InCopy ファイルの XML への書き出し

InCopy ストーリーを XML データに変換できるようにするには、以下の作業を行っておく必要があります。

  • 要素タグを作成または読み込みます。

  • ストーリー内のアイテムにタグを適用します。

  • 必要に応じて、構造ウィンドウで要素を再配置します。

ドキュメントの XML コンテンツは、全部書き出すことも、一部を書き出すこともできます。書き出しができるのは、タグ付きのコンテンツのみです。

  1. ドキュメントの一部を書き出す場合には、書き出しを始める要素を構造ウィンドウで選択します。
  2. ファイル/書き出しを選択します。
  3. ファイルの種類」(Windows)または「フォーマット」(Mac OS)で「XML」を選択します。
  4. 名前を入力して、XML ファイルの保存場所を指定し、「保存」をクリックします。
  5. XML の書き出しダイアログボックスで、目的のエンコードスキーム(UTF-8 または UTF-16)を選択します。
  6. 次のいずれかの操作を行います。

    DTD 宣言を含める

    読み込んだ DTD ファイルを XML ファイルと一緒に書き出します。このオプションは、ドキュメントに DTD ファイルが読み込まれている場合にのみ使用できます。

    XML 表示用のアプリケーション

    書き出したファイルをブラウザー、XML 編集アプリケーションまたはテキストエディターで開きます。リストからブラウザーまたはアプリケーションを選択します。

    選択した要素から書き出し

    構造ウィンドウで選択した要素からの書き出しを開始します。このオプションは、いずれかの要素を選択してからファイル/書き出しを選択する場合のみ使用できます。

    タグなしの表を CALS XML として書き出し

    タグ解除された表がある場合に、それを CALS XML 形式で書き出します。

    改行、空白、特殊文字を再マップ

    改行、空白および特殊文字を、通常の文字ではなく 10 進文字の実体として書き出します。

    XSLT を適用

    HTML または別の形式に書き出された XML の変形を定義するためのスタイルシートを適用します。「参照」ボタン(Windows)または「選択」ボタン(Mac OS)をクリックし、ファイルシステムから XSLT ファイルを選択します。

  7. 「書き出し」をクリックし、XML ファイルを書き出します。

タグのみの書き出し

  1. タグパネルメニューから「タグを保存」を選択します。
  2. 名前を入力し、ファイルの保存場所を指定します。
  3. 「エンコーディング」で「UTF-8」、「UTF-16」、「Shift JIS」(日本語の場合)のいずれかを選択し、「保存」をクリックします。タグが XML ファイルとして保存されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー