Folio Builder パネルの「記事を読み込み」コマンドを使用すると、記事を Folio に読み込むことができます。

記事を読み込みダイアログボックス
記事を読み込みダイアログボックスには、記事を読み込むための複数のオプションがあります。

記事を読み込む主な方法は次の 2 つです。

フォルダーからの記事の読み込み - この方法を使用するときは、記事を読み込みダイアログボックスで「1 つの記事を読み込み」または「複数の記事を読み込み」を選択し、読み込むファイルを含むフォルダーを指定します。この方法を使用するときは、フォルダーとファイルを適切に編成する必要があります。複数の記事を読み込む場合、記事のメタデータを含む sidecar.xml ファイルの指定はオプションです。

sidecar.xml で指定されている記事の読み込み - この方法を使用するときは、ファイルへの具体的なパス名を含む sidecar.xml ファイルを作成します。このオプションは、代替レイアウトを使用する InDesign ドキュメントを読み込むとき、または異なる場所から記事を読み込むときに、特に便利です。この方法では、「従来の」 sidecar.xml ファイルを使用してドキュメントを読み込むことはできないことに注意してください。v31 で導入されたパスベースの sidecar.xml 形式を使用する必要があります。詳しくは、パスベースの sidecar.xml ファイルを使用した記事の読み込みを参照してください。

記事を読み込むためのフォルダーおよびファイルの命名規則

以下の規則は、「1 つの記事を読み込み」および「複数の記事を読み込み」オプションに対するものであり、「sidecar.xml を使用して読み込み」オプションには適用されません。

  • 複数の記事を同時に読み込む場合は、複数の記事フォルダーを含んだ 1 つの Folio フォルダーを作成し、「複数の記事を読み込み」を選択して、記事サブフォルダーを含んだ Folio フォルダーを指定します。
  • 2 方向 Folio の場合は、記事フォルダー内に 2 つの InDesign ドキュメントを置きます。これらのドキュメントの名前には _h サフィックスと _v サフィックスを付ける必要があります(例:article1_h.indd、article1_v.indd)。
  • 2 方向の Folio の HTML ソースファイルは、1 つの HTML ファイル(index.html など)または 2 つの HTML ファイル(index_v.html と index_h.html など)を含むことができます。2 つのファイルは、横方向と縦方向で異なる HTML コンテンツを使用する場合にのみ使用してください。
  • 1 方向 Folio の記事フォルダーに _h および _v サフィックスの付いた 2 つの InDesign ファイルが含まれる場合は、適切なレイアウトのみが使用されます。
  • 1 方向 Folio の HTML 記事の場合、HTML ファイルのサフィックス(index_v.html や index_h.html など)を指定します。
  • 各記事フォルダーには、目次(TOC)のサムネールに使用する PNG ファイルを含めることができます。このファイルがない場合、目次の画像は自動的に生成されます。最良の結果を得るために、画像アセットを記事フォルダーではなく Links サブフォルダーに保持し、PNG 画像が誤って TOC に使用されないようにすることをお勧めします。

複数の記事を読み込むためのフォルダー構造を作成する

フォルダー構造をセットアップするときには、様々な方法で記事ファイルを編成できます。InDesign で設定したリンク先のファイルは、記事フォルダー内にある必要はありません。InDesign で検出できる任意のフォルダーに保存できます。

ファイル名とフォルダー名は簡潔にすることをお勧めします。特殊文字は使用しないでください。記事フォルダーの名前が、navto コマンドで参照するときの記事の名前になることに注意してください。

サンプルファイル構造
サンプルファイル構造

A. Folio フォルダー B. 記事フォルダー 

複数の記事を単方向 Folio に読み込む場合、各記事フォルダー内に置くドキュメントは 1 つずつにしてください。単方向の Folio でも、InDesign ファイルの名前には _h または _v のサフィックスを付ける必要があります。単方向の記事と 2 方向の記事を同じ Folio 内で組み合わせることはできません。

縦置きの記事のみの Folio
縦置きの記事のみの Folio

記事読み込み用のメタデータサイドカーファイルを作成する

メタデータ sidecar.xml ファイルは、ファイルを読み込むときに記事を順序付けてメタデータを適用するためのオプションの方法です。サイドカーファイルを作成するには、テキストエディターまたは XML エディターを使用して個々の記事に関するメタデータを入力し、sidecar.xml というファイル名で、Folio フォルダーのルートに保存します。

現時点では、sidecar.xml 形式では一部の記事プロパティが利用できません。

注意:

sidecar.xml には 2 種類の形式があります。「従来の」 sidecar.xml ファイルは、Folio フォルダーから複数の記事を読み込むときに使用します。パスベースの sidecar.xml ファイルは、代替レイアウトが使用されている InDesign ドキュメントを読み込むときに使用します(パスベースの sidecar.xml ファイルを使用した記事の読み込みを参照)。 これら 2 つの sidecar.xml 形式の間に互換性はありません。

sidecar.xml 生成ツールでの記事の順序の変更

このテキストをテキストエディターにコピー&ペーストし、必要に応じて編集してください。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?>

<sidecar>

<entry>

<folderName>Article One</folderName>

<articleTitle>title</articleTitle>

<byline>byline</byline>

<kicker>kicker</kicker>

<description>description</description>

<tags>tag1, tag2</tags>

<isAd>false</isAd>

<hideFromTOC>true</hideFromTOC>

<smoothScrolling>never</smoothScrolling>

<isFlattenedStack>false</isFlattenedStack>

<isTrustedContent>true</isTrustedContent>

<articleAccess>free</articleAccess>

<section>section name</section>

</entry>

<entry>

<folderName>Article Two</folderName>

<articleTitle>article 2</articleTitle>

<byline>byline</byline>

<kicker>kicker</kicker>

<description>description</description>

<tags>tag1, tag2</tags>

<isAd>false</isAd>

<hideFromTOC>true</hideFromTOC>

<smoothScrolling>never</smoothScrolling>

<isFlattenedStack>false</isFlattenedStack>

<isTrustedContent>true</isTrustedContent>

<articleAccess>metered</articleAccess>

<section>section name</section>

</entry>

</sidecar>

<isAd>、<isFlattenedStack>、<isTrustedContent> の有効な値は「true」と「false」です。HTML 記事に対して、<isFlattenedStack> の値により「水平スワイプのみ」が有効かどうか、<isTrustedContent> の値により「資格情報へのアクセスを許可」オプションが選択されているかどうかが決まります。

<smoothScrolling> タグに指定できる値は「always」、「portrait」、「landscape」および「never」です。デフォルト値は「never」で、スクロールの動作がページにスナップすることを意味します。

有効な <articleAccess> の値には「free」、「metered」および「protected」が含まれています。

Byline メタデータとしては <byline> または <author> のいずれかを使用できます。

<section> のエントリーには、「Lifestyle」などの文字列を指定します。セクションの値は、v23 以降の Folio でのみ有効です。

<entry> セクションの順序によって、プロジェクトを作成または更新するときにプロジェクトの記事の順序が決まります。ここに記述されていないフォルダー名の記事は、他の記事の下に表示されます。各 <entry> 内の要素の順序は重要ではありません。

sidecar.xml を使用して複数の記事をインポートする

  1. サイドカーファイルを作成するには、テキストエディターまたは XML エディターを使用して個々の記事に関するメタデータを入力します。

  2. sidecar.xml というファイル名で、Folio フォルダーのルートに保存します。

  3. Folio Builder パネルで、Folio を選択し、パネルメニューから「記事を読み込み」を選択します。記事を読み込みダイアログボックスで、「複数の記事を読み込み」を選択し、sidecar.xml ファイルを含むフォルダーを指定して、「OK」をクリックします。

sidecar.xml を使用して記事のプロパティを更新する

sidecar.xml ファイルを使用して記事のメタデータを更新するか、記事の順序を変更する場合は、Folio Builder パネルを使用して sidecar.xml ファイルを読み込むことができます。

この方法は、サーバーにアップロード済みの Folio に対してのみ有効であり、ローカルの Folio には有効ではありません。

  1. Folio の sidecar.xml ファイルを作成または編集します。記事読み込み用のメタデータサイドカーファイルを作成するを参照してください。

    注意:

    現在はバグのために sidecar.xml ファイルを正しく編集できません。これを解決するには、<metadataUpdateOnly/> 要素を <sidecar> 要素の後ろに追加してエラーメッセージが表示されないようにします。

    メタデータの更新のみ
  2. sidecar.xml ファイルをそれ自身のフォルダーにコピーまたは移動します。

  3. Folio Builder パネルで、編集する Folio を開き、パネルメニューから「記事を読み込み」を選択します。

  4. 「複数の記事を読み込み」を選択し、sidecar.xml ファイルがあるフォルダーを指定して、「OK」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー