");
</cfscript>

CLOB フィールドが存在していると Oracle 11 データベースに対して INSERT または UPDATE を実行できない

問題 :

Oracle では、列のサイズが 4 KB までに制限されています。列のサイズが 4 KB のサイズ制限を超えている場合、cfinsert タグや cfupdate タグを使用しようとすると、次のエラーが発生します。

ORA-01704: リテラル文字列が長すぎます

解決策 :

このエラーを回避するには、cfquery タグまたは cfqueryparam タグを使用します。

移行に関する問題

データソースが認識されない

問題 :

以前のバージョンの ColdFusion から ColdFusion 2016 に移行すると、アプリケーションがデータソースを認識しません。

解決策 :

データソースの再定義を行います。

Dreamweaver で CFC が認識されない

問題 :

以前のバージョンの ColdFusion から ColdFusion 2016 に移行すると、CFC が Dreamweaver の「コンポーネント」パネルに表示されません。

解決策 :

マッピングを確認し、必要に応じてマッピングを更新します。

インストールに失敗する

問題 :

/tmp パーティションが noexec にマウントされている UNIX および Linux システムに ColdFusion をインストールしようとすると、インストールに失敗します。

解決策 :

これはインストールが、インストーラランタイムの解凍および実行に /tmp ディレクトリを使用しようとすることが原因で発生します。この問題を回避するには、IATEMPDIR 環境変数を、システム上で実行アクセス許可を持つディレクトリに設定してから、インストーラを実行する必要があります。

問題 :

ColdFusion をインストールしようとすると、インストールが失敗し、次のエラーが発生します。

"java.lang.OutOfMemoryError Invocation of this Java Application has caused an InvocationTargetException. This application will now exit. (LAX)"

解決策 :

インストーラによる JRE の抽出先となるディレクトリ (例えば /tmp) をクリーンアップする必要があります。

J2EE 設定に関する問題

問題 :

Red Hat Enterprise Linux 4 に ColdFusion をインストールすると、インストールスクリプトで C++ 互換パックに関する警告が正しくレポートされません。

解決策 :

C++ ベースのカスタム CFX タグを使用する予定がある場合は、システムに compat-libstdc++ パッケージと glibc パッケージがインストールされているかどうかを検索し、必要に応じてインストールする必要があります。すべてのパッケージを検索して grep コマンドをフィルターとして使用するか、正確なパッケージ名を指定して検索を行ってください。例えば、rpm -qa | grep compat-libstdc+ コマンドを入力すると、すべてのパッケージが検索され、文字列 compat-libstdc でフィルターまたは grep されます。このコマンドを実行すると、compat-libstdc-33-3.2.3-47.3 と compat-libstdc+-296-2.96-132.7.2 のように、2 つの結果が返される場合があります。

インストール後に発生する問題

CLOB およびデータの破損

問題 :

ColdFusion の日本語版、および NLS_Characterset JA16SJJS が設定された Oracle 8/9 を使用しているときに、CLOB の破損とデータの破損が発生します。

解決策 :

JDBC の URL で codepageoverride=MS932 を設定します。

サポートされていないキーサイズまたはアルゴリズムのパラメータ

問題:

IBM JVM 1.4.1 上の WebSphere 5.1 で ColdFusion を実行しているときに、「Unsupported keysize or algorithm parameters」という例外が発生します。

解決策 :

次の手順に従って、制限のない管轄ポリシーファイルをインストールします。

  1. IBM SDK 1.4 用の無制限 JCE ポリシーファイルを、https://www6.software.ibm.com/dl/jcesdk/jcesdk-p からダウンロードしてインストールします。
  2. ファイルを解凍します。
  3. このリンクから解凍したファイルを、jre/lib/security ディレクトリにコピーします。
  4. WebSphere を再起動します。

仮想マッピングリソースパス /* が機能しない

問題:

仮想マッピングリソースパス /* を追加しても機能しません{{。}}

解決策:

仮想マッピングとして WEB-INF を含んだワイルドカードリソースパスに、ディレクトリをマップしないでください。ColdFusion MX 6.1 では、特定の方法で ClassLoader を設定した場合に伴う副次的な効果により、このパスが機能していました。ColdFusion MX 7 以降では、ClassLoader はすべてのエディションで一貫性を持ちます。つまり、ColdFusion ClassLoader は、アプリケーションサーバーの ClassLoader と混在できなくなりました。この変更は、ColdFusion MX 7 が確実に一貫した方法でスタンドアローンサーバーで動作するために実行され、証明済み J2EE アプリケーションサーバーへの EAR/WAR としてデプロイされました。----

アンインストールに関する問題

COM が無効になる

問題 :

以前のバージョンの ColdFusion がシステムにインストールされている場合、ColdFusion をアンインストールすると、COM が無効になります。

解決策 :

以前のバージョンの ColdFusion に関連付けられた typeviewer.dll ファイルを再登録します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー