マニュアル キャンセル

ライブラリ項目の操作

  1. Dreamweaver ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. レスポンシブ web デザインの基本
    2. Dreamweaver の新機能
    3. Dreamweaver を使用した web 開発 - 概要
    4. Dreamweaver / よくある質問
    5. キーボードショートカット
    6. Dreamweaver の必要システム構成
    7. 機能の概要
  3. Dreamweaver と Creative Cloud
    1. Dreamweaver 設定と Creative Cloud の同期
    2. Dreamweaver での Creative Cloud ライブラリ
    3. Dreamweaver での Photoshop ファイルの使用
    4. Adobe Animate と Dreamweaver の操作
    5. ライブラリから web 用に最適化された SVG ファイルを抽出する
  4. Dreamweaver のワークスペースとビュー
    1. Dreamweaver ワークスペース
    2. ビジュアル開発のための Dreamweaver ワークスペースの最適化
    3. ファイル名またはコンテンツに基づいたファイルの検索 | Mac OS
  5. サイトの設定
    1. Dreamweaver サイトについて
    2. ローカルバージョンのサイトの設定
    3. Publishing server への接続
    4. テストサーバーの設定
    5. Dreamweaver サイトの設定の読み込みおよび書き出し
    6. リモートサーバーからローカルサイトのルートに既存の web サイトを取り込む
    7. Dreamweaver のアクセシビリティ機能
    8. 詳細設定
    9. ファイル転送に関するサイト環境設定の設定
    10. Dreamweaver でのプロキシサーバー設定の指定
    11. Dreamweaver 設定と Creative Cloud の同期
    12. Dreamweaver での Git の使用
  6. ファイルの管理
    1. ファイルの作成およびオープン
    2. ファイルとフォルダーの管理
    3. サーバーからのファイルの取得とサーバーへのファイルの送信
    4. ファイルのチェックインとチェックアウト
    5. ファイルの同期
    6. ファイルの違いの比較
    7. Dreamweaver サイト内のファイルおよびフォルダーのクローク
    8. Dreamweaver サイトでのデザインノートの有効化
    9. Gatekeeper の脆弱性の悪用を防ぐ
  7. レイアウトとデザイン
    1. レイアウト用ビジュアルエイドの使用
    2. CSS を使用したページのレイアウトについて
    3. Bootstrap を使用したレスポンシブな web サイトのデザイン
    4. Dreamweaver でのメディアクエリーの作成と使用
    5. テーブルを使用したコンテンツの表示
    6. カラー
    7. 可変グリッドレイアウトによるレスポンシブデザイン
    8. Dreamweaver 内の Extract
  8. CSS
    1. カスケーディングスタイルシートについて
    2. CSS デザイナーを使用したページのレイアウト
    3. Dreamweaver での CSS プリプロセッサーの使用
    4. Dreamweaver で CSS スタイルの環境設定を行う方法
    5. Dreamweaver での CSS ルールの移動
    6. Dreamweaver でのインライン CSS の CSS ルールへの変換
    7. Div タグの操作
    8. 背景へのグラデーションの適用
    9. Dreamweaver での CSS3 移行効果の作成および編集
    10. コードのフォーマット
  9. ページコンテンツとアセット
    1. ページプロパティの設定
    2. CSS 見出しプロパティおよび CSS リンクプロパティの設定
    3. テキストの操作
    4. テキスト、タグ、属性の検索と置換
    5. DOM パネル
    6. ライブビューでの編集
    7. Dreamweaver でのドキュメントのエンコード
    8. ドキュメントウィンドウでのエレメントの選択および表示
    9. プロパティインスペクターでのテキストプロパティの設定
    10. web ページのスペルチェック
    11. Dreamweaver での区切り線の使用
    12. Dreamweaver でのフォントの組み合わせの追加と変更
    13. アセットを使用した作業
    14. Dreamweaver での日付の挿入と更新
    15. Dreamweaver でのお気に入りアセットの作成と管理
    16. Dreamweaver でのイメージの挿入と編集
    17. メディアオブジェクトの追加
    18. Dreamweaver でのビデオの追加
    19. HTML5 ビデオの挿入
    20. SWF ファイルの挿入
    21. オーディオエフェクトの追加
    22. Dreamweaver での HTML5 オーディオの挿入
    23. ライブラリ項目の操作
    24. Dreamweaver でのアラビア語およびヘブライ語のテキストの使用
  10. リンクおよびナビゲーション
    1. リンクおよびナビゲーションについて
    2. リンク
    3. イメージマップ
    4. リンクのトラブルシューティング
  11. jQuery Widget と効果
    1. Dreamweaver での jQuery UI Widget と Mobile Widget の使用
    2. Dreamweaver での jQuery 効果の使用
  12. web サイトのコーディング
    1. Dreamweaver でのコーディングについて
    2. Dreamweaver のコーディング環境
    3. コーディングの環境設定
    4. コードカラーリングのカスタマイズ
    5. コードの記述と編集
    6. コードヒントとコード補完機能
    7. コードの折りたたみと展開
    8. スニペットでコードを再利用する
    9. 構文チェックコード
    10. コードの最適化
    11. デザインビューでのコードの編集
    12. ページのヘッドコンテンツの操作
    13. Dreamweaver でのサーバーサイドインクルードの挿入
    14. Dreamweaver でのタグライブラリの使用
    15. Dreamweaver へのカスタムタグの読み込み
    16. JavaScript ビヘイビアーの使用(基本操作)
    17. JavaScript に組み込まれているビヘイビアーの適用
    18. XML および XSLT について
    19. Dreamweaver でのサーバーサイド XSL 変換の実行
    20. Dreamweaver でのクライアントサイド XSL 変換の実行
    21. Dreamweaver での XSLT の文字エンティティの追加
    22. コードのフォーマット
  13. 製品間ワークフロー
    1. Dreamweaver への拡張機能のインストールと使用
    2. Dreamweaver のアプリ内アップデート
    3. Dreamweaver での Microsoft Office 文書の挿入(Windows のみ)
    4. Fireworks および Dreamweaver による作業
    5. Contribute を使用した Dreamweaver サイトでのコンテンツの編集
    6. Dreamweaver と Business Catalyst の統合
    7. パーソナライズされた電子メールキャンペーンの作成
  14. テンプレート
    1. Dreamweaver テンプレートについて
    2. テンプレートおよびテンプレートから作成されたドキュメントの認識
    3. Dreamweaver テンプレートの作成
    4. テンプレート編集可能領域の作成
    5. Dreamweaver でのリピート領域およびテーブルの作成
    6. テンプレートの任意の領域の使用
    7. Dreamweaver での編集可能なタグ属性の定義
    8. Dreamweaver でネストされたテンプレートを作成する方法
    9. テンプレートの編集、更新、削除
    10. Dreamweaver での xml コンテンツの書き出しおよび読み込み
    11. 既存のドキュメントでのテンプレートの適用または削除
    12. Dreamweaver テンプレートでのコンテンツの編集
    13. Dreamweaver でのテンプレートタグのシンタックスルール
    14. テンプレート領域のハイライト表示の環境設定
    15. Dreamweaver でテンプレートを使用する利点
  15. モバイルとマルチスクリーン
    1. メディアクエリーの作成
    2. モバイルデバイス向けのページ方向の変更
    3. Dreamweaver を使用したモバイルデバイス向けの web アプリの作成
  16. 動的サイト、ページおよび web フォーム
    1. web アプリケーションについて
    2. アプリケーション開発のためのコンピューター設定
    3. データベース接続のトラブルシューティング
    4. Dreamweaver での接続スクリプトの削除
    5. 動的ページのデザイン
    6. 動的コンテンツソースの概要
    7. 動的コンテンツのソースの定義
    8. ページへの動的コンテンツの追加
    9. Dreamweaver での動的コンテンツの変更
    10. データベースのレコードの表示
    11. Dreamweaver でのライブデータの入力とトラブルシューティング
    12. Dreamweaver でのカスタムサーバービヘイビアーの追加
    13. Dreamweaver を使用したフォームの作成
    14. フォームを使用したユーザーからの情報の収集
    15. Dreamweaver での ColdFusion フォームの作成と有効化
    16. web フォームの作成
    17. フォームエレメントの HTML5 サポート強化
    18. Dreamweaver を使用したフォームの開発
  17. アプリケーションのビジュアル開発
    1. Dreamweaver でのマスターページと詳細ページの作成
    2. 検索ページと結果ページの作成
    3. レコード挿入ページの作成
    4. Dreamweaver でのレコードの更新ページの作成
    5. Dreamweaver でのレコード削除ページの作成
    6. Dreamweaver での ASP コマンドによるデータベースの修正
    7. 登録ページの作成
    8. ログインページの作成
    9. 許可されたユーザーのみがアクセスできるページの作成
    10. Dreamweaver を使用した ColdFusion のフォルダーの保護
    11. Dreamweaver での ColdFusion コンポーネントの使用
  18. web サイトのテスト、プレビュー、パブリッシュ
    1. ページのプレビュー
    2. 複数のデバイスでの Dreamweaver web ページのプレビュー
    3. Dreamweaver サイトのテスト

 

このトピックでは、Dreamweaver でライブラリ項目を作成し、ドキュメントにライブラリ項目を挿入および編集します。

ライブラリとは、Web ページに配置するために作成した個別のアセットの集合体またはコピーが格納される、Dreamweaver の特殊なファイルです。ライブラリにあるこれらのアセットは、ライブラリ項目と呼ばれます。ライブラリに保存できる項目には、イメージ、テーブル、サウンド、 Adobe Flash で作成されたファイルなどがあります。ライブラリ項目を編集するたびに、その項目を使用しているすべてのページが自動的に更新されます。

例えば、ある企業のために大規模なサイトを構築しているとします。その企業は、各ページにスローガンを表示したいと考えています。この場合、スローガンを含んだライブラリ項目を作成し、それを各ページで使用することができます。スローガンに変更があった場合、ライブラリ項目を編集すれば、各ページにあるスローガンが自動的に更新されます。

Dreamweaver では、各サイトのローカルルートフォルダー内の Library フォルダーにライブラリ項目が保存されます。各サイトには、独自のライブラリがあります。

ライブラリ項目は、テキスト、テーブル、フォーム、Java アプレット、プラグイン、ActiveX エレメント、ナビゲーションバー、イメージなど、ドキュメントの body セクションに含まれる任意のエレメントから作成できます。

イメージなど、リンクされている項目については、項目への参照だけがライブラリに格納されます。ライブラリ項目が正常に動作するためには、元のファイルが指定位置に保存されている必要があります。

ただし、ライブラリ項目にイメージを保存しておく方が便利な場合もあります。例えば、ライブラリ項目に完全な img タグを格納すると、サイト全体を通して、イメージの alt テキストを簡単に変更したり、src 属性を変更したりすることができます(ただし、イメージの width 属性と height 属性を変更する場合は、イメージエディターを使用してイメージの実際のサイズを変更するのでない限り、この方法を使用しないでください)。

注意:

ライブラリ項目にリンクが含まれていると、リンクが新しいサイトで動作しない場合があります。また、ライブラリ項目内のイメージは、新しいサイトにはコピーされません。

ライブラリ項目を使用する場合、Dreamweaver により Web ページには、ライブラリ項目自体ではなく、ライブラリ項目へのリンクが挿入されます。つまり、Dreamweaver によりそのライブラリ項目の HTML ソースコードのコピーがドキュメントに挿入され、元の外部項目への参照を含む HTML コメントが追加されます。この外部項目への参照によって、自動更新が可能になっています。

Dreamweaver ビヘイビアーが適用されているエレメントを含むライブラリ項目を作成すると、Dreamweaver はエレメントおよびそのイベントハンドラー(onClickonLoadonMouseOver など、アクションのトリガーとなるイベントを指定するための属性や、イベントが発生したときに呼び出すアクション)をライブラリ項目ファイルにコピーします。Dreamweaver では、関連付けられた JavaScript 関数はライブラリ項目にコピーされません。ただし、ライブラリ項目をドキュメントに挿入すると、適切な JavaScript 関数がまだ配置されていなければ、Dreamweaver によってドキュメントの head セクションに自動的に挿入されます。

注意:

JavaScript を手作業でコーディングする(Dreamweaver のビヘイビアーを使用せずに作成する)場合は、「JavaScript の呼出し」ビヘイビアーを使用してコードを実行すると、ライブラリ項目の一部にすることができます。コードの実行に Dreamweaver のビヘイビアーを使用しない場合、コードはライブラリ項目の一部として保持されません。

ライブラリ項目のビヘイビアーを編集する場合、特別な条件があります。スタイルシートのエレメントのコードは head セクションに属するため、スタイルシートをライブラリ項目に含めることはできません。

選択に基づいたライブラリ項目の作成

  1. ドキュメントウィンドウで、デザインビューに切り替え、ドキュメントの一部を選択して、ライブラリ項目として保存します。

  2. ツール/ライブラリ/ライブラリにオブジェクトを追加を選択します。

  3. 新しいライブラリ項目名を入力し、Enter キー(Windows)または Return キー(Mac OS)を押します。

    Dreamweaver により、各ライブラリ項目は、サイトのローカルルートフォルダーの Library フォルダーに、ファイル拡張子 .lbi が付いた個別のファイルとして保存されます。

空のライブラリ項目の作成

  1. ドキュメントウィンドウで何も選択されていないことを確認します。

    選択されているものがあると、その選択項目が新しいライブラリ項目に配置されます。

  2. アセットパネルで、「ライブラリ」カテゴリーを選択します。

  3. パネルの下部にある「新規ライブラリ項目」ボタン をクリックします。

  4. 項目が選択されている状態で、項目の名前を入力して、Enter キー(Windows)または Return キー(Mac OS)を押します。

ライブラリ項目のドキュメントへの挿入

ライブラリ項目をページに追加すると、ライブラリ項目への参照と共に実際のコンテンツがドキュメントに挿入されます。

  1. ドキュメントウィンドウに挿入ポイントを配置します。
  2. アセットパネルで、「ライブラリ」カテゴリーを選択します。

  3. 次のいずれかの操作を実行します。
    • ライブラリ項目をアセットパネルからドキュメントウィンドウにドラッグします。
    注意:

    項目への参照をドキュメントに含めずに、ライブラリ項目のコンテンツを挿入するには、Ctrl キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、アセットパネルのライブラリ項目をドラッグします。この方法でライブラリ項目を挿入すると、ドキュメント内でライブラリ項目を編集できます。ただし、そのライブラリ項目が使用されているページを更新しても、ドキュメントは更新されません。

    • ライブラリ項目を選択し、「挿入」をクリックします。

ライブラリ項目の編集とドキュメントの更新

ライブラリ項目を編集するときは、その項目が使用されているドキュメントをすべて更新できます。更新しない場合、ドキュメントはライブラリ項目に関連付けられたまま保持されます。ドキュメントは後から更新できます。

ライブラリ項目の名前を変更してドキュメントやテンプレートとの関連付けを解除したり、サイトのライブラリからライブラリ項目を削除したり、不明なライブラリ項目を再作成することができます。

ライブラリ項目の編集

  1. アセットパネルで、「ライブラリ」カテゴリーを選択します。

  2. ライブラリ項目を選択します。
  3. 「編集」ボタンをクリックするか、またはライブラリ項目をダブルクリックします。

    ライブラリ項目の編集のために、Dreamweaver により、ドキュメントウィンドウに似た新しいウィンドウが表示されます。グレーの背景は、編集しているのがドキュメントではなくライブラリ項目であることを示しています。

  4. 変更を加えて、その内容を保存します。
  5. そのライブラリ項目を使用しているローカルサイトのドキュメントを更新するかどうかを指定します。直ちに更新するには、「更新」を選択します。「更新しない」を選択すると、ツール/ライブラリ/現在のページの更新または「サイト全体の更新」を選択するまで、ドキュメントは更新されません。

すべてのライブラリ項目に最新バージョンを使用するための現在のドキュメントの更新

  1. ツール/ライブラリ/現在のページを更新を選択します。

サイト全体、または特定のライブラリ項目が使用されているすべてのドキュメントの更新

  1. ツール/ライブラリ/サイト全体の更新を選択します。

  2. 更新場所ポップアップメニューで、更新する対象を指定します。
    • 選択したサイトのすべてのページを更新して、すべてのライブラリ項目に最新バージョンを使用するには、「サイト全体」を選択し、横のポップアップメニューでサイト名を選択します。

    • 現在のサイトで特定のライブラリ項目を使用しているすべてページを更新するには、「次を含むファイル」を選択し、横のポップアップメニューでライブラリ項目名を選択します。

  3. 「更新」オプションで「ライブラリ項目」が選択されていることを確認してください。
    注意:

    同時にテンプレートを更新する場合は、「テンプレート」も選択します。

  4. 「開始」をクリックします。

    Dreamweaver により、指定のファイルが更新されます。「ログを表示」オプションを選択した場合、Dreamweaver はファイルが正常に更新されたかどうかなどの情報をレポートとして表示します。

ライブラリ項目の名前の変更

  1. アセットパネルで、「ライブラリ」カテゴリーを選択します。

  2. ライブラリ項目を選択し、間をおいてもう一度クリックします。ダブルクリックしないでください。ダブルクリックすると、編集できるようにアセットが開いてしまいます。
  3. 新しい名前を入力します。
  4. 任意の位置をクリックするか、Enter キー(Windows)または Return キー(Mac OS)を押します。
  5. 「更新」または「更新しない」を選択して、そのライブラリ項目を使用しているドキュメントを更新するかどうかを指定します。

ライブラリからのライブラリ項目の削除

ライブラリ項目を削除すると、Dreamweaver によりライブラリ項目はライブラリから削除されますが、そのライブラリ項目が使用されているドキュメントの内容は変更されません。

  1. アセットパネルで、「ライブラリ」カテゴリーを選択します。

  2. ライブラリ項目を選択します。
  3. 「削除」ボタンをクリックするか、または Delete キーを押し、ライブラリ項目を削除することを確認します。
    注意:

    削除したライブラリ項目は、「取り消し」を使って元に戻すことはできません。ただし、ライブラリ項目を再作成することができます。

不明の、または削除されたライブラリ項目の再作成

  1. ドキュメント内のライブラリ項目のインスタンスを選択します。
  2. プロパティインスペクター(ウィンドウ/プロパティ)の「再作成」ボタンをクリックします。

ライブラリ項目のハイライト表示のカスタマイズ

「ハイライト」環境設定によって、ライブラリ項目のハイライトカラーをカスタマイズしたり、ライブラリ項目のハイライトの表示と非表示を切り替えることができます。

ライブラリ項目のハイライトカラーの変更

  1. 編集/環境設定(Windows)または Dreamweaver/環境設定(Mac OS)を選択します。
  2. 環境設定ダイアログボックスの左側にあるリストから「ハイライト」カテゴリーを選択します。
  3. 「ライブラリ項目」カラーボックスをクリックし、カラーピッカーを使用してハイライトカラーを選択します。または、テキストボックスにハイライトカラーの 16 進数値を入力します。
  4. 「表示」を選択して、ドキュメントウィンドウにハイライトカラーを表示します。
  5. 「OK」をクリックします。

ドキュメントウィンドウでハイライトの表示と非表示を切り替えるには

  1. ハイライトを表示するには、表示/デザインビューのオプション/ビジュアルエイド/不可視エレメントを選択します。ハイライトを非表示にするには、「不可視エレメント」を選択解除します。

ライブラリ項目のプロパティの編集

プロパティインスペクターを使用すると、ライブラリ項目を開いて編集したり、選択したライブラリ項目をソースファイルから切り離すことができます。また、現在選択しているライブラリ項目で項目を上書きすることもできます。

  1. ドキュメント内のライブラリ項目を選択します。
  2. プロパティインスペクター(ウィンドウ/プロパティ)で、次のいずれかのオプションを選択します。

    ソース

    ライブラリ項目のソースファイルの名前と位置が表示されます。この情報は編集できません。

    開く

    編集用にライブラリ項目のソースファイルを開きます。これは、アセットパネルのライブラリ項目を選択して「編集」ボタンをクリックする操作と同じです。

    オリジナルから切り離す

    選択したライブラリ項目とそのソースファイルの間のリンクを破棄します。ドキュメント内の切り離されたライブラリ項目を編集することはできますが、既にライブラリ項目ではないので、元のライブラリ項目を変更しても更新されません。

    再作成

    元のライブラリ項目を現在の選択項目で上書きします。元のライブラリ項目が不明、または誤って削除された場合にこのオプションを使用すると、ライブラリ項目を再作成できます。

ドキュメント内でライブラリ項目を編集可能にする

ドキュメントに追加したライブラリ項目をそのページ用に編集する場合は、ドキュメント内の項目とライブラリとのリンクを解除する必要があります。ライブラリ項目のインスタンスを編集可能にすると、ライブラリ項目を変更してもそのインスタンスは更新されなくなります。

  1. 現在のドキュメント内のライブラリ項目を選択します。
  2. プロパティインスペクター(ウィンドウ/プロパティ)の「オリジナルから切り離す」をクリックします。

ライブラリ項目のビヘイビアーの編集

ライブラリ項目のビヘイビアーを編集するには、項目をドキュメントに挿入して編集可能にする必要があります。変更を行った後は、ライブラリ内の項目をドキュメント内の編集済みの項目で置き換えて、ライブラリ項目を再作成することができます。

  1. ライブラリ項目が含まれているドキュメントを開きます。

    ライブラリ項目の名前、およびライブラリ項目に含まれる正確なタグをメモしておきます。この情報は、後で必要になります。

  2. ライブラリ項目を選択し、プロパティインスペクター(ウィンドウ/プロパティ)の「オリジナルから切り離す」をクリックします。
  3. ビヘイビアーが関連付けられているエレメントを選択します。
  4. ビヘイビアーパネル(ウィンドウ/ビヘイビアー)で、変更するアクションをダブルクリックします。
  5. 表示されるダイアログボックスで変更を行い、「OK」をクリックします。
  6. アセットパネルで、「ライブラリ」カテゴリーを選択します。

  7. 元のライブラリ項目の名前を大文字小文字の使い分けも含めて正確に記録し、元のライブラリ項目を選択し、「削除」ボタンをクリックします。
  8. ドキュメントウィンドウで、ライブラリ項目を構成しているすべてのエレメントを選択します。

    必ず、元のライブラリ項目にあったエレメントと同じものを選択してください。 

  9. アセットパネルの「新規ライブラリ項目」ボタンをクリックし、削除したライブラリ項目とスペルも大文字小文字の使い分けも同じ名前を新しいライブラリ項目に付けます。

  10. そのライブラリ項目をサイト内の他のドキュメントでも更新するには、ツール/ライブラリ/サイト全体の更新を選択します。

  11. 更新場所ポップアップメニューで、「次を含むファイル」を選択します。
  12. 隣接するポップアップメニューで、作成したライブラリ項目の名前を選択します。
  13. 「更新」オプションで、「ライブラリ項目」が選択されていることを確認し、「開始」をクリックします。
  14. 更新が完了したら、「閉じる」をクリックします。
アドビのロゴ

アカウントにログイン