問題

InDesign 文書を PostScript ファイルとして印刷する際に、ページをカスタマイズするオプションは無効になります。

オプションが無効になっている
ページをカスタマイズするオプションが無効になっています

解決策

この問題は、「デバイスに依存しない」を PPD として選択した場合に発生します。この問題を解決するには、PPD リストから「Adobe PDF」を選択します。

PPD の下に Adobe PDF が表示されていない場合は、以下の手順に従って Adobe PDF を PPD リストにオプションとして追加します。Acrobat 9 PPD はカスタムページサイズをサポートします。カスタムページサイズは、InDesign のブックレットのプリント機能でこのワークフローを使用する際にしばしば必要です。

  1. InDesign を終了します。

  2. /Applications/Adobe InDesign CC 2018/Presets/ へ移動します。

  3. PPDs という名前のフォルダーを作成します。フォルダー名は大文字と小文字が区別されます。

  4. 下のリンクから PPD をダウンロードします。

    ダウンロード

  5. ダウンロードした ZIP ファイルから ADPDF9.PPD を抽出し、手順 3 で作成した PPDs フォルダーに入れます。

  6. InDesign を起動し、PPD リストから「Adobe PDF」を選択します。

これで、ページをカスタマイズするオプションが有効になります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー