この記事には FrameMaker (2019 年リリース)とその後のパッチリリースで解決した問題のリストを記載します。

FrameMaker コミュニティで解決策や次善策、最新情報をご確認ください。

解決済みの問題

  • 任意のコードが実行可能な脆弱性。
    (参照番号 - 7375
  • 参照先のコンテンツが AEM リポジトリで同じ DITA マップに含まれていないと、FrameMaker Publishing Server 経由で生成された PDF 出力に公開されません。
    (参照番号 - 7196
  • DITA 1.3 のトピック、コンセプトまたはタスクタイプのドキュメントで、EDD をDTD として保存すると、エラーが発生します。
    (参照番号 - 7709

機能強化

AEM を保存または開くときにファイルを自動的にチェックアウト

AEM コネクタの環境設定に新しいオプションが追加されました。このオプションを使用すると、AEM ファイルを開くか、保存するときに、ファイルが自動的にチェックアウトされます。「環境設定」ダイアログで、CMSAdobe Experience Managerの設定の順にアクセスします。

[環境設定] ダイアログの Adobe Experience Managerの設定

ファイルの自動チェックアウト機能を有効にするには、「自動チェックアウトを有効にする」オプションを選択します。このオプションと一緒に、ファイルを開くか保存するときにファイルをチェックアウトするかどうかも選択できます。ファイルのチェックアウトオプションを選択した後で、プロンプトの表示オプションを選択できます。
ファイルを開くときに、ファイルのチェックアウトを確認するプロンプトを表示するように設定すると、AEM リポジトリからファイルを開くときにプロンプトが表示されます。ファイルのチェックアウトを選択すると、ファイルに排他的ロックが設定され、ファイルの編集が可能になります。ファイルのチェックアウトを選択しないと、ファイルは読み取り専用モードで開きます。
ファイルを保存するときにファイルのチェックアウトを確認するプロンプトを表示するように設定すると、ファイルの保存時にチェックアウトプロンプトが表示されます。ファイルのチェックアウトを選択せずにファイルを保存しようとすると、ファイルをチェックアウトするように指示されます。ファイルのチェックアウトを選択しないと、更新が保存されません。
ファイルを保存または開くときに、チェックアウトの確認プロンプトを表示するように設定すると、上記の機能がすべて実行されます。

表セル内の画像のスケーリングを制御する新しいフラグの追加

以前のバージョンでは、表セルに画像を挿入すると、セルの枠に合わせて画像が縮小されました。このリリースでは、自動スケーリングの動作を制御するフラグを maker.ini ファイルに追加できます。セル内の画像の自動スケーリングを有効にするには、maker.ini ファイルの Preferences セクションに次のフラグを追加します。
AutoScaleImageInTableCell=On

デフォルトでは、このフラグは maker.ini ファイルに設定されていません。この場合、表セルに画像を挿入すると、画像は元のサイズで挿入されます。このフラグを追加し、値を On に設定すると、表セルの枠に合わせて画像のスケーリングが実行されます。

解決済みの問題

  1. ブックマーク付きの PDF を生成しても、Acrobat でブックマークパネルが表示されません。
    (参照番号 - 6044
  2. Distiller から PDF を生成すると、透明な .png 画像が正しく出力されないことがあります。
    (参照番号 - 6595
  3. Distiller から PDF を生成すると、.png 画像に黒い境界線が付くことがあります。
    (参照番号 - 6453
  4. Basic HTML 出力の DOCTYPE 定義が無効です。
    (参照番号 - 6508
  5. 日本語の文書で日付を使用すると、FrameMaker は間違った元号が使用されます。
    (参照番号 - 6686
  6. 発行設定で必要な設定を行っていても、最終出力で元の画像の高さと幅が維持されません。
    (参照番号 - 6668
  7. ようこそ画面プロジェクトリストに、最近使用したプロジェクトが表示されません。
    (参照番号 - 6473
  8. 任意の罫線・塗り」ポッドに、カスタムカラー定義が正しく表示されないことがあります。
    (参照番号 - 6036
  9. 特定の段落でタブ位置を変更すると、同じスタイルの他の段落にも変更が適用されます。
    (参照番号 - 5242
  10. 一連のファイルに対して、ExtendScript を使用して非表示モードで .dita ファイルを .fm に変換すると、処理に時間がかかります。
    (参照番号 - 6299
  11. SharePoint コネクタを使用すると、パフォーマンスが低下することがあります。
    (参照番号 - 5632
  12. 構造化された文書で、パンくずリストに現在の要素の完全なパスが表示されません。
    (参照番号 - 5842
  13. エレメント境界(タグ)ビューをオンにすると、括弧記号 "(" の後の要素タグに余分なスペースが追加されます。
    (参照番号 - 6731
  14. AEM コネクタを使用してファイルをアップロードすると、FrameMaker は href 属性に mailto を含む xref の解析に失敗します。
    (参照番号 - 6236
  15. ローカライズされたバージョンのダイアログの一部で、テキストが切り捨てられます。
    (参照番号 - 660765846129
  16. ローカライズされたバージョンで、「任意の罫線・塗り」ポッドの文字列の一部が正しく翻訳されていません。
    (参照番号 - 5593
  17. グラフィックツールバー長方形ツールの表記に誤りがあります。
    (参照番号 - 6457
  18. 環境設定の辞書で「German – Austria」という文字列に誤りがあります。
    (参照番号 - 5913
  19. 一部のポッドで「Cross-Reference」という文字列が誤って「Cross Reference」と表示されています。
    (参照番号 - 5875
  20. 画面レイアウトの読み込みダイアログのファイルの種類ドロップダウンリストにタイプミスがあります。
    (参照番号 - 5215

FrameMaker のクラッシュに関する修正済みの問題:

ユーザーから報告されたか FrameMaker で見つかった以下のクラッシュおよびフリーズに関する問題は、修正済みです。

  1.  発行設定(.sts)ファイルの編集中に、ランダムにクラッシュします。
    (参照番号 - 6669
  2. エレメントカタログのアイテムをダブルクリックすると、FrameMaker がクラッシュすることがあります。
    (参照番号 - 6665
  3. SharePoint を使用しているときに、ローカルで参照機能でファイルを開くとクラッシュします。
    (参照番号 - 6642
  4. DITA 文書に <indexterm> 要素を挿入すると、ランダムにクラッシュします。
    (参照番号 - 6603
  5. 新規に作成した DITA マップまたはブックマップファイルに、コンテンツが含まれているフォルダーを開くコマンドを実行すると、FrameMaker がクラッシュします。
    (参照番号 - 6533
  6. 高解像度のモニターでテキストフレームの列を変更すると、ランダムにクラッシュします。
    (参照番号 - 6125
  7. 特定のファイルに Xalan post-processing を設定して開くと、FrameMaker がクラッシュします。
    (参照番号 - 5939

解決済みの問題

  • PDF 形式で保存」を使用して、東アジア言語の特定のフォントを含むドキュメントの PDF を生成すると、正しくレンダリングされません。
    (参照番号 - 6002
  • アラビア語でハイフネーションされた単語が PDF 出力で正しくレンダリングされません。
    (参照番号 - 5374
  • 斜体の Helvetica フォントを含むドキュメントを PDF 形式で保存すると、公開された PDF で文字化けが発生します。
    (参照番号 - 5977
  • FrameMaker で、特定の Type 1 フォントを含むドキュメントから有効な PDF が生成されません。
    (参照番号 - 5748
  • PDF 出力で、グリッド線が正確にレンダリングされません。
    (参照番号 - 5879
  • 枠に合わせる(縦横比固定)」オプションを使用して画像をスケーリングすると、EPS ファイルまたは SVG ファイルのスケーリングプロパティが維持されません。
    (参照番号 - 601760715959
  • レスポンシブ HTML5 出力で画像がランダムにピクセル化されます。
    (参照番号 - 5820
  • ドキュメントに読み込まれた .png ファイルがオーサリングモードで正しく表示されません。PDF 出力では正しくレンダリングされます。
    (参照番号 - 5929
  • PDF 出力で、CoolType フォントを使用して作成した数式が正しくレンダリングされません。
    (参照番号 - 5027
  • ExtendScript を使用して縦線を描画できません。
    (参照番号 - 5819
  • 高解像度モニターで、PDF の一般設定ダイアログの「Convert Text and Graphic Colors to RGB (Excluding Images)(テキストとグラフィックのカラーを RGB に変換(画像を除く))」オプション(ラベル)が一部分しか表示されません。  
    (参照番号 - 5767
  • ローカライズされたバージョンのダイアログの一部で、テキストが切り捨てられます。
    (参照番号 - 5615528560145883
  • 固定されたドキュメントのリストにドキュメントを追加しても、予期したとおり機能しません。
    (参照番号 - 60225217
  • 変数を追加/編集ポッドに変数名のラベルが表示されません。
    (参照番号 - 5571

FrameMaker のクラッシュに関する修正済みの問題:

ユーザーから報告されたか FrameMaker で見つかった以下のクラッシュおよびフリーズに関する問題は、修正済みです。

  • オブジェクトの属性ダイアログでプロパティを変更すると、FrameMaker がフリーズする場合があります。
    (参照番号 - 60305999
  • 変数ポッドを使用して変数値を変更すると、FrameMaker がクラッシュする場合があります。
    (参照番号 - 58695962
  • Word の取り込みダイアログで .sts ファイルを読み込むと、FrameMaker がクラッシュします。
    (参照番号 - 60055951
  • ネストされたテーブルを含む Word ドキュメントを読み込むとクラッシュします。
    (参照番号 - 5344
  • 色付きのコンテンツを含むテーブルを PDF から FrameMaker ドキュメントにコピーすると、FrameMaker がクラッシュします。
    (参照番号 - 5634
  • FrameMaker 11 のファイルを FrameMaker 2019 バージョンで保存するときに、クラッシュすることがあります。
    (参照番号 - 59485935
  • エレメントカタログから topicref や mapref などの新しい参照エレメントを挿入すると、FrameMaker がクラッシュすることがあります。
    (参照番号 - 5637
  • キーボードのショートカットでブックファイルを閉じるか(Ctrl+F4)、タブ付きドキュメントウィンドウを切り替えると(Ctrl+Arrow キー)、FrameMaker がフリーズします。
    (参照番号 - 58876006

機能強化

DITA テンプレート読み込みワークフローの機能強化

DITA テンプレートをフォルダーから直接読み込めるようになりました。コンポーネントルートでブックを介してPDF 出力を公開する際に、以前は各種のテンプレートすべてに出力テンプレートファイルを指定する必要がありました。今回の機能強化で、すべてのテンプレートファイルを一つのフォルダーに配置し、そのフォルダーの場所を指定すればワンクリックですべてのテンプレートファイルを読み込めるようになりました。

テンプレートのサブセットのみを使用する場合は、そのテンプレートファイルをフォルダーに配置します。読み込み中は FrameMaker では、そのフォルダーで利用できるテンプレートファイルのみがアップデートされ、その他のテンプレートファイルは変更されません。

DITA カスタマイズプラグインの改善

DITA カスタマイズプラグインがアップデートされ、カスタマイズされた DITA シェルに制約を追加できるようになりました。ユーザーインターフェイスもアップデートされ、より直観的になりました。DITA カスタマイズプラグインの機能強化により、DITA シェルを迅速かつ容易にカスタマイズできるようになりました。

解決済みの問題

  • PDF 出力でラテン文字が正確に出力されません。
    (参照番号 - 5629
  • Helvetica Type 1 フォントを使用する 3 点リーダーなどの特殊文字が、PDF 出力で空白のページになります。
    (参照番号 - 5576
  • 記号フォントを使用して作成したコンテンツが PDF で正確に出力されません。
    (参照番号 - 5573) 
  • フロントの問題とバックの問題のトピックが、PDF 出力で章として出力されます。
    (参照番号 - 5526
  • PDF/X 標準を使用して生成されない PDF に PDF/X に関連する情報が追加されました 。
    (参照番号 - 5485) 
  • コンポーネントルートでブックを介して生成された PDF で、<bookmeta> 要素に含まれる情報が使用できません。
    (参照番号 - 5476) 
  • FrameMaker の 32 ビット版アプリケーションが、PDF からのコメントを読み込めません。
    (参照番号 - 5421
  • PDF 出力で、MathML の数式が正確にレンダリングされません。
    (参照番号 - 5120
  • 古くなった meta name generator の値が、レスポンシブ HTML5 出力で検出されました。
    (参照番号- 5483
  • FrameMaker でマークとブリードを設定中に、文書のページサイズが自動調整されません。
    (参照番号 - 5470
  • 内トンボ間の距離が狭く、内トンボが太くなります。
    (参照番号 - 5442
  • 場合によって、モバイルアプリケーション出力設定に正確なパスワードを入力した場合でも、不正確なパスエラーメッセージが表示されます。
    (参照番号 - 5135
  • AEM サーバーからアクセスした文書で、文書のバージョン履歴が利用できません。
    (参照番号 - 5048
  • 場合によって、形式のアップデート後でも、相互参照形式がアップデートされないことがあります。
    (参照番号 - 3348
  • フランス語版で、「DITA オプション」タブ(PDF 出力設定ダイアログ内)のフィールドラベルが正確にレンダリングされません。
    (参照番号 - 5619
  • PDF サイズの最適化」メニューオプションが利用できなくなりました。
    (参照番号 - 5387
  • 場合によって、「次のページに移動」アイコンが使用できないことがあります。
    (参照番号 - 5254
  • Insert Before および Insert After コマンドのキーボードショートカットが期待どおり機能しません。
    (参照番号 - 5266
  • FrameMakerでスクリプトユーティリティ(ESTK)が失敗します。
    (参照番号 - 5127
  • FrameMaker 2019 クラスデータが、オブジェクトモデルビューアで利用できません。
    (参照番号 - 5553

FrameMaker のクラッシュに関する修正済みの問題

ユーザーから報告されたか FrameMaker で見つかった以下のクラッシュおよびフリーズに関する問題は、修正済みです。

  • タグ付きのブックの出力がクラッシュします。
    (参照番号 - 5636
  • 場合によって、FrameMaker が透明の画像(.eps)を含む文書の PDF 出力時にクラッシュすることがあります。
    (参照番号 - 5614
  • 挿入ポッドを開くときに、ランダムなクラッシュが見受けられました。
    (参照番号 - 5595
  • .sts ファイルが特殊文字を含む場所に保存されていると、.sts ファイルの編集時に FrameMaker がクラッシュします。
    (参照番号 - 5486

機能強化

PDF 生成ワークフローの機能強化

アップデート 1 で、新しい PDF 公開エンジンにいくつかの機能強化が行われました。機能強化には以下があります。

  • クーリエフォントを使用してコンテンツを公開できない:場合によって、新しい PDF 公開エンジンが、クーリエフォントを使用するコンテンツのレンダリングに失敗します。この問題は修正されています。オーサリング中にクーリエフォントを使用できるようになりました。また、最終 PDF で同じものが公開されます。
  • オンライン PDF の RGB オプションが見つからない:新規オプション「テキストとポリゴンカラーを RGB に変換」が、PDF (一般)設定に追加されました。この新しいオプションを使用して、文書のオーサリング中に使用する同じ色の PDF を生成できます。テキストや多角形、長方形などのシェイプ、またはテーブル境界に定義され使用されたカラーは、最終的な PDF でそのまま公開されます。  ただし、マークやブリードのある PDF を公開する場合は、このオプションは選択しないでください。

「PDF として保存」ワークフローのアップデート

PDF で文書を保存中、FrameMaker が公開設定ダイアログで定義された PDF 公開設定を使用しました。出力場所も公開ポッドから取得されました。最終 PDF の出力場所を変更するには、毎回設定をアップデートするよう求められました。

アップデート 1 リリースで、ファイル PDF として保存 メニューから PDF を文書として保存するよう選択すると、必ず文書の保存 ダイアログが表示されます。文書の保存 ダイアログで、PDF ファイルを保存する場所を選択できます。これは PDF の設定に影響しません。(公開ポッド内)の設定ファイルで指定された場所と、文書の保存 ダイアログで指定された場所は、相互に排他的です。

ワークフローのこの変更によって、既存の PDF ファイルが上書きされる問題も解決しました。同じ場所で同じファイル名の PDF を公開しようとすると、 FrameMaker は警告メッセージを表示します。既存のファイルを上書きすることを確認した場合のみ、FrameMaker はそのファイルの古いバージョンを上書きします。

OpenSSL 統合のアップグレード

FrameMaker アップデート 1 は OpenSSL バージョン 1.1.1 をサポートするようになりました。FrameMaker は WebDAV を使用して HTTPS サーバーで接続を確立する際に OpenSSL を使用します。

解決済みの問題

  • 場合によって、ブックルートを介して PDF を公開すると、クーリエフォントを使用するコンテンツのレンダリングに失敗することがあります。
    (参照番号- 38365172
  • 一連のファイルで、生成された PDF 出力で、テキストがテキストフレームまたはテーブル境界と重複します。
    (参照番号 - 5248
  • 環境設定ダイアログの「インターフェイス」セクションのエントリが、サポート対象のロケールで利用できません。
    (参照番号 - 5175
  • 挿入QRコードの生成メニューのエントリが、サポート対象のロケールで利用できません。
    (参照番号 - 5176
  • 公開設定(ダイアログ)/スタイルマッピング全般設定セクションで、位置が間違ったヘルプアイコンが見つかりました。
    (参照番号 - 5216
  • <x> 分おきに自動保存」オプションが有効になっていても、FrameMaker はバックアップファイルを作成できません。
    (参照番号 - 5241
  • 高品質印刷プリセットを使用して PDF 出力を生成すると、RGB カラースペースの EPS ファイルの CMYK カラーをレンダリングします。
    (参照番号 - 5244
  • FrameMaker のユーザーインターフェイスが複数モニター設定で適切に拡大/縮小されません。
    (参照番号 - 5252
  • PDF 出力生成ワークフローが「PDF として保存」ルートで失敗したときに、エラーメッセージが表示されません。
    (参照番号 - 5297
  • サポート対象のロケールで、FrameMaker ヘルプの一部の画像とコンテンツを利用できません。
    (参照番号 - 2107
  • PDF の生成中に、既存の PDF の上書き時に警告メッセージが表示されません。
    (参照番号 - 4683
  • PDF 出力で、RGB のテキストおよびシェイプのカラーをレンダリングするオプションがありません。
    (参照番号 - 5204
  • PDF を生成中に最終出力が、指定された出力フォルダーの場所に作成されたサブディレクトリに保存されます。
    (参照番号 - 4682
  • PDF/X 対応 PDF の生成ワークフローの改善
    (参照番号 - 5247
FrameMaker のクラッシュに関する修正済みの問題
ユーザーから報告されたか FrameMaker で見つかった以下のクラッシュおよびフリーズに関する問題は、修正済みです。
  • PDF の生成後、ブックファイルを保存するとクラッシュします。
    (参照番号 - 5177
  • すべてのプリンターのマーク」オプションを有効にして PDF を生成した後、編集時に FrameMaker がクラッシュします。
    (参照番号 - 5371
  • PDF 生成後、ブックにすべてのファイルッを保存すると、クラッシュします。
    (参照番号 - 5162
  • FrameMaker の 64 ビットアプリケーションが、.u3d ファイルの読み込み時にクラッシュします。
    (参照番号 - 5240
  • 場合によって、保存せずにファイルを閉じると FrameMaker がクラッシュすることがあります。
    (参照番号 - 5369

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー