FrameMaker (2019 release) の新機能

FrameMaker の 2019 relase には、多くの新機能と拡張機能が加えられました。新規または更新された機能の一覧は FrameMaker (2019 release) の機能ページをご覧ください。

必要システム構成

最新の必要システム構成については、FrameMaker 必要システム構成ページを参照してください。

体験版ソフトウェア

FrameMaker 2019 の体験版は、「使ってから購入」できる形態のソフトウェアです。個々の製品またはエディションを試用し、その後、インストール済みの体験版を製品版へ変更することができます。体験版から製品版へは、製品を購入するか、サインアップして購読することによって、いつでも変換できます。製品を購入した場合は、シリアル番号の入力を求められる画面で番号を入力します。

フォントのインストール

フォントを初期設定のシステムフォントディレクトリにインストールします。初期設定のシステムフォントディレクトリに古いバージョンのフォントが見つかると、古いバージョンは元の場所から削除されて新しいディレクトリに保存されます。初期設定のシステムフォントディレクトリの場所:

Windows:<drive>:\Windows\Fonts

古いフォントは、次の新しいディレクトリに保存されます。

Windows:<drive>:\Program Files\Common Files\Adobe\SavedFonts\current

この新しいディレクトリには「Read Me.html」という名前のファイルも含まれています。これは保存されたフォントと、新しいフォントファイルと古いフォントファイルのバージョン番号のリストです。

古いフォントを再インストールするには、初期設定のシステムフォントディレクトリにある新しいフォントファイルを削除し、古いファイルをそのディレクトリに戻すことで実行できます。

 

使用許諾契約

この製品をご利用いただくには、使用許諾契約書および保証条件にご同意いただく必要があります。詳細は、エンドユーザー使用許諾契約書 (EULA)をご覧ください この製品は、インターネット経由でライセンス認証とユーザー登録を行う必要があり、これを行わないと機能しません。電話でのライセンス認証はご利用いただけません。詳しくは、「_jpアドビ製品のライセンス認証とライセンス認証解除」を参照してください。

アドビのシングルユーザーライセンスでは、1 つのライセンス製品を 2 台のコンピューター(職場のコンピューター 1 台と自宅のコンピューター 1 台など)にインストールすることが許可されます。ただし、ソフトウェアを同一のユーザーが使用すること、かつ両方のコンピューターで同時に使用しないことが条件となります。

注意:

3 台目のコンピューターに製品をインストールする場合は、まず使用中のコンピューターのいずれかでソフトウェアのライセンス認証を解除する必要があります。ライセンス認証を解除するには、ヘルプ/ライセンス認証の解除/サインアウトを選択します。

オンラインリソース

Adobe FrameMaker フォーラムにアクセスし、FrameMaker コミュニティの専門家にご質問ください。

ダウンロード、インストール、ソフトウェアの概要に関するヘルプ トピックを検索するには、
http://helpx.adobe.com/jp/download-install.html を参照してください。

カスタマーサポート

Adobe FrameMaker ラーニングとサポートにアクセスし、製品情報、カスタマーサポートへの問い合わせ、販売、登録、その他の問題に関するサポートをご利用ください。

北米以外の場合、「Adobe カスタマーケア」にアクセスして Adobe ID でログインし、サポートが必要な製品と問題のタイプを選択して、サポート情報をご利用ください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー