マニュアル キャンセル

Adobe Express でのカスタムフォントの使用

  1. Adobe Express ユーザーガイド
  2. 概要
    1. Adobe Express の概要
    2. Adobe Express の新機能
    3. Adobe Express の必要システム構成
    4. キーボードショートカット| Adobe Express
    5. Adobe Express | よくある質問
    6. リリースノート
  3. グラフィック、写真、ビデオの作成と編集
    1. Adobe Express テンプレート入門
    2. Adobe Express を使用した web ページの作成
    3. Adobe Express を使用したビデオの作成
    4. テキストや写真のアニメーション化
  4. ブランドの作成と管理
    1. Adobe Express でブランドを作成および管理する方法
    2. Adobe Express で共有ブランドやブランディングアセットを管理する方法を説明します。
    3. Adobe Express でのカスタムフォントの使用
  5. コンテンツスケジューラー
    1. コンテンツスケジューラーの概要
    2. コンテンツスケジューラー入門
    3. コンテンツスケジューラーのソーシャルメディアアカウントへの接続
    4. コンテンツスケジューラーでの Facebook プレビューの編集
    5. コンテンツスケジューラーで @ メンションを行う方法
    6. コンテンツスケジューラーのソーシャルメディアの文字数制限
    7. コンテンツスケジューラーで Instagram を公開する方法
    8. コンテンツスケジューラーでの Instagram 接続の問題のトラブルシューティング
  6. クイックアクション
    1. クイックアクションを使用した画像のサイズ変更
    2. クイックアクションを使用した画像からの背景の削除
    3. クイックアクションを使用した画像の JPG や PNG への変換
    4. クイックアクションを使用したビデオのトリミング
    5. クイックアクションを使用したビデオのサイズ変更
    6. クイックアクションを使用した GIF への変換
    7. クイックアクションを使用したビデオの切り抜き
    8. クイックアクションを使用して PDF を変換および書き出す方法
    9. クイックアクションを使用した PDF テキストと画像の編集
    10. クイックアクションを使用した PDF ファイルの結合と PDF ページの整理
    11. FAQ | クイックアクション
  7. 公開と共有
    1. Adobe Express での共同作業と共有
    2. Adobe Express プロジェクトのホスティング
    3. Creative Cloud ライブラリの作成と使用
    4. アカウント間でのプロジェクトの転送
    5. プライバシーと権限
  8. Adobe Express モバイル版
    1. Adobe Express iOS 版
    2. Adobe Express Android 版
    3. Adobe Express サブスクリプション iOS 版の管理
    4. Adobe Express サブスクリプション Android 版の管理
    5. Adobe Express サブスクリプション Samsung Galaxy Store 版の管理
  9. Adobe Express 教育機関向け
    1. Adobe Express 教育機関向け
    2. 教職員:Adobe Express 教育機関向けについて
    3. 学生:Adobe Express 教育機関向けについて

Adobe Express web 版で独自のフォント使用する方法、およびブランドやスタイルのガイドラインを迅速かつ簡単に管理する方法を説明します。

ライセンスされたフォントをアップロードするには、デスクトップの web ブラウザーで、左のナビゲーションから「ブランド」をクリックします。

カスタムフォントは、Adobe Express のプレミアム機能です。Adobe Express のサブスクリプションを購入すると、次のことができるようになります。

  • カスタムフォントをアップロードする。
  • web 上または iOS 上の任意の Adobe Express アプリケーションでカスタムフォントにアクセスして使用する。

サポートされているフォントファイル

Adobe Express は、10 MB 未満の .otf および .ttf フォントファイルをサポートします。

お客様による Adobe Fonts Service の使用およびカスタムフォントのアップロードには、アドビの基本利用条件が適用されます。お客様は、フォントを使用し、Adobe Express サービスにフォントをアップロードするための適切な権利およびライセンスを確保するすべての責任を負います。お客様がアップロードしたフォントを使用するための適切な権利とライセンスを持っていないと判断される場合、アドビはそのフォントを削除して別のフォントに置き換えるか、アカウントを無効にすることができます。アップロードしたフォントを別のフォントに置き換えると、Adobe Express コンテンツのデザインと外観が変わる可能性がありますのでご注意ください。

フォントを追加

フォントを追加するには、次の手順を実行します。

  1. 左のナビゲーションから「ブランド」をクリックします。

  2. ブランドを作成」を選択します。

  3. 下方向にスクロールします。3 番目にある「フォントを選択」というオプションを選択します。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • オプションのリストからフォントを選択する。 
    • 独自のフォントを追加する。 

  5. 独自のフォントを追加するには、「フォントを追加する」を選択します。または、デバイスからファイルを選択して、「追加」をクリックします。

これで独自のフォントが追加されました。ロゴを追加してテンプレートのカラーを選択したら、「次へ」をクリックします。それまでは、「次へ」オプションは利用できません。

フォントを編集

フォントの標準バージョンをアップロードすると、Adobe Express はフォントの太字と斜体のバージョンを自動的に作成します。

ツールは元のフォントファイルを模倣するために最善を尽くしますが、不十分である場合が多くあります。

不足している書体で本文フォントを更新する場合は、フォント名の横にある鉛筆アイコンをクリックします。他の書体フォントのファイルを追加するメニューが表示されます。

ライセンスされたフォントを持つプロジェクトを作成し、後でそのフォントをブランドから削除すると、Adobe Express でフォントが置き換えられ、プロジェクトを開くことができるように、Adobe Express はフォントを別のフォントに置き換えます。

見出しフォントと本文フォント


見出しフォント 本文フォント
見出しフォントは、タイトルやセクションヘッダーなど、影響のより大きいテキストとして使用されます。 本文フォントは、段落やセカンダリテキストのように長いテキストで使用されます。               

見出しフォントの選択を補完する読みやすいフォントを選択することをお勧めします。本文フォントは、太字と斜体もサポートします。必要に応じて、標準フォントを選択できます。Adobe Express は、斜体と太字のスタイルを自動的に作成しますが、フォントファイルにすべてのテキストスタイルオプションがアップロードされると、テキストを最適な状態に表示します。

ブランドを作成した後、見出しや本文のフォントを追加および編集することができます。次の手順を実行します。

  1. その他のフォント」の下のプラスマーク(+)をクリックします。

  2. 見出しと本文のフォントを選択することができます。相性の良いフォントを探すのに手助けが必要な場合は、「推奨されるフォントの組み合わせ」をクリックします。

様々なフォントをブランドにアップロードできます。フォントをアップロードした後、フォント選択からアップロードしたフォントを選択して、すぐに使用を開始できます。

よくある質問

メンバーシップの有効期限が切れても、アップロードしたフォントはブランドの一部として残りますが、これらのフォントを使用して新しいプロジェクトを作成したり、フォントが含まれているプロジェクトを開いたりすることはできません。コンテンツを紛失しないようにするには、プロジェクトを複製して、フォントの代わりに Proxima Nova フォントを使用してください。

フォントはブランドの一部として保存されます。ブランドを削除すると、アップロードしたフォントもすべて削除されます。
特定のフォントを削除するには、ブランドマネージャーのフォント名の横にあるごみ箱アイコンをクリックします。

ライセンスされたフォントを持つプロジェクトを作成したが、Adobe Express メンバーシップの有効期限が切れている場合は、プロジェクトを開くことができるように、Adobe Express ブランドでプロジェクトのコピーを作成し、フォントを Proxima Nova に置き換えることを推奨しています。

カスタムフォント使用されている共有ブランドを受け入れた場合、そのブランドを使用するには、そのフォントのライセンスコピーをアップロードする必要があります。
これには、次の手順を実行します。

  1. デスクトップのブラウザーで express.adobe.com にアクセスします。
  2. 既存のプロジェクトを開くか、プロジェクトを作成します。
  3. 右側のレールにあるブランドスイッチャーをクリックして、使用するブランドを選択します。
  4. その後、そのブランドをプロジェクトで使用するために、カスタムフォントをアップロードするよう促されます。
  5. デスクトップからアップロードするフォントファイルを選択します。

これで、web とモバイルの両方で、Adobe Express プロジェクトでブランドを使用するための準備が整いました。

アドビのロゴ

アカウントにログイン