手動でのアセットの転送

手動のアセット転送は、Adobe ID を使用していて、Business ID に移行されていない組織にのみ適用されます。

クラウドのコアコンポーネントであるストレージを使用すれば、コンテンツや関連サービスにいつでもアクセスできます。これによって、Creative Cloud アセットDocument Cloud アセットを管理できます。Creative Cloud アセットでは、ユーザー間での共同作業や共有を有効にすることもできます。Creative Cloud を使用すると、コンテンツをデスクトップと同期することもできます。自身が作成またはアップロードしたコンテンツはすべてアカウントに関連付けられます。

コンテンツは、次のいずれかの理由で移行できます。

  • Adobe ID から Enterprise/Federated ID アカウントに切り替える。詳しくは、「ID タイプの管理」を参照してください。
  • 組織のプランがグループ版からエンタープライズ版に変わります。このため、アプリケーションは新しいエンタープライズ版アカウントに関連付けられます。

アセットの移行

アセットが既存の Adobe ID アカウントにリンクされている場合は、これらのアセットを現在のアカウントから新しいエンタープライズアカウントに移行できます。移行は自動または手動のどちらでもおこなうことができます。このドキュメントでは、コンテンツを手動で移行する方法について説明します。

ファイルの移行

オンラインで保存されたファイルは、元のアカウントに関連付けられたままになります。Adobe ID アカウントからエンタープライズアカウントにファイルを移行するには、既存の Adobe ID アカウントからファイルをダウンロードします。次に、それらのファイルをエンタープライズアカウントにアップロードします。

ファイルを移行する最も簡単な方法は、Creative Cloud デスクトップ版のファイルフォルダーを使用することです。

注意:

ファイルに関連付けられたコメントやバージョンは保持されません。

Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用してファイルを同期するには、次の手順を実行します。

  1. 新しいアカウントに切り替える前に、すべてのファイルをダウンロードします。

  2. 新しいアカウントに切り替えるには、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを開き、アカウントからログアウトします。新しいアカウントにログインします。

  3. 別の保存場所を選択するには、Creative Cloud デスクトップアプリケーションの右上にある設定アイコン()をクリックします。次に、左側のパネルの「同期」に進みます。次に、フォルダーの場所を編集します。

    設定ウィンドウ

    注意:

    コンピューター上の隠しファイルと隠しフォルダーを表示できることを確認します。

    Adobe ID に関連付けられた Creative Cloud ファイルフォルダーの名前が <古い Adobe ID> Creative Cloud Files に変更されます。また、以前に同期したすべてのファイルは、フォルダーの名前が変更されてそのまま利用できます。これで、Enterprise ID が Creative Cloud ファイルフォルダーに関連付けられました。

    ルートフォルダー

  4. 以前の Adobe ID に関連付けられている Creative Cloud ファイルフォルダーから、新しい Adobe ID に関連付けられている Creative Cloud ファイルフォルダーにコンテンツをコピーします。

    ユーザーフォルダーは次の場所にあります。

    Windows: C:\Users\<ユーザー名>\
    macOS: Mac HD/Users/<ユーザー名>/

    Creative Cloud デスクトップアプリケーションが、移行したファイルの同期操作を開始します。

ライブラリの移行

オンラインで保存されたライブラリは、アカウントに関連付けられたままになります。ライブラリを別のアカウントに移行するには、別のアカウントでライブラリを共有します。次に、他のアカウントで共有を受け入れます。

  1. ライブラリを移行するソースアカウントにログインします。

  2. ライブラリすべてに移動します。

  3. 対象のライブラリで、ドロップダウン矢印をクリックして、「リンクを送信」を選択します。

  4. リンクを送信ダイアログボックスで、トグルをクリックして公開リンクを作成します。次に、リンクをコピーします。

  5. 宛先アカウント(新しいエンタープライズアカウント)でログインした後、公開リンクに移動します。

    別のブラウザーやコンピューターで公開リンクに移動するか、現在のブラウザーでアカウントからログアウトします。宛先アカウントにログインします。

  6. 宛先アカウントで、「保存」をクリックします。

上記の手順で、移行するライブラリごとに手順 3~6 を繰り返します。

他の設定の移行

設定を同期するには、Adobe ID を使用してアプリにログインし、設定を同期してログアウトトします。その後、Enterprise ID または Federated ID でログインします。これにより、デスクトップ上の最新の設定が、Enterprise ID または Federated ID を使用して Creative Cloud に同期されます。

2 つのクラウド間のモバイル作品のコピーや移動はサポートされていません。

Creative Cloud マーケットのアセットデザインライブラリのデータもアカウントに固有です。アセットを再度ダウンロードして、デザインライブラリを作成することはできます。

Adobe ID から Enterprise ID または Federated ID への Adobe Color データの移行についてサポートが必要な場合は、管理者に連絡の上、アドビカスタマーケアのチケットを作成してください。

Adobe Fonts

デスクトップ上でアクティベートしたフォントは、Creative Cloud デスクトップアプリケーションにログインしている場合にのみ使用できます。Enterprise ID でログインしている間、Adobe ID でアクティベートしたフォントは利用できません。 

デスクトップ上でフォントをアクティベートすることができます。InDesign や Illustrator などのアプリでは、ドキュメント内でフォントが見つからない場合、フォントをアクティベートするよう求めるメッセージも表示されます。

Behance

2 つの Behance アカウントが共存し、1 つは Adobe ID に、もう 1 つは Enterprise ID に関連付けられます。Behance からデータを直接移行することはできません。回避策として、Behance で次の操作を実行できます。

  1. Enterprise ID または Federated ID を使用して Behance アカウントを作成します。

  2. Adobe ID を使用して既存のアカウントにログインします。

  3. 新しいアカウントで、既存のアカウント内のプロジェクトを共同所有します。

  4. 必要に応じて、新しいアカウントにログインし、古いアカウントの共同所有者を削除します。このプロセスにより、コンテンツが移行されます。ただし、古いアカウントに関連付けられたコメントやフォロワーは移行されません。

自動で移行されないコンテンツ

次のコンテンツは自動的に移行されません。

  • アクティビティフィード
  • Adobe Anywhere
  • Adobe Color
  • Adobe Stock
  • Adobe Story
  • Adobe Fonts
  • ユーザープロファイルデータの入力と署名
  • Lightroom
  • モバイルアプリから公開されたビデオ

移行されないコンテンツは、Adobe ID アカウントで引き続き利用できます。

Lightroom Classic を使用して作成したカタログをバックアップする方法については、「カタログのバックアップ」を参照してください。

Lightroom では、ローカルストレージ環境設定で「すべての元の画像を指定した場所に保存」を有効にして、ローカルバックアップを作成することができます。詳しくは、環境設定の指定を参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン