Dreamweaver でイメージ、ムービー、カラー、スクリプト、リンク、およびライブラリ項目などのアセットを使用する方法について説明します。

アセットについて

Adobe Dreamweaver を使用すると、イメージ、ムービー、カラー、スクリプト、リンクなど、サイトに保存されているアセットを管理およびプレビューすることができます。またアセットは、現在のドキュメントのページに直接ドラッグして挿入することができます。

アセットは様々なソースから取得します。例えば、Adobe® Fireworks® や Adobe® Flash® などのアプリケーションでアセットを作成したり、共同作業者からアセットを受け取ることができます。また、クリップアートの CD からアセットをコピーしたり、グラフィック Web サイトからイメージをコピーすることも可能です。

Dreamweaver では、ライブラリとテンプレートという 2 つの特殊なアセットにもアクセスできます。いずれもリンクされたアセットなので、Dreamweaver ライブラリ項目またはテンプレートを編集すると、 はこれらのアセットを使用しているすべてのドキュメントを更新します。通常、ライブラリ項目は、サイトロゴや著作権表示など、小さなデザインアセットを表しています。大きなデザイン領域を制御する場合は、ライブラリ項目ではなくテンプレートを使用します。

ライブラリ項目について

ライブラリとは、Web ページに配置するために作成した個別のアセットの集合体またはコピーが格納される、Dreamweaver の特殊なファイルです。ライブラリにあるこれらのアセットは、ライブラリ項目と呼ばれます。ライブラリに保存できる項目には、イメージ、テーブル、サウンド、 Adobe Flash で作成されたファイルなどがあります。ライブラリ項目を編集するたびに、その項目を使用しているすべてのページが自動的に更新されます。

例えば、ある企業のために大規模なサイトを構築しているとします。その企業は、各ページにスローガンを表示したいと考えています。この場合、スローガンを含んだライブラリ項目を作成し、それを各ページで使用することができます。スローガンに変更があった場合、ライブラリ項目を編集すれば、各ページにあるスローガンが自動的に更新されます。

Dreamweaver では、各サイトのローカルルートフォルダー内の Library フォルダーにライブラリ項目が保存されます。各サイトには、独自のライブラリがあります。

ライブラリ項目は、テキスト、テーブル、フォーム、Java アプレット、プラグイン、ActiveX エレメント、ナビゲーションバー、イメージなど、ドキュメントの body セクションに含まれる任意のエレメントから作成できます。

イメージなど、リンクされている項目については、項目への参照だけがライブラリに格納されます。ライブラリ項目が正常に動作するためには、元のファイルが指定位置に保存されている必要があります。

ただし、ライブラリ項目にイメージを保存しておく方が便利な場合もあります。例えば、ライブラリ項目に完全な img タグを格納すると、サイト全体を通して、イメージの alt テキストを簡単に変更したり、src 属性を変更したりすることができます(ただし、イメージの width 属性と height 属性を変更する場合は、イメージエディターを使用してイメージの実際のサイズを変更するのでない限り、この方法を使用しないでください)。

注意:

ライブラリ項目にリンクが含まれていると、リンクが新しいサイトで動作しない場合があります。また、ライブラリ項目内のイメージは、新しいサイトにはコピーされません。

ライブラリ項目を使用する場合、Dreamweaver により Web ページには、ライブラリ項目自体ではなく、ライブラリ項目へのリンクが挿入されます。つまり、Dreamweaver によりそのライブラリ項目の HTML ソースコードのコピーがドキュメントに挿入され、元の外部項目への参照を含む HTML コメントが追加されます。この外部項目への参照によって、自動更新が可能になっています。

Dreamweaver ビヘイビアーが適用されているエレメントを含むライブラリ項目を作成すると、Dreamweaver はエレメントおよびそのイベントハンドラー(onClickonLoadonMouseOver など、アクションのトリガーとなるイベントを指定するための属性や、イベントが発生したときに呼び出すアクション)をライブラリ項目ファイルにコピーします。Dreamweaver では、関連付けられた JavaScript 関数はライブラリ項目にコピーされません。ただし、ライブラリ項目をドキュメントに挿入すると、適切な JavaScript 関数がまだ配置されていなければ、Dreamweaver によってドキュメントの head セクションに自動的に挿入されます。

注意:

JavaScript を手作業でコーディングする(Dreamweaver のビヘイビアーを使用せずに作成する)場合は、「JavaScript の呼出し」ビヘイビアーを使用してコードを実行すると、ライブラリ項目の一部にすることができます。コードの実行に Dreamweaver のビヘイビアーを使用しない場合、コードはライブラリ項目の一部として保持されません。

ライブラリ項目のビヘイビアーを編集する場合、特別な条件があります。スタイルシートのエレメントのコードは head セクションに属するため、スタイルシートをライブラリ項目に含めることはできません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー