アドビがアプリやサービスの開発を中止した理由について

アドビが現在、Edge Animate や Fireworks などの Creative Cloud アプリや、Creative Cloud マーケットなどのサービスの開発を積極的に行っていない理由について説明します。

お客様にとって最も価値のある機能に集中するために、一部の製品やサービスの積極的な開発を中止することがあります。多くの場合、これらの製品やサービスのコア機能は、他のアドビツールでご利用いただけます。

現在開発を行っていない Creative Cloud アプリ/サービス

  • Fireworks CS6
  • Prelude
  • Edge Animate、Edge Inspect、Edge Reflow、および Edge Code。Adobe Edge のすべての製品が Creative Cloud から削除されました。詳細については、「Edge 製品ファミリーの開発終了」を参照してください。
  • Creative Cloud マーケット。無料のブラシ、テンプレート、アセットを利用する方法については、「Creative Cloud Market を利用できない」を参照してください。

開発が中止されたアプリをインストールする方法

Creative Cloud コンプリートプランを契約している場合、開発が中止された一部のアプリを引き続きダウンロードできます。

注意:

ただし、すべての開発中止アプリケーションが利用できるわけではありません。

  1. Creative Cloud デスクトップアプリを開きます(Windows のタスクバーまたは macOS のメニューバーにある   アイコンを選択します)。

  2. 右上のアカウントアイコンを選択し、「環境設定」を選択します。

    「環境設定」を選択します。
    アカウントの環境設定を確認して、エクスペリエンスをカスタマイズします。

    表示されている画面が図と異なる場合:

    Creative Cloud デスクトップアプリの以前のバージョンに関する説明を参照してください。

  3. 左側のサイドバーの「アプリ」タブを選択し、「古いアプリを表示」オプションを有効にします。

    「古いアプリを表示」オプション。
    アプリ設定で「古いアプリを表示」オプションをアクティベートします。

  4. 完了」を選択します。

    利用可能な以前のバージョンを含め、すべてのアプリが表示されます。必要なアプリを見つけてインストールしてください

その他の関連ヘルプ

Creative Cloud アプリのダウンロード

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合