アカウントまたはプロファイル間でのアセットの転送

ストレージは、アドビのクラウドサービスのコアコンポーネントです。クラウドストレージを使用することで、コンテンツや関連サービスにいつでもアクセスできます。これによって、Creative Cloud アセットDocument Cloud アセットを管理できます。Creative Cloud アセットでは、ユーザー間での共同作業や共有を有効にすることもできます。Creative Cloud を使用すると、コンテンツをデスクトップと同期することもできます。自身が作成またはアップロードしたコンテンツはすべてアカウントに関連付けられます。

多くの場合、ユーザーはアセットを移動する必要があります。

  • 個人の Adobe ID アカウントから企業所有のアカウントへ。
  • あるメールアドレスのアカウントから別のメールアドレスへ。メールアドレスは、代替のメールアドレスである場合もあれば、別のユーザーのメールアドレスである場合もあります。
  • プロファイル間(ビジネスプロファイル->ビジネスプロファイル、ビジネスプロファイル->個人プロファイル、個人プロファイル->ビジネスプロファイル)。

アセットが既存のアカウントまたはプロファイルにリンクされている場合は、これらのアセットを現在のアカウントまたはプロファイルから別のアカウントまたはプロファイルに移行できます。移行は自動または手動のどちらでも行うことができます。

アセットの移行

注意:

以下の移行手順では、ソースアカウントまたはプロファイルにあるコメント、バージョン情報、共有の招待、ファイルの共同作業はコピーされません。

オンラインで保存されたファイルは、アカウントまたはプロファイルに関連付けられています。ファイルを移行するには、ソースアカウントまたはプロファイルからファイルをダウンロードします。次に、それらのファイルを移行先のアカウントまたはプロファイルにアップロードします。

警告:

移行先アカウントまたはプロファイルにコピーされたファイルには、コメント、共同作業、共有リンク、ソースファイルは保持されません。

  1. Creative Cloud デスクトップアプリを開き、ソースアカウントまたはプロファイルを使用してログインしていることを確認します。

  2. ファイル同期フォルダーを開くをクリックします。

    コンピューター上の Creative Cloud ファイルフォルダーが開きます。

  3. コンピューター上の Creative Cloud ファイルフォルダーから別の場所にファイルを移動します。

    例えば、コンピューター上のダウンロードフォルダーの内部にフォルダーを作成し、ファイルをそのフォルダーに移動できます。

  4. Creative Cloud デスクトップアプリで、ソースアカウントまたはプロファイルからログアウトし、移行先アカウントまたはプロファイルでログインし直します。

  5. もう一度、ファイル同期フォルダーを開くをクリックします。

    コンピューター上の移行先アカウントまたはプロファイル用の Creative Cloud ファイルフォルダーが開きます。

  6. 上記の手順 3 でファイルを移動したフォルダーに移動します。コンピューター上のフォルダーから、上記の手順 5 の Creative Cloud ファイルフォルダーにファイルを戻します。

    ファイルを Creative Cloud ファイルフォルダーに移動すると、ログインと同時にファイルの同期が開始されます。

  7.  

    ファイル同期のステータスを確認するには、Creative Cloud デスクトップアプリの右上隅にあるクラウドアクティビティアイコンをクリックします。

    同期ステータス

次のいずれかの方法を使用して、クラウドドキュメントを 2 つのアカウント間またはプロファイル間でコピーします。

警告:

移行先アカウントまたはプロファイルにコピーされたドキュメントには、コメント、共同作業、共有リンク、ソースドキュメントは保持されません。

  1. assets.adobe.com にソースアカウントまたはプロファイルでログインします。

  2. ファイルファイルクラウドドキュメントを選択します。Illustrator または Photoshop クラウドドキュメントにポインターを合わせて選択します。

    共有するファイルを選択する

  3. コンテキストメニューから「共有」を選択します。

  4. リンクをコピー」をクリックします。リンクがクリップボードにコピーされます。

    招待メール

    注意:

    移行するクラウドドキュメントが複数ある場合は、簡単にアクセスできるようにすべてのリンクを生成して保存します。

    1. ログアウトして、ステップ 4 でコピーしたリンクに移動します。

      ログアウトする代わりに、別のブラウザーまたは Incognito モードを使用することもできます。

  5. 作品にコピー」をクリックします。メッセージが表示されたら、移行先アカウントまたはプロファイルでログインします。

クラウドドキュメントが、移行先アカウントまたはプロファイルでファイル/クラウドドキュメントにコピーされていることを確認します。

  1. assets.adobe.com にソースアカウントまたはプロファイルでログインします。

  2. ファイルファイルクラウドドキュメントに移動して、Adobe XD クラウドドキュメントにカーソルを合わせて選択します。

    Adobe XD のクラウドドキュメントの選択

  3. 上部のコンテキストメニューから「ダウンロード」を選択します。

  4. ログアウトし、移行先アカウントまたはプロファイルにログインします。

  5. Creative Cloud デスクトップアプリで、ダウンロードしたファイルを移行先のアカウントまたはプロファイルのファイルクラウドドキュメントにドラッグします。

  6. プロンプトが表示されたら、「続行」を選択して、ファイルをクラウドドキュメントに変換します。

クラウドドキュメントが、移行先アカウントまたはプロファイルのファイルクラウドドキュメントにコピーされていることを確認します。

1 つのアカウントまたはプロファイルからライブラリを移行するには、ライブラリパネルを使用して、オフラインの .cclib ファイルとして書き出します。または、Creative Cloud の共有と共同作業機能を使用することもできます。

  • Photoshop や Illustrator などのアプリのライブラリパネルを使用して Creative Cloud ライブラリを書き出し、次にそれらを任意のプロファイルに再読み込みします。
  • リンク共有機能を使用して、ライブラリを共有し、移行先アカウントにコピーします。この方法は、インストールされたアプリを必要とせず、任意のデバイスを使用して実行できます。
警告:

ライブラリをコピーする場合:

  • 移行先アカウントまたはプロファイルにコピーされたライブラリには、ソースライブラリの共同作業や共有リンクはありません。
  • ライブラリにソースアカウントまたはプロファイルに保存されているドキュメントが含まれている場合、これらのドキュメントはコピーされません。
  • Adobe Stock ライセンスは転送されません。

共有機能を使用するには、次の操作を行います。

  1. assets.adobe.com にソースアカウントまたはプロファイルでログインします。

  2. 作品/ライブラリに移動し、移行するライブラリにカーソルを合わせて選択します。

    共有するライブラリの選択

  3. 右上にある共有リンクを取得をクリックします。

    共有/招待を選択する

  4. リンクをコピー」をクリックします。

    招待メール

    リンクがクリップボードにコピーされます。

    注意:

    移行するライブラリが複数ある場合は、簡単にアクセスできるようにすべてのリンクを生成して保存します。

    1. ログアウトして、ステップ 4 でコピーしたリンクに移動します。ライブラリのプレビューが表示されます

      ログアウトする代わりに、別のブラウザーまたは Incognito モードを使用することもできます。

  5. 作品にコピー」をクリックします。ログイン画面が表示されます。移行先のアカウントまたはプロファイルでログインします。

    複数のリンクをコピーした場合は、それらのリンクを貼り付けて、「作品にコピー」をクリックします。同じブラウザーを使用している場合、再度ログインするように求められることはありません。

ライブラリが、移行先アカウントの「ライブラリ」セクションにコピーされていることを確認します。

Lightroom から写真をダウンロードして、選択した別のプロファイルに保存します。それらをバックアップしたら、Lightroom から削除します。

Lightroom Downloader アプリ

Lightroom Classic からカタログをバックアップします。

警告:

Lightroom の写真を移行する場合、以下は引き継がれません。

  • 共有情報
  • コメント
  • アルバムメンバーシップ
  • いいね
  • フラグ
  • 評価

ソースアカウントまたはプロファイルからドキュメントをダウンロードしてから、移行先アカウントまたはプロファイルにアップロードします。

Document Cloud でファイルを管理します

Adobe Acrobat Sign から署名付きドキュメントをダウンロードします。

ライセンス履歴機能を使用して、以前にライセンスを取得した Adobe Stock アセットを stock.adobe.com/jp からダウンロードします。このプロセスの手順については、こちらのを参照してください。その後、こちらの手順を使用してドキュメントを再読み込みできます。

Adobe Creative Cloud Express はインターネットに接続してオンラインでのみ利用できるため、ソースファイルをオフラインにしておくことはできません。プロジェクトをあるアカウントまたはプロファイルから別のアカウントまたはプロファイルに移行するか、各プロジェクトの出力をダウンロードするかのいずれかを選択できます。

プロジェクト出力のダウンロー方法

  1. express.adobe.com に移動して、アカウントまたはプロファイルでログインします。

  2. プロジェクト」に移動します。

  3. プロジェクトにカーソルを合わせ、プロジェクトの編集アイコンをクリックします。

    プロジェクトを編集

  4. 右上にある「ダウンロード」をクリックして、出力ファイル形式を選択し、「ダウンロードを開始」をクリックします。

  5. コンピューター上で場所を選択して、「保存」をクリックします。

Creative Cloud Express プロジェクトを移行するには

Creative Cloud Express プロジェクトを移行するには、共同作業機能を使用してプロジェクトを別のアカウントまたはプロファイルにコピーします。両方のアカウントに同時にアクセスするには、2 つのブラウザーウィンドウを使用します。

  • Google Chrome ブラウザー:Google Chrome ブラウザーを使用している場合、すべてのソースアカウントまたはプロファイルの手順をメインブラウザー(ソースブラウザーと呼びます)で実行します。また、Incognito ブラウザーウィンドウ(出力先ブラウザーと呼ばれます)で、すべての移行先アカウントまたはプロファイルの手順を実行します。
  • Microsoft Edge ブラウザー:Microsoft Edge ブラウザーを使用している場合、メインブラウザー(ソースブラウザーと呼ばれます)ですべてのソースアカウントまたはプロファイルの手順を実行します。また、InPrivate ウィンドウ(出力先ブラウザーと呼ばれます)で、すべての移行先アカウントまたはプロファイルの手順を実行します。
  1. メインのソースブラウザーウィンドウを開き、express.adobe.com に移動して、移行元のメールアドレスでログインします。

  2. プロジェクト」に移動します。

  3. 移行するプロジェクトにカーソルを合わせて選択します。

    共有するライブラリの選択

  4. プロジェクトにカーソルを合わせて「招待」をクリックします。

    共有/招待を選択する

  5. リンクをコピー」をクリックします。

    リンクがクリップボードにコピーされます。

  6. Incognito(Google Chrome)または InPrivate(Microsoft Edge)ブラウザーウィンドウを開いて express.adobe.com に移動し、移行先のメールアドレスでログインします。

    プロファイル間で Creative Cloud Express プロジェクトを移行する場合は、ソースと同じメールアドレスでログインし、移行先プロファイルを選択します。

  7. ブラウザーでタブを開き、ステップ 5 でコピーしたリンクを上部に貼り付けます。

  8. プロンプトが表示されたら、「アクセスをリクエスト」をクリックします。

  9. ソースブラウザーウィンドウに戻ると、別のアカウントまたはプロファイルからの通知が届きます。

    右上隅にある通知アイコンをクリックし、受信した通知で「アクセスを管理」をクリックします。

    通知へのアクセスの管理

  10. 承認」をクリックします。

  11. 出力先ブラウザーウィンドウに戻り、express.adobe.com に移動します。

    このウィンドウで移行先アカウントまたはプロファイルを使用して Creative Cloud にログインしているため、再度ログインするように求められることはありません。

  12. プロジェクト」に移動します。> 共有されたアイテム.

  13. ソースアカウントまたはプロファイルから共有したプロジェクトにカーソルを合わせ、右上隅のアイコンをクリックしてから、「複製」をクリックします。

    その他のプロジェクト操作

  14. 提案された名前の最後にあるコピーの単語を削除して、「複製」をクリックします。

    ソースアカウントまたはプロファイルから共有したプロジェクトは、「共有されたアイテム」タブで見つけることができます。複製したプロジェクトは、「プロジェクト」タブで利用できます。

デスクトップ上でアクティベートしたフォントは、Creative Cloud デスクトップアプリにログインしている場合にのみ使用できます。別のアカウントまたはプロファイルでログインすると、前のアカウントでアクティベートしたフォントは利用できなくなります。 

デスクトップ上でフォントをアクティベートすることができます。InDesign や Illustrator などのアプリでは、ドキュメント内でフォントが見つからない場合、フォントをアクティベートするよう求めるメッセージも表示されます。

Premiere Rush のプロジェクトを移行するには、Premiere Pro を使用する必要があります。Premiere Pro でワークフロー全体を完了し、Premiere Pro 自体からビデオを公開します。

警告:

移行後、プロジェクトは Premiere Rush で利用できなくなります。

  1. ソースアカウントまたはプロファイルを使用して Premiere Pro にログインします。

  2. Premiere Pro のスタート画面で、「Premiere Rush プロジェクトを開く」をクリックします。

    Creative Cloud と同期している Premiere Rush のプロジェクトを選択し、Premiere Pro で開いて編集を続けます。

  3. Premiere Rush のプロジェクトをクリックして開きます。

  4. ファイルを保存します。

    デフォルトでは、ファイルはコンピューターの Converted Rush プロジェクトフォルダーに保存されます。ファイルを別の場所に保存する場合は、ファイル/名前を付けて保存を使用して、保存する場所を選択します。

  5. 移行先アカウントまたはプロファイルを使用して Premiere Pro にログインし、プロジェクトの作業を続行します。

詳しくは、Premiere Pro で Premiere Rush プロジェクトを開いて編集する方法を参照してください。

  1. ソースアカウントまたはプロファイルを使用して、Creative Cloud にログインします。

  2. 「モバイル作品」タブに移動し、共有するプロジェクトを選択します。

    プロジェクトを選択するには、そのプロジェクトにカーソルを合わせ、表示されるボックスをオンにします。

    Photoshop SketchIllustrator DrawPhotoshop MixPhotoshop Fix、および Adobe Comp の各プロジェクトを共有することができます。

  3. リンクを取得」をクリックするか、または共有してから、「リンクを取得」をクリックします。

  4. リンクをコピー」をクリックし、コピーしたリンクを代替プロファイルと共有します。

共存する 2 つの Behance アカウントがあり、1 つは各アカウントまたはプロファイルに関連付けられています。Behance からデータを直接移行することはできません。回避策として、Behance で次の操作を実行できます。

  1. Behance に移行先アカウントまたはプロファイルでログインして、Behance プロファイルページに移動します。

    後で必要になるので、Behance のハンドルをメモしてください。例えば、URL の https://behance.net/ABCD789 では、ABCD789 を使用してプロジェクトを共有します。

    アカウントメニューで Behance プロファイルリンクをクリックします。

  2. 別のブラウザー(または Incognito/InPrivate モードウィンドウ)で、ソースアカウントまたはプロファイルを使用して Behance にログインします。

  3. 共有するプロジェクトに移動します。「設定」をクリックします。

    Behance のプロジェクト設定
    プロジェクト設定を開く

  4. 設定ダイアログボックスの下部にある共同所有者、クレジットなどを追加リンクをクリックします。

  5. 共同所有者」フィールドで、移行先アカウントまたはプロファイルの Behance プロファイル名を入力して、「完了」をクリックします。次に、「プロジェクトを更新」をクリックします。

    共同所有者を追加
    Behance プロファイルハンドルを入力して、共同所有者を招待します

  6. メインまたは出力先ブラウザーウィンドウで、通知を受け取ります。招待を承認して、共同所有者としてプロジェクトに参加します。プロジェクトを編集できるようになり、ポートフォリオにも表示されます。

    通知ウィンドウからの招待を承認する
    通知エリアからの招待を承認する

プロファイル間で Adobe Portfolio のコンテンツを書き出したり、読み込んだりすることはできません。必要に応じて、個人のメールアドレスを変更できます。「Adobe ID の変更または更新」を参照してください。

他の設定の移行

設定を同期するには、ソースアカウントを使用してアプリにログインし、設定を同期してログアウトトします。次に、移行先のアカウントまたはプロファイルでログインします。これにより、デスクトップ上の最新の設定が、移行先アカウントまたはプロファイルを使用して Creative Cloud に同期されます。

2 つのクラウド間のモバイル作品のコピーや移動はサポートされていません。

Creative Cloud マーケットのアセットデザインライブラリのデータもアカウントに固有です。アセットを再度ダウンロードして、デザインライブラリを作成することはできます。

Adobe Color のデータの移行についてサポートが必要な場合は、管理者に連絡の上、アドビカスタマーケアのチケットを作成してください。

Creative Cloud アカウントでファイルが見つからない場合

Creative Cloud で 1 つ以上のファイルが見つからない場合、「見つからない Creative Cloud ファイルを探す方法」の説明に従って、そのファイルを確認する必要があります。

見つかったファイルは、簡単に復元できます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン