以前のバージョンの Creative Cloud アプリのインストール

Creative Cloud デスクトップアプリを使用して、Creative Cloud アプリの以前のバージョンの検索とインストールを行います。各アプリの最新バージョンと1つ前のバージョンのインストーラーを提供しています。

以前のバージョンの Creative Cloud アプリのインストール方法

注意:

Creative Cloud デスクトップアプリからインストール可能なバージョンは、以下の 2 バージョンとなります。
(※Creative Cloud WEBサイトからは以前のバージョンのインストールは出来ません)

  • 最新バージョン
  • 最新バージョンから一つ前のバージョン

詳細は、ダウンロード可能なアプリをご参照ください。

注意:

アプリの環境設定を保持するには、現在のバージョンをアンインストールしてから、以前のバージョンをインストールします。環境設定を保持するかどうかをたずねられたら、「保持」を選択します。

  1. Creative Cloud デスクトップアプリを開きます。(タスクバー(Windows)またはメニューバー(macOS)で アイコンを選択します)。

  2. アプリタブをクリックし、インストールするアプリまでスクロールして、その横にあるその他のアクションアイコン を選択します。

    Creative Cloud デスクトップアプリのアプリメニュー内に表示された、その他のアクション
    各アプリケーションタイルにある 3 つのドットをクリックすると、その他のアクションドロップダウンメニューが開きます。

  3. ドロップダウンリストで「他のバージョン」を選択します。

    「その他のオプション」の下の「他のバージョン」を示す Creative Cloud デスクトップアプリウィンドウ
    「他のバージョン」をクリックして、最も使いやすいアプリケーションのバージョンを見つけます。

  4. 表示されるリストで、インストールするバージョンのアプリを探し、「インストール
    」を選択します。

    古いバージョンのアプリケーションを表示するアプリバージョンウィンドウ
    「インストール」を選択すると、新しいポップアップウィンドウが開きます。ここで「続行」を選択します。

    アプリの希望するバージョンのインストールが開始されます。

    表示されている画面が図と異なる場合:Creative Cloud デスクトップアプリの以前のバージョンに関する説明を参照してください。


以前のバージョンのアプリを保持する方法

新しいバージョンの Creative Cloud アプリをインストールすると、初期設定では以前のバージョンが削除されます。ただし、以前のバージョンを保持するように設定できます。

大規模法人ユーザーの場合

組織が自動更新を無効にしている場合、自動更新オプションは Creative Cloud デスクトップアプリに表示されません。

  1. Creative Cloud デスクトップアプリの右上にあるアカウントアイコンを選択し、「環境設定」を選択します。

    Creative Cloud デスクトップアプリのアカウントの下に表示される環境設定メニュー
    これにより、環境設定ウィンドウが開きます。

  2. サイドバーの「アプリ」タブを選択し、「自動更新」オプションを有効にします。

    「アプリ」の下に表示される「自動更新」ボタンを切り替えます
    自動更新に切り替えると、各アプリケーションを手動で更新する必要がなくなります。

  3. 目的のアプリで、「詳細オプション」を選択します。

    詳細オプションは、「環境設定」の下の「アプリ」に移動し、自動更新ボタンを切り替えると表示されます。
    複数のアプリケーションに対して詳細オプションを選択できます。

  4. 以前のバージョンを削除」を選択解除し、「完了」を選択します。

    アプリウィンドウで「以前のバージョンを削除」の選択を解除します
    このオプションの選択を解除すると、希望するバージョンを維持しながらアプリケーションを簡単に自動更新できます。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合