環境設定について

環境設定には、パネルの位置、単位オプション、グラフィックやタイポグラフィの表示オプションなどに関する設定が含まれています。

環境設定とデフォルトの違う点は、それぞれが適用される領域です。環境設定では、特定の InCopy 機能の初期状態の外観と動作を指定します。デフォルト設定は、InCopy ドキュメントに適用されます。

注意:

InCopy の環境設定は、すべてスクリプト作成が可能です。ユーザーグループ間で同一の環境設定を共有するには、環境設定を指定するスクリプトを作成して、各ユーザーが自分が使用するコンピューター上でそのスクリプトを実行します。ユーザーの環境設定ファイルを別ユーザーのコンピューター上にコピーしないでください。アプリケーションが不安定になる可能性があります。スクリプト作成について詳しくは、アドビシステムズ社の Web サイトに掲載されたスクリプティングガイドを参照してください。

デフォルトの設定

ドキュメントを開いていないときに設定を変更すると、その設定が次回より作成される新しいドキュメントのデフォルト設定になります。ドキュメントが開いているときに設定を変更すると、変更時に開いていたドキュメントにだけ適用されます。

同様に、オブジェクトを選択していないときに設定を変更すると、その設定が新しいオブジェクトのデフォルト設定になります。

新規ドキュメントのデフォルト設定の変更

  1. すべての ドキュメントを閉じます。
  2. メニュー項目、パネル、またはダイアログボックスの設定を変更します。

注意:

作成するドキュメントがほとんど同じ用紙サイズや言語である場合には、デフォルト設定を指定することで設定する手間を省くことができます。例えば、デフォルトのページサイズを変更するには、すべてのドキュメントを閉じて、ファイル/ドキュメント設定を選択し、適切なページサイズを選択します。デフォルトの辞書を設定するには、すべてのドキュメントを閉じて、編集/環境設定/欧文辞書(Windows)または InCopy/環境設定/欧文辞書(Mac OS)を選択し、言語ポップアップメニューからオプションを選択します。

ドキュメント内での新しいオブジェクトのデフォルト設定の指定

  1. ドキュメントを開いた状態で、編集/選択を解除を選択します。
  2. メニュー項目、パネル、またはダイアログボックスの設定を変更します。

すべての環境設定とデフォルト設定の復元

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • Windows では InCopy を起動後、すぐに Shift+Ctrl+Alt キーを押します。環境設定ファイルを削除するかどうか訊ねるメッセージが表示されたら「はい」をクリックします。

    • Mac OS では、Shift+Option+Command+Control キーを押しながら InCopy を起動します。環境設定ファイルを削除するかどうか訊ねるメッセージが表示されたら「はい」をクリックします。

警告ダイアログボックスのリセット

  1. 編集/環境設定/一般(Windows)または InCopy/環境設定/一般(Mac OS)を選択します。
  2. 「すべての警告ダイアログをリセット」をクリックすると、非表示に設定したすべての警告ダイアログが表示されます(警告ダイアログが表示されたときに、再び警告ダイアログが表示されないようにオプションを選択することができます)。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー