アドビ基本利用条件:タイミングとプロセス

アドビは、今後、お客様のユーザーや組織がクリエイティブなプロジェクトを保存、管理、保護、共同作業する方法を改善するために、利用条件を変更します。改定された基本利用条件の全文は、こちらでご確認いただけます。本条件において、当社は、Creative Cloud グループ版またはエンタープライズ版ストレージに保存されたコンテンツが、グループ版プランまたはエンタープライズ版プランを提供する法人(企業、政府機関、教育機関などの組織)によってアクセスおよび管理される可能性があることを明確にしています。

更新された利用条件の発効後数か月の間に、法人によるコンテンツの管理を改善するとともに、グループ内でのCreative Cloud ストレージ利用の柔軟性を向上させるために、いくつかの製品変更を開始する予定です。製品の更新の一環として、Admin Console に以下の新機能が追加される可能性があります。

  • 従業員が組織を退職したときに、法人が Creative Cloud グループ版およびエンタープライズ版ストレージに保存されているアセットを簡単に取り戻せる機能
  • ユーザーのストレージ容量を法人用のストレージプールにまとめる機能
  • アクティブユーザーごとに法人のストレージ使用量の概要を提供する機能

よくある質問

更新された条件は 2020 年 4 月 16 日に発効し、ユーザーは Creative Cloud アプリケーションおよびサービスに引き続きアクセスするために、更新された条件に同意するよう促されます。

利用条件の更新は、Adobe ID アカウントを持つすべてのユーザーに適用されます。具体的には、以下のユーザーです。

  • Creative Cloud グループ版プランを利用しているすべてのユーザー
  • Creative Cloud エンタープライズ版プランを利用している一部のユーザー。

Creative Cloud エンタープライズ版の ETLA または VIP アカウントで Federated ID または Enterprise ID のみをお持ちのユーザーは、利用条件の更新の対象ではなく、更新された条件に同意する必要はありません。

2020 年 4 月 16 日に更新された利用条件への承諾要求が開始されます。それに先立ち、変更の影響を受けるすべてのグループ版およびエンタープライズ版ユーザー(管理者を含む)にメールで通知します。メールでは、Creative Cloud グループ版またはエンタープライズ版ストレージに関連する利用条件の主要な変更点を説明し、更新された利用条件に同意する前に個人的なコンテンツを Creative Cloud グループ版またはエンタープライズ版ストレージから移動できることをユーザーに通知するとともに、その方法を説明します。

管理者の方には、ユーザーからの質問や懸念に適切に対応できるように、今後の変更に関する状況を十分に把握しておいてください。また、更新された条件に同意することの重要性を、グループに積極的に伝えていただければ幸いです。

更新された規約が 2020 年 4 月 16 日に発効すると、管理者にも更新された規約への同意が促されます。

ユーザーが懸念を感じている場合は、個人のコンテンツを Creative Cloud グループ版またはエンタープライズ版ストレージから移動させることができます。詳しくは、こちらの FAQ を参照してください。ユーザーのコンテンツのほとんどが個人的なものであって、ユーザーがそれを移動したくない場合は、アドビアカウントに関連付けられているメールアドレスを(個人的なアドレスに)変更し、管理者に、別の法人用メールアドレスで資格を再割り当てするよう要求することができます。この場合、すべてのコンテンツは個人アカウントに残り、個人用のCreative Cloudプランを持っていない可能性があることに注意してください。新しい法人アカウントは、既存のコンテンツが一切含まれずに再割り当てされます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン