アドビプロファイルの概要

1 つのメールアドレスで複数のプランを使用する Adobe Creative Cloud ユーザー向けの新しいログインエクスペリエンスについて説明します。

同じメールアドレスに関連付けられている Adobe プランが既にある場合、アドビはそれぞれのプランにプロファイルを個別に作成し、それぞれに専用のストレージを用意します。ビジネスおよび個人向けプラン全体でコンテンツを簡単に操作および整理するために、ログイン時にプロファイル(ビジネスまたは個人)を選択してから、コンテンツの作成と保存に進むことができます。これにより、お客様のビジネスにおいて、今後のクリエイティブなプロジェクトを保存、管理、安全に共同作業する方法が改善されます。

注意:

同じメールアドレスで現在どのプランを使用しているかを確認するには、account.adobe.com にアクセスしてください。

注意:

Creative Cloud 製品の利用についてお困りの方は、以下のコミュニティ記事も合わせてご参照ください。
Creative Cloud製品が利用できない場合の対処方法【グループ版ユーザー様向け】

プロファイルの紹介

プロファイルとは何ですか?

アドビプロファイルは、すべて同じ電子メールアドレスで使用されている場合、複数のアドビのビジネスプランや個人向けプラン(Creative Cloud 個人版、Creative Cloud グループ版、Creative Cloud エンタープライズ版、Adobe Acrobat DC グループ版、Acrobat DC エンタープライズ版など)を管理することができます。

法人プロファイルとは何ですか?

Creative Cloud グループ版、Creative Cloud エンタープライズ版、Acrobat DC グループ版、または Acrobat DC エンタープライズ版の使用権限を企業(つまり、企業、政府機関、教育機関などの組織)から受け取った場合、そのプランに関連付けられている アドビプロファイルは法人プロファイルになります。

個人プロファイルとは何ですか?

個人用または会社を代表して個人用のアドビプランを購入する場合、または Creative Cloud の無料メンバーシップに新規登録する場合、そのプランに関連付けられている アドビプロファイルは個人プロファイルになります。

注意:
個人プロファイルは、個別のプランと、同じ電子メールアドレスに関連付けられた少なくとも 1 つのビジネスプランがある場合にのみ適用されます。

現在のプランを表示するにはどうすればよいですか?

同じメールアドレスで現在どのプランを使用しているかを確認するには、account.adobe.com にアクセスしてください。

プロファイルを導入すると何ができるようになりますか?

個人向けプランとビジネスプランが混在している場合

新しいプロファイルエクスペリエンスの準備が完了すると、ログイン後に設定するための詳細な手順が表示されます。同じ電子メールアドレスで特定した法人プロファイルと個人プロファイルを一覧表示します。次に、Adobe クラウドストレージに現在保存されているすべてのコンテンツを移動するプロファイルを選択するように求められます。後で移動する必要がある場合は、いつでもプロファイルからコンテンツをダウンロードできます。

現在 Adobe クラウドストレージに保存されているコンテンツは、どこに移動する必要がありますか?

コンテンツとは、クラウドドキュメント、Creative Cloud ライブラリ、Adobe Photoshop Lightroom、Document Cloud、Adobe Stock、Adobe Spark、Behance、および Adobe Portfolio のファイルを指します。ハードディスク、ネットワークストレージ、Dropbox、Google Drive、OneDrive などの他のクラウドストレージサービスなど、Adobe クラウドストレージの外部に保存されているアドビのコンテンツとファイルは、これらの変更による影響を受けません。そのため、Adobe クラウドストレージの外部に保存されているコンテンツは移動されません。

アドビストレージ内のほとんどまたはすべてのコンテンツがビジネスプラン(Creative Cloud グループ版や Creative Cloud エンタープライズ版など)に関連付けられている場合は、法人プロファイルを選択してすべてのコンテンツがそこに移動されます。

プロファイル設定画面

法人プロファイルから移動する個人的なコンテンツがある場合は、後で移動できます。それまでは、プラン管理者が法人プロファイルのコンテンツを制御できる場合がありますが、チームの他のメンバーと共有しない限り、そのコンテンツにアクセスすることはできません。

プロファイル間でコンテンツを移動する方法を参照してください。

プロファイルを設定した後はどうなりますか?

アドビアカウントにログインすると、プロファイルスイッチャーが表示されますが、次のプロファイルのいずれかを選択する必要がある場合があります。

  • 個人プロファイルは、個人向けプラン(Creative Cloud 個人版など)に対応します。
  • 法人プロファイルは、ビジネス(Creative Cloud グループ版や Creative Cloud エンタープライズ版など)によって提供される使用権限に対応します。
法人プロファイルと個人プロファイルが 1 つずつあるプロファイル選択画面

注意:

個人用のアドビプランは、個人使用または会社のために購入される場合があります。いずれにせよ、アドビの個人向けプランは、個人用またはビジネス用のどちらで購入した場合でも、常に個人プロファイルに含まれます。アドビのビジネスプランのみが法人プロファイルに含まれます。

各プロファイルには、それぞれのプランに対応するアプリケーションとサービスが含まれます。例えば、Adobe Illustrator 個人版の単体プランと Creative Cloud グループ版のコンプリートプランがある場合、個人プロファイルの Illustrator と法人プロファイルのすべてのアプリケーションにアクセスできます。

Adobe クラウドストレージに保存したすべてのコンテンツは、セットアップ時に以前に選択したプロファイルに移動します。

複数のビジネスプランがある場合

同じ電子メールアドレスに関連付けられた複数のアドビビジネスプラン(Creative Cloud グループ版、Creative Cloud エンタープライズ版、Acrobat DC グループ版または Acrobat DC エンタープライズ版、Adobe Stock グループ版、または Experience Cloud など)がある場合は、ログインエクスペリエンスに法人プロファイルを導入します。

アドビアカウントにログインすると、プロファイルスイッチャーが表示される場合があります。スイッチャーを使用すると、次の項目を選択できます。

  • 各組織に提供されるビジネスプランに対応した法人プロファイル
  • 個人プロファイル。これには、Creative Cloud および Document Cloud ストレージに現在保存されているコンテンツが含まれます。
複数の法人プロファイルがある場合のプロファイル設定

注意:

ハードディスク、ネットワークストレージ、その他のクラウドストレージサービスなど、Adobe クラウドストレージの外部に保存されているコンテンツは、これらの変更による影響を受けません。

警告:

法人プロファイルの設定には数日かかる場合があります。 

プロファイルの設定中はどうなりますか?

個人プロファイルを選択して、法人プロファイルの設定中に作業を続行します。すべての Creative Cloud アプリケーションと Acrobat Pro DC へのアクセスを 60 日間、追加料金なしで自動的に個人プロファイルに含めることで、作業が中断されないようにします。これにより、進行中のファイルにアクセスし、必要に応じてプロファイル間でコンテンツを移動できます。

プロファイルを設定した後はどうなりますか?

すべての法人プロファイルが設定されると、確認メールが送信されます。設定後に、コンテンツを個人プロファイルから適切な法人プロファイルに移動することをお勧めします。

作業する法人プロファイルを選択します。これにより、対応する組織が提供するアプリケーションとサービスにアクセスできます。

プロファイルの選択

コンテンツが個人プロファイルに移動されたのはなぜですか?

複数のアドビビジネスプランが異なる組織、部門、または管理者によって提供されている場合、コンテンツがどこに属するかを予測することはできません。そのため、デフォルトで個人プロファイルに移動し、適切な法人プロファイルに移動できるようにしました。

すべての法人プロファイルを設定するのに数日かかるのはなぜですか?

ビジネスプランは、様々な組織、部門、または管理者に関連付けられています。それぞれのアドビプランは、別々の時期に更新されます。アドビは、何千ものユーザーや組織を通じてこれらの条件を管理しながら、ビジネスプランに関連する組織の更新を妥当な期間でスケジュールしようとしています。

アドビの個人向けプランにお金を払っていないのに、個人プロファイルを持っているのはなぜですか?

個人プロファイルをプロビジョニングし、60 日間無料の Creative Cloud コンプリートプランを含めました。これにより、作業の中断を減らし、セットアップ後にコンテンツを適切な法人プロファイルに移動できるようになります。

60 日間無料の Creative Cloud コンプリートプランのオファーの有効期限が切れるとどうなりますか?

60 日後、無料の Creative Cloud コンプリートプランのオファーは、デフォルトで Creative Cloud の無料メンバーシップになります。60 日以内にすべてのコンテンツを個人プロファイルから移動しなかった場合でも、個人プロファイルを選択すると、assets.adobe.com からアクセスできます。

すべての法人プロファイルを一度に表示できないのはなぜですか?

複数のビジネスプランは様々な組織に関連付けられており、それらのストレージのアップグレードは様々な時期に行われています。すべての法人プロファイルが設定されると、確認メールが送信されます。

ビジネスプランで一部のアプリケーションが見つかりません。どこで見つけることができますか?

新しいプロファイルの前は、すべてのプランが 1 か所にありました。今後、アドビの各ビジネスプランはそれぞれの法人プロファイルに含まれるようになります。したがって、プロファイルごとに異なるアドビプランがある場合があります。例えば、あるプロファイルに Creative Cloud コンプリートプランがあり、別のプロファイルに Creative Cloud 単体プランがあるとします。

アドビのロゴ

アカウントにログイン