アドビでは、お客様とお客様の組織が今後も安全にクリエイティブプロジェクトを保存、管理、共同作業できるようにするため、利用条件を更新します。改訂された利用条件の完全版については、こちらをご覧ください。今回の更新では、Creative Cloud グループ版またはエンタープライズ版に保存されたコンテンツに、そのグループ版プランまたはエンタープライズ版プランを提供している組織(企業、政府機関、教育機関など)がアクセスし、管理できることを利用条件に明記します。

Creative Cloud ストレージの利便性を向上させながら、コンテンツに対する組織の管理機能を改善するため、新しい利用条件を発効してから数か月以内に、いくつかの製品のアップデートをリリースする予定です。製品アップデートでは、Admin Console に次のような機能を追加する予定です。

  • 従業員が退職した場合、Creative Cloud グループ版およびエンタープライズ版のストレージに保存されているアセットを組織がより簡単に削除できるようにする。
  • ユーザーのストレージ容量を組織用にプールされているストレージに統合する。
  • アクティブユーザーごとに会社のストレージの利用状況を確認できるようにする。

一般的な質問

更新された利用条件は 2020 年 4 月 16 日から発効します。発効後、Creative Cloud アプリケーションおよびサービスに引き続きアクセスするには、新しい利用条件への同意が必要になります。

更新された利用条件は Adobe ID アカウントを持つすべてのユーザーに適用されます。これは、次のことを意味します。

  • Creative Cloud グループ版プランの場合、すべてのユーザーに適用されます。
  • Creative Cloud エンタープライズ版プランの場合は、一部のユーザーに適用されます。

Creative Cloud エンタープライズ版 ETLA または VIP アカウントで Federated ID または Enterprise ID のみを持つユーザーは、更新された利用条件の対象外です。新しい利用条件に同意する必要はありません。

2020 年 4 月 16 日に利用条件を更新する前に、変更の影響を受けるすべてのグループ版およびエンタープライズ版のユーザー(管理者を含む)に電子メールで利用条件の更新をお知らせします。この電子メールには、Creative Cloud グループ版またはエンタープライズ版のストレージに関する利用条件の主な変更点が記載されています。また、更新された利用条件に同意する前に、個人用コンテンツを Creative Cloud グループ版またはエンタープライズ版のストレージから移動する方法についても記載されています。

管理者の方は、今回の変更に関するすべての情報を入手し、ユーザーからの質問や懸念に効率よく対応できるように準備してください。また、新しい利用条件に同意する重要性について、事前にチームに伝えておくことをおすすめします。

更新された利用条件が 2020 年 4 月 16 日に発効すると、管理者も更新された利用条件に同意するように求められます。

個人用コンテンツは Creative Cloud グループ版またはエンタープライズ版のストレージから移動できます。ユーザーが不安や懸念を感じている場合は、このことを説明してください。詳細については、よくある質問を参照してください。あまりないと思いますが、大半のコンテンツが個人用で、移動したくない場合、ユーザーは Adobe アカウントの電子メールアドレスを個人用のアドレスに変更し、使用資格を会社の別の電子メールアドレスに割り当て直すように管理者に依頼できます。この場合、Creative Cloud 個人用プランを持っているかどうかにかかわらず、すべてのコンテンツが個人用のアカウントで管理されます。既存のコンテンツがなくても、新しい会社用のアカウントが再割り当てされます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー