アドビ正規品サービス

アドビ正規品サービス(AGS)は、コンピューター上のアドビアプリが正規品かどうかを定期的に検証し、正規品でない場合はお客様に通知するサービスです。

アドビソフトウェアプロテクションサービスとは何ですか?

アドビ正規品サービス(AGS)は、コンピューター上のアドビアプリが正規品かどうかを定期的に検証し、正規品でない場合はお客様に通知するサービスです。 正規品ではないAdobeソフトウェアを使用すると、多くの場合、変更される個人や組織にとって、次のような問題が生じる恐れがあります。

  • データ漏洩の要因となり得るウイルスやマルウェアの脅威に晒されるリスクを高める。
  • ソフトウェアが正しく機能しない、または全く機能しないなどの問題が発生する可能性を高める。

このサービスは、次のことをおこなうように設計されています。

  • コンピューターにインストールされているアドビアプリが正規品かどうかを定期的に確認します。 
  • 非正規のアドビアプリが見つかった場合、ポップアップおよびアプリ内通知によって通知します。 
  • 通知を介して、問題を解決する方法に関する詳細情報を提供します。
  • 通知を介して、専門のカスタマーサポートチームへのアクセスを提供します。 

場合によっては、アドビからお客様に直接ご連絡して、問題の解決をお手伝いすることがあります。  

多くのお客様が、そうとは知らずに正規品ではないアドビアプリやサービスをインストール、あるいは購入された結果、その状況に対処するための追加情報を必要とされるケースがあることを確認しております。このことから、お持ちのデバイス上で AGS を引き続き実行されることをお勧めしております。

サポートへの継続的なアクセス、最新のセキュリティアップデートも含め、最新の機能のご提供は、正規アドビアプリおよびサービスでのみ保証されます。したがって、詐欺行為を阻止し、コンピューターの保護を支援するために、アドビは、識別された非正規のアドビアプリを無効にすることがあります。

アドビアプリが存在しない場合、AGS は自動的にアンインストールされます 

AGS には、自動アンインストール機能が含まれています。 Adobeアプリが正規品かどうかに関係なく、すべてのAdobeアプリをマシンからアンインストールすると、AGSは自動的にアンインストールされます。 

非正規のアドビアプリを意図せずインストールしたお客様向けの専用サポート

アドビは、多くのお客様が、正規品でないアプリおよびサービスを所有していることに驚く可能性があること、この状況に対処するために追加情報が必要になる場合があることを認識しています。アドビは、お客様がご自身のニーズに最適なソリューションを決定するのに役立つ、専門的なサポートとリソースを提供しています。

詐欺ソフトウェアや改造されたソフトウェアを知らずにインストールしたお客様をサポートすることは、アドビの優先課題です。お客様が非正規ソフトウェアや詐欺ソフトウェアを回避することを支援しながら、最適なエクスペリエンスをお客様に提供するのが当社の使命です。 

アドビは不正を防ぐために他に何をしていますか?

そうとは知らずに非正規ソフトウェアをインストールしたお客様へのサポートは、アドビのこの問題への取り組みの一部に過ぎません。アドビは、AGS に加え、不正の動向を監視し、既知の問題を阻止し、潜在的なギャップを埋め、違法な供給者を告訴し、不正の認識と防止について十分な情報を提供することで、根本からの不正の防止に積極的に取り組んでいます。

また、アドビアプリの改造の防止に役立つよう、会社全体で不正検出機能を改善することに、継続的に取り組んでいます。アドビは、お客様に正規アドビアプリおよびサービスのメリットを最大限に活用していただきたいと考えています。

不正防止の取り組みについて詳しくは、https://www.adobe.com/jp/trust/fraud-prevention.html をご覧ください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン