法人向けプラン(グループ版およびエンタープライズ版アカウント)向けの Adobe Creative Cloud の機能強化

アドビは、Creative Cloud に保存されているコンテンツを組織が管理できるようにするため、 Creative Cloud グループ版と Creative Cloud エンタープライズ版を改善しています。また、この変更により、ストレージの柔軟性が向上し、バージョンの履歴機能が強化されるため、チーム全体のクリエイティブなコラボレーションが強化されます。

同じメールアドレスに複数のプランが関連付けられているユーザーのために、個人向けプランおよび法人向けプラン全体でコンテンツを管理しやすくするために、ログインエクスペリエンスにプロファイルを導入しています。

主な改良点は次のとおりです。

会社がアセットを簡単に転送する方法

ユーザーが Creative Cloud の法人向けプランから削除されたとき(例えば、ユーザーがその会社を辞めたとき)に、組織がそのユーザーのファイルを Creative Cloud ストレージから別のアカウントに簡単に転送できるようにします。 

プールされる容量によるストレージの柔軟性の向上

以前は、アドビのストレージはライセンスごとにストレージ制限付きで割り当てられていました。例えば、ある組織が Creative Cloud のライセンスを 50 個購入した場合、各ライセンスには使用権限に応じた容量のストレージが割り当てられていました。ユーザーがこの制限に達すると、一部のコンテンツを削除する必要がありました。また、たとえ他のユーザーがその容量を完全に使用していなくても、組織でストレージを追加購入する必要がありました。

今回のアップデートでは、ストレージの割り当てはライセンスごとではなく、購入した合計ストレージ容量に基づいて行われるようになりました。そのため、組織が Creative Cloud のライセンスを 50 個購入した場合、各ユーザーは使用権限に応じた容量のストレージを得ることができます。ただし、組織が割り当てられたストレージの合計量を超えていない限り、どのユーザーも利用可能な容量を超えることができます。 

Creative Cloud ライブラリの管理と共有の改善

Creative Cloud ライブラリを使用すると、チーム内で作成したクリエイティブアセットをキャプチャ、整理、および共有できます。最も改善された点としては、ユーザーは組織の Creative Cloud ストレージにライブラリを保存し、同じ法人向けプランで購入した他のすべてのユーザーがそのデータにすぐにアクセスできるようにすることができます。これにより、チームはクリエイティブの一貫性を効率的に維持し、アセットを社内にとどめることができます。また、チームライブラリでは、組織内外の無制限の数のアセットを共同作業者と共有することもできます。

拡張バージョン履歴

クラウドドキュメントと Creative Cloud ファイルの以前のバージョンを最大 180 日間表示または復帰できます。

同じメールアドレスで複数のプランがある場合は、プロファイル全体でコンテンツを管理します

個人向けプランと法人向けプラン、または複数の法人向けプランでは異なるメールアドレスを使用することをお勧めします。しかし、複数のプランで同じメールアドレスを利用している場合は、ログインエクスペリエンスにプロファイルを導入して、個人向けプランと法人向けプランの両方でコンテンツを管理しやすくします。アドビアカウントにログインするときに、使用するプロファイルを選択できます。

これらの新しいメリットを実現するために、お客様の組織の法人向けプランに合わせてストレージモデルをアップグレードしています。アップグレードするには、Creative Cloud アプリからログアウトする必要があります。管理者の場合、管理コンソールで営業時間後にダウンタイムが発生することがあります。ご不明な点がある場合は、Adobe カスタマーサポートまでお問い合わせください。

また、上記の機能は、国や法人向けプランによって段階的にリリースされるため、タイミングや正確な機能は異なる場合がありますのでご注意ください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン