エンタープライズ版 Creative Cloud ライブラリを使用して、企業スタイルガイドを作成、共有、共同編集、使用および更新する方法について説明します。

ライブラリを作成

ライブラリは、ライブラリパネルを使用して、選択したクリエイティブアプリケーションで直接作成できます。ライブラリを作成するには、以下の操作を行います。

  1. 次の方法でライブラリパネルを開きます。

    • ほとんどの場合、Creative Cloud アプリケーションでは、パネルはウィンドウライブラリにあります。
    • Animate、InDesign、および Dreamweaver の場合、パネルはウィンドウCC ライブラリにあります。
    • Adobe XD では、パネルはファイルCC ライブラリを開くにあります。
  2. ライブラリパネルのメニューにあるライブラリを新規作成を選択します。

    新規ライブラリを作成
  3. ライブラリに名前を付けて、「作成」をクリックします。次に、ライブラリにデザインコンポーネントを入力します。

    作成

デザインアセットをライブラリに追加

Creative Cloud ライブラリでは、様々なアプリケーション(Photoshop、Illustrator、InDesign、XD など)の間でデザイン要素をキャプチャするためのメカニズムが用意されています。デスクトップアプリケーションに限定されることがなくなります。ひらめいたらすぐその場で Adobe Capture などのモバイルアプリケーションを使用してインスピレーションを形にできるだけでなく、Adobe Stock からアセットをダウンロードすることもできます。

この例では Illustrator を使用しています。

  1. Illustrator でアートワークを選択し、「コンテンツを追加」ボタン「+」をクリックしてグラフィックを選択します。その後アートワークをグラフィックとしてライブラリに追加します。

    アートワークを Illustrator ページからライブラリにドラッグすることもできますが、「コンテンツを追加」ボタン「+」をクリックすることで、アートワークのどのプロパティをライブラリに追加するかをより細かく制御できます。

    グラフィックスを追加する
  2. アセット名を右クリックして、名前を変更を選択することで、意味のある名前に変更します。

    アセット名の変更

カラースウォッチを追加する

ライブラリにカラースウォッチを追加することで、チーム全体のカラーに関するコミュニケーションを大幅に簡素化および標準化できます。ブランドガイドラインでは、多くの場合、各色の RGB、CMYK、HEX およびスポットカラーバージョンが指定されています。カラースペースごとに 1 つずつ、複数のライブラリを作成することも、単一のライブラリを作成してグループごとに色を整理することもできます。

この例では Illustrator を使用しています。

  1. Illustrator で塗りつぶしまたはストロークのあるオブジェクトを選択して、「コンテンツを追加」ボタン「+」をクリックします。その後塗りのカラーまたは線のカラーを選択して、ライブラリにカラーを追加します。

    塗りのカラー
  2. アセットには、カラーの 16 進値で自動的に名前が付けられます。名前を変更するには、名前を右クリックして、名前を変更を選択します。

    アセット名の変更
  3. カラーにカーソルを合わせると、カラーの CMYK 値または RGB 値が表示されます。カラーは、CMYK ドキュメントから追加された場合は CMYK カラーとして、RGB ドキュメントから追加された場合は RGB カラーとして、追加されたカラーがスポットカラーの場合はスポットカラーとしてライブラリに追加されます。カラースウォッチを右クリックしてメモを追加することもできます。特定のカラーを使用すべきタイミングに関するコンテキストの提供が役立つ場合があります。

    ライブラリにカラースウォッチを追加する

テキストスタイルの追加

活版印刷のスタイルを標準化することは、ブランドのコンプライアンスを維持するために重要です。レイアウトで段落スタイルと文字スタイルを使用すると、クリック数が減り、生産性が向上します。Illustrator と InDesign はライブラリの段落スタイルをサポートしていますが、Photoshop、Illustrator、InDesign、XD はすべてのライブラリの文字スタイルをサポートしています。

この例では InDesign を使用しています。

  1. ドキュメント内のテキストを選択し、「コンテンツを追加」ボタンをクリックします。「文字スタイル」または「段落スタイル」を選択して、テキストスタイルをライブラリに追加します。

    テキストを選択する
  2. アセット名を右クリックして、名前を変更を選択することで、意味のある名前に変更します。

    アセット名の変更
  3. ドキュメントの段落スタイルまたは文字スタイルパネルに名前をつけた段落スタイルまたは文字スタイルが含まれている場合は、パネルで 1 つ以上のスタイルを選択し、パネルの下部にある「ライブラリに追加」ボタンをクリックすることで、これらのスタイルをライブラリに追加できます。

    テキストスタイルの追加

ライブラリアセットを使用する

アセットが Adobe Creative Cloud ライブラリに保存されると、間違ったバージョンの取得を心配すること無く、同じファイル、別のプロジェクト、または別のアプリケーションでアセットをデザインで再利用できます。

グラフィックアセットをプロジェクトに追加するには、ライブラリから Illustrator アートボード、Photoshop キャンバス、InDesign レイアウト、または他の Creative Cloud アプリケーションのプロジェクトに直接ドラッグします。

カラー、テキストスタイル、レイヤースタイル、およびその他の特定の種類のアセットを適用するには、アセットを適用するオブジェクト、テキスト、またはその他のアイテムを選択し、ライブラリパネルでアセットのサムネイルをクリックします。

この例では Photoshop を使用しています。

  1. 既存または新規の Photoshop ドキュメントで、ライブラリパネルからキャンバスにグラフィックをドラッグします。変形ハンドルを調整してアイテムを拡大・縮小し、「コミット」ボタンをクリックするか、Enter キーを押します。

    グラフィックをドラッグする
  2. ライブラリに保存したカラーのアイコンをクリックします。このカラーは、Photoshop の現在の描画色に適用されます。

    アセットを利用する

共同作業のために編集者と閲覧者を追加する

組織内外の他の Creative Cloud ユーザーを招待して、作成した個々のライブラリで共同作業を行うことができます。招待する各共同編集者には、編集または表示のいずれかの権限を付与できます。

ライブラリに編集可能権限を付与すると、共同編集者はライブラリコンテンツの使用、修正、名前の変更、移動、および削除ができます。閲覧可能権限(読み取り専用)では、受信者はアセットを表示および使用できますが、アセットまたはライブラリ自体を変更することはできません。

編集可能アクセスを使用するライブラリでは、他の共同編集者が Creative Cloud に保存されているクリエイティブアセットを変更または削除できないようにしますが、それらのアセットはチームで使用できるようにします。

  1. ライブラリパネルメニューから招待するを選択します。

    「招待する」を選択する
  2. デフォルトのブラウザーが起動します。共同編集者のメールアドレスを 1 つ以上入力します。入力した各アドレスの後に、閲覧可能または編集可能を選択して招待をクリックします。

    招待

    注意:

    リンクの共有中または共同編集者の招待中に次のようなエラーが発生する場合は、IT 管理者に連絡してください。

    「企業の共有制限が有効になっています。組織で共有制限を有効にしているため、このユーザーを招待できません。詳細情報」

  3. 共同編集者になる可能性のある人が、招待メールを受け取ります。招待を承認する(または Creative Cloud デスクトップアプリケーションを介して受信した通知に応答する)には、電子メールをクリックする必要があります。招待を承認すると、共有したライブラリとそのすべてのアセットがライブラリパネルに表示されます。

    招待を承認

リンク済みアセットを使用して更新する

Photoshop、Illustrator、および InDesign にはすべて、ライブラリのアセットをリンクされたアセットまたはコピーされた(リンクされていない)アセットとして使用する独自の機能が備わっています。違いを理解することが重要です。

リンクされたアセットは、ライブラリ内の元のアセットに関連付けられたままになります。元のアセットが変更または更新されると、すべての共同編集者はグラフィックが古くなっているというアラートを受け取り、更新を選択できます。変更を受け入れると、Photoshop、Illustrator、または InDesign ドキュメントで使用されているすべてのインスタンスが自動的に更新されます。

コピーされた、またはリンクされていないアセットは、元のライブラリアイテムが変更されたときに使用されていた Photoshop、Illustrator、または InDesign ドキュメントでは変更されません。

この例では Photoshop を使用しています。

  1. 既存または新規の Photoshop ドキュメントで、ライブラリ内のグラフィックアセットを右クリックして、リンクを配置を選択します。

    リンクを配置
  2. クラウドアイコンがレイヤーパネルのレイヤーに表示されます。これは、アセットがライブラリにリンクされていることを示します。共同編集者がライブラリアセットを編集すると、このドキュメントのアセットが更新されます。

    フォルダー共有
  3. ライブラリ内の別のグラフィックアセットを右クリックして、「コピーを配置」を選択します。

    コピーを配置
  4. スマートオブジェクトアイコンがレイヤーパネルのレイヤーに表示されます。これは、アセットがスマートオブジェクトとして Photoshop ドキュメントに埋め込まれていることを示します。アセットはライブラリにリンクされておらず、ライブラリアセットが変更されてもドキュメント内で更新されません。

    埋め込まれたアセット

共同作業用ワークフローでライブラリアセットを更新する

共同作業用ワークフローでリンクされたグラフィックアセットに取り組むことは効果的です。リンクされたグラフィックライブラリアセットを操作するためのワークフローは、InDesign、Illustrator、Photoshop、XD および Dimension で類似しています。

  1. 閲覧可能権限のある共同編集者に共有ライブラリへの権限を付与して、ライブラリからの Illustrator グラフィックをリンクされたアセットとして InDesign レイアウトに配置します。

    グラフィックの配置
  2. 編集可能権限には同じ共有ライブラリの権限が付与されており、使用されるライブラリアセットのカラーを変更できます。アセットを編集するには、ライブラリでアセットをダブルクリックします。グラフィックを、カラーを変更できる Illustrator で開きます。

    カラーを変更
  3. 変更内容を Illustrator に保存し、ファイルを閉じます。ライブラリアイテムはローカルドライブで更新され、Creative Cloud とすべての共同編集者に同期されます。

    同期の変更
  4. 共同編集者は、グラフィックが古くなっているというアラートを受け取ります。アラートでは、変更されたアセットを承認するか拒否するかを選択できます。その場合、アセットは変更されません。

    変更を承認すると、改訂されたライブラリアイテムがライブラリパネルで更新されます。

    アセットを更新する