ペーストボードとガイドのカスタマイズ

ページマージン、段組、ペーストボードの裁ち落としと印刷可能領域のガイドを表示するカラーを変更することができます。また、標準モードとプレビューモードの違いをわかりやすくするために、プレビューモード時の背景カラーを変更できます。

さらに、オブジェクトをガイドにスナップさせるために必要な距離、ガイドをオブジェクトの前面に表示するか背面に表示するか、およびペーストボードのサイズを指定することができます。

  1. 編集/環境設定/ガイドとペーストボード(Windows)または InDesign/環境設定/ガイドとペーストボード(Macintosh)を選択します。
  2. 「カラー」で、次のポップアップメニューからそれぞれ目的のカラーを選択するか、「カスタム」を選択してカラーピッカーからカスタムカラーを指定します。

    マージン

    ページマージンのカラーを設定します。

    段数

    ページの段組ガイドのカラーを設定します。

    裁ち落とし

    裁ち落とし領域(これはドキュメント設定ダイアログボックスで設定されます)のカラーを設定します。

    印刷可能領域

    印刷可能領域(これはドキュメント設定ダイアログボックスで設定されます)のカラーを設定します。

    背景をプレビュー

    プレビューモードでのペーストボードのカラーを選択します。

  3. オブジェクトがどれぐらい近づくとガイドまたはグリッドにスナップするかを設定するには、「スナップの範囲」でピクセルの値を指定します。
  4. オブジェクトの背景にガイドを表示するには、「背面にガイド表示」を選択します。
  5. ページまたはスプレッド(設定されていれば、裁ち落としまたは印刷可能領域)からどれぐらいの距離までペーストボードを拡張するかを指定するには、「水平マージン」と「垂直マージン」に値を入力します。
  6. 「OK」をクリックして、環境設定ダイアログボックスを閉じます。

注意:

画面上の用紙色を変更できます。テキストまたはオブジェクトを選択していない状態で、スウォッチパネル(ウィンドウ/スウォッチを選択)の「紙色」をダブルクリックします。用紙の色は画面上でのみ表示され、出力には影響しません。この機能は、白色以外の用紙に印刷する場合を想定したデザインをシミュレーションするためのものです。

ドキュメント設定、マージン、段組の変更

ドキュメントの作成後に、ドキュメント設定を変更したい場合があります。例えば、見開きページから単一ページへの変更やページサイズ、マージンの設定を変更したい場合などです。

ドキュメント設定の変更

ドキュメント設定ダイアログボックスでオプションを変更すると、そのドキュメントのすべてのページに影響します。オブジェクトをページに配置した後にページのサイズや方向を変更する場合には、レイアウト調整機能を使用すると、既存のオブジェクトを再配置する手間を最小限にできます。詳しくは、自動レイアウト調整機能についてを参照してください。

  1. ファイル/ドキュメント設定を選択します。

  2. ドキュメントのオプションを指定して、「OK」をクリックします(詳しくは、新規ドキュメントのオプションを参照してください)。

ページマージンと段組の設定の変更

ページまたはスプレッドの段組とマージンの設定を変更できます。マスターページで段組とマージンの設定を変更すると、そのマスターが適用されるすべてのページで設定が変更されます。通常のページの段組とマージンを変更すると、ページパネルで選択されているそのページのみに変更が適用されます。

注意:

マージン・段組ダイアログボックスでは、テキストフレームの内部の段組は変更されません。テキストフレームの段組は、ページ自体ではなく、個々のテキストフレーム内にだけ存在します。テキストフレーム設定ダイアログボックスを使用して、個々のテキストフレーム内の段組を設定できます(詳しくは、テキストフレームの段組の設定を参照してください)。 テキストフレームの段組は、レイアウト調整機能の影響を受ける場合もあります。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • 1 つのスプレッドまたはページのマージンと段組を変更するには、変更するスプレッドに移動するか、ページパネルでスプレッドまたはページを選択します。

    • 複数のページのマージンと段組を変更するには、ページパネルでページを選択するか、変更するページに適用されているマスターページを選択します。

  2. レイアウト/マージン・段組を選択し、次のいずれかの設定を変更して、「OK」をクリックします。

    マージン

    ページの各端からマージンガイドまでの距離を指定します。新規ドキュメントまたはドキュメント設定ダイアログボックスで「見開きページ」を選択すると、「左」と「右」のオプション名が「ノド」と「小口」に変わり、綴じしろのための内側のマージンを指定することができます。

    段数

    列数を指定します。

    「横組み」または「縦組み」を選択して、段組の方向を指定します。この設定により、ドキュメントのベースライングリッドの方向も決まります。

不均等な幅の段組の作成

ページ内に複数段の段組を設定している場合、段組ガイドは段間に一対で表示されます。一方の段組ガイドをドラッグすると、もう一方のガイドも移動します。段組ガイドの間隔は指定した段間の値です。一対のガイドは一緒に移動して段間値が維持されます。

注意:

テキストフレーム内の段組に対しては、不均等な段組の幅を作成することはできません。代わりに、連結された隣り合うテキストフレームを段組の幅を変えて作成します。

  1. 変更したいマスターまたはスプレッドに移動します。

  2. 段組ガイドがロックされている場合は、表示/グリッドとガイド/段組ガイドをロックを選択して、ロックの選択を解除します。

  3. 選択ツール を使用して、段組ガイドをドラッグします。別の段組ガイドやページの端を越えてドラッグすることはできません。

不均等な幅の段組を作成するには段組ガイドをドラッグ

注意:

段間が不均等な段組を作成するには、均等な間隔の定規ガイドを作成して、個々のガイドを目的の位置までドラッグします(詳しくは、定規ガイドの作成を参照してください)。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー