マニュアル キャンセル

定規ガイド

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Toolbox
      3. 環境設定の指定
      4. タッチワークスペース
      5. 初期設定のキーボードショートカット
      6. ドキュメントの復元と取り消し
      7. Capture の拡張機能
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. 親ページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      4. パステキストの作成
      5. 箇条書きと自動番号の使用
      6. グリフと特殊文字
      7. テキスト組版
      8. テキスト変数
      9. QR コードの作成
      10. テキストの編集
      11. テキストの行揃え
      12. オブジェクトへのテキストの回り込み
      13. アンカー付きオブジェクト
      14. リンクコンテンツ
      15. 段落の書式設定
      16. 文字の書式設定
      17. 検索と置換
      18. スペルチェックと言語の辞書
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 文末脚注
      5. キャプション
    6. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. オブジェクトスタイル
      3. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      4. スタイルの操作
      5. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    7. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
      11. フォーム
    8. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. オブジェクトの整列と分布
      10. リンクと埋め込み画像
      11. AEM Assets の統合
    9. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 共有
    1. 共有とコラボレーション        
    2. レビュー用に共有
    3. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    4. フィードバックの管理 
  6. 公開
    1. 書き出しと公開
      1. Publish Online
      2. EPUB へのコンテンツの書き出し
      3. Adobe PDF オプション
      4. HTML へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF への書き出し
      6. JPEG 形式での書き出し
      7. HTML 形式で書き出し
      8. DPS および AEM Mobile の概要
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  7. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. InDesign で拡張機能をキャプチャする
      4. スクリプト
注意:

平等な言葉遣い:アドビのコアとなる包括性の価値を反映するために、InDesign 2022(バージョン 17.0)以降の非包括的言語を置き換えます。英語、デンマーク語、ハンガリー語、スペイン語、イタリア語、ブラジル語、ポルトガル語、および日本語のロケールのヘルプ記事では、マスターページへの参照はすべて親ページに置き換えられます

定規ガイドの作成

定規ガイドは、グリッドとは異なり、ページやペーストボードの任意の位置に置くことができます。定規ガイドは、ページガイドとスプレッドガイドの 2 種類があります。ページガイドは、それを作成したページ上のみに表示されます。スプレッドガイドは、複数ページを含むスプレッド上のすべてのページとペーストボードに表示されます。また、定規ガイドはペーストボードに置くこともできます。定規ガイドはレイヤーごとに作成され、レイヤーを非表示にするとガイドも非表示になります。

新しく作成する定規ガイドは、常にターゲットスプレッドに置かれます。例えば、ドキュメントウィンドウに複数のスプレッドが表示されているときに、新しいガイドをウィンドウにドラッグすると、そのガイドはターゲットスプレッドでのみ表示されます。

ドキュメントウィンドウのガイド

A. スプレッドガイド B. ページガイド 

定規ガイドの作成

  1. 定規とガイドの両方が表示されていて、目的のスプレッドがターゲットになっていることを確認し、プレビューモードではなく標準モードでドキュメントを表示します。
  2. ドキュメントに複数のレイヤーが含まれている場合は、レイヤーパネルでターゲットとするレイヤーの名前をクリックします。
  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • ページガイドを作成するには、ポインターを水平定規または垂直定規の内側に置き、ターゲットスプレッドの目的の位置までドラッグします。ペーストボードにガイドを置くと、ガイドはペーストボードとスプレッドにまたがって表示されますが、そのガイドをページまでドラッグするとページガイドになります。

    • スプレッドガイドを作成するには、水平定規または垂直定規から、ペーストボード上をポインターが通るように(ページ上を通らないように)ドラッグして、ターゲットスプレッドの目的の位置にガイドを置きます。

    • 水平ガイドと垂直ガイドを切り替えるには、ガイドを選択し、Alt キー(Windows)または Option キー(macOS)を押したままにします。

    • ペーストボードが表示されていない場合(例えば、拡大表示している場合)にスプレッドガイドを作成するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(macOS)を押しながら、水平定規または垂直定規からターゲットスプレッドまでドラッグします。

    • ドラッグしないでスプレッドガイドを作成するには、水平定規または垂直定規の上で、ガイドを作成したい位置をダブルクリックします。定規の目盛にガイドをスナップさせたい場合は、Shift キーを押しながら定規をダブルクリックします。

    • 水平ガイドと垂直ガイドを同時に作成するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(macOS)を押しながら、ターゲットスプレッドの定規の交点から適切な位置までドラッグします。

水平と垂直のガイドを同時に作成

注意:

既存の定規ガイドを数値で指定して再配置するには、ガイドをクリックして選択し、コントロールパネルの「X 位置」または「Y 位置」に値を入力します。

等間隔のページガイドの作成

  1. ドキュメントに複数のレイヤーが含まれている場合は、レイヤーパネルでターゲットとするレイヤーの名前をクリックします。
  2. レイアウト/ガイドを作成を選択します。
  3. 「数」で、作成したい行または列の数を指定します。
  4. 「間隔」で、行または列の間隔を指定します。最初は小さい値(5 ミリなど)から入力します。大きい値を指定すると行や列の幅が狭くなります。

    「ガイドを作成」コマンドで作成した段組は、「マージン・段組」コマンドを使用して作成した段組とは異なります。例えば、「ガイドを作成」コマンドで作成した段組では、テキストファイルを配置したときに、テキストの流し込みは制御されません。テキストの自動流し込みに適した段組を作成するには「マージン・段組」コマンドを使用し、その他のレイアウトのために段組のためのガイドを作成するには「ガイドを作成」コマンドを使用します。

  5. 「ガイドの適用」で、ページマージン内にガイドを作成するには「マージン」を、ページ内にガイドを作成するには「ページ」を選択します。
    ページマージン内(左)とページ内(右)の等間隔の定規ガイド

  6. ロックされているガイド、非表示になっているガイドも含めて、既存のガイドを削除するには、「既存の定規ガイドを削除」を選択します。
  7. 必要に応じて「プレビュー」を選択し、設定の結果を確認します。設定が終わったら、「OK」をクリックします。
注意:

「ガイドを作成」コマンドで作成できるのは、ページガイドだけです。スプレッドガイドは作成できません。

注意:

既存の定規ガイドを等間隔にするには、まず、ガイドを横切るようにドラッグするか、Shift キーを押しながらクリックして、複数の定規ガイドを選択します。次に、コントロールパネルの「間隔を指定」を選択し、テキストボックスに間隔の値を入力して、Enter キーまたは Return キーを押して確定します。「間隔を指定」の左にある「水平方向中央を基準に分布」または「垂直方向中央を基準に分布」をクリックします。

ガイドの表示と非表示の切り替え

  • すべてのマージン、段組、定規ガイドの表示と非表示を切り替えるには、表示/グリッドとガイド/ガイドを表示、または表示/グリッドとガイド/ガイドを隠すを選択します。
  • レイヤーのオブジェクトの可視性を変更せずに、1 つのレイヤー上のみで定規ガイドの表示と非表示を切り替えるには、レイヤーパネルでレイヤー名をダブルクリックし、「ガイドを表示」を選択または選択解除して、「OK」をクリックします。
  • ガイドと他の印刷対象外のすべての要素の表示と非表示を切り替えるには、ツールパネルの下にあるプレビューモードアイコン をクリックします。

定規ガイドの操作

個々の定規ガイドの属性を変更したり、同時に複数の定規ガイドを移動、カット、コピー、ペーストおよび削除することができます。カットまたはコピーした定規ガイドは、別のページやドキュメントにペーストできますが、他のプログラムにはペーストできません。特定のガイドの属性を変更するには、変更したいガイドを選択する必要があります。ガイドを選択せずに定規やガイドのコマンドを使用すると、デフォルトの設定が変更され、新しいガイドにだけ適用されます。

定規ガイドの選択

選択されていない定規ガイドは、デフォルトでは水色で表示されます。選択されているときにはレイヤーカラーでハイライト表示され、コントロールパネルの基準点アイコンが  または  に変わり、ガイドが選択されていることを示します。

  • 1 つの定規ガイドを選択するには、選択ツール  またはダイレクト選択ツール  を使用し、ガイドをクリックします。選択されたガイドは、レイヤーカラーでハイライト表示されます。
注意:

定規ガイドを選択できず、表示/グリッドとガイド/ガイドのロックの選択も解除されている場合は、ガイドが親ページ上に置かれているか、ロックされているレイヤー上に置かれている可能性があります。

  • 複数の定規ガイドを選択するには、選択ツールまたはダイレクト選択ツールを使用して、Shift キーを押しながらガイドをクリックします。または、複数のガイドを横切るようにドラッグします。ドラッグ中に選択マーキーが他のオブジェクトに触れたり、それらを囲んだりしないようにします。
  • ターゲットスプレッドのすべての定規ガイドを選択するには、Ctrl + Alt + G キー(Windows)または Command + Option + G キー(macOS)を押します。

定規ガイドの移動

  1. 選択ツール  またはダイレクト選択ツール  を使用して、次のいずれかの操作を行います。
    • 定規ガイドを移動するには、ガイドをドラッグします。

    • 複数の定規ガイドを移動するには、Shift キーを押しながらガイドを選択してから、それらをドラッグします。

      他のオブジェクトの場合と同様に、コントロールパネルまたは変形パネルを使用して、選択されているガイドを移動します。これには矢印キーで少しずつ移動する方法も含まれます。

    • ガイドを定規の目盛にスナップさせるには、Shift キーを押しながらガイドをドラッグします。または、ガイドを選択し、Shift キーを押しながらマウスボタンをクリックします。

    • スプレッドガイドを移動するには、ペーストボード上にある部分をドラッグします。または、ページ上にある部分を Ctrl キー(Windows)または Command キー(macOS)を押しながらドラッグします。

    • 別のページまたはドキュメントにガイドを移動するには、ガイドを選択し、編集/コピー、または編集/カットを選択し、別のページに移動して、編集/ペーストを選択します。元のページと同じサイズおよび方向のページにガイドをペーストすると、ガイドは元のページでの位置と同じ位置に置かれます。

注意:

レイヤーパネルメニューの「レイヤーを記憶してペースト」オプションは、ガイドのペースト先であるレイヤーに対して作用します。

定規ガイドの削除

  • 個々のガイドを削除するには、定規ガイドを選択し、Delete キーを押します。また、定規ガイドを定規までドラッグして削除することもできます。
  • ターゲットスプレッドの定規ガイドをすべて削除するには、選択したガイドまたは定規を右クリック(Windows)するか、Control キーを押しながらクリック(macOS)し、「スプレッド上のすべてのガイドを削除」を選択します。

ガイドを削除できない場合は、ロックされている、親ページにある、またはロックされたレイヤー上にある可能性があります。

定規ガイドのカスタマイズ

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • 既存の定規ガイドのオプションを変更するには、変更したい定規ガイドを選択します。

    • 新しい定規ガイドにデフォルトの設定を適用するには、何もない領域をクリックして、すべてのガイドの選択を解除します。

  2. レイアウト/定規ガイドを選択します。
  3. 「ガイドを表示」で、ガイドが表示される表示倍率の下限を指定します。設定値を大きくすると、低い表示倍率ではガイドが表示されなくなります。
  4. 「カラー」で、既存のカラーを選択するか、「カスタム」を選択してカスタムカラーを指定します。「OK」をクリックします。
注意:

定規から Alt キー(Windows)または Option キー(macOS)を押しながらドラッグして定規ガイドを作成すると、現在の表示倍率が定規ガイドダイアログボックスの「ガイドを表示」の値として設定されます。

定規ガイドのロックの切り替え

  • すべての定規ガイドのロックを切り替えるには、表示/グリッドとガイド/ガイドのロックを選択して、そのコマンドを選択または選択解除します。
  • レイヤーのオブジェクトの可視性を変更せずに、1 つのレイヤー上のみで定規ガイドのロックを切り替えるには、レイヤーパネルでレイヤー名をダブルクリックし、「ガイドのロック」を選択または選択解除して、「OK」をクリックします。

定規ガイドの重なり順の変更

デフォルトでは、定規ガイドは他のすべてのガイドやオブジェクトよりも前面に表示されます。そのため、線幅の細いオブジェクトなどが定規ガイドで隠れてしまうことがあります。環境設定ダイアログボックスの「背面にガイド表示」を変更することで、定規ガイドを他のすべてのオブジェクトよりも前面または背面に表示することができます。ただし、この「背面にガイド表示」の設定にかかわらず、オブジェクトと定規ガイドは常にマージンガイドと段組ガイドよりも前面に表示されます。また、別のレイヤーに定規ガイドを置くと、ガイドを階層構造で配置できますが、その場合でも表示上のガイドの重なり順には影響しません。「背面にガイド表示」は、すべての定規ガイドを単一のセットとして、ページ上のすべてのオブジェクトに対する重なり順を変更します。

デフォルトの重なり順

A. 定規ガイド B. ページ上のオブジェクト C. マージンガイドと段組ガイド D. ページ 

  1. 編集/環境設定/ガイドとペーストボード(Windows)または InDesign/環境設定/ガイドとペーストボード(macOS)を選択します。
  2. 「背面にガイド表示」を選択して、「OK」をクリックします。

ガイドとグリッドへのオブジェクトのスナップ

オブジェクトをガイドに沿って正確に整列させるには、「ガイドにスナップ」、「グリッドにスナップ」および「レイアウトグリッドにスナップ」コマンドを使用します。オブジェクトを作成、移動およびサイズ変更する際にこれらのコマンドを使用すると、最も近いグリッドの交点やガイドにオブジェクトの境界がスナップ(吸着)します。

オブジェクトをガイドにどれぐらい近づけるとスナップするかの距離は、スナップの範囲と呼ばれ、調整することができます。「ガイドにスナップ」と「グリッドにスナップ」コマンドの両方を選択した場合は、グリッドへのスナップが優先されます。

ガイドやグリッドに沿ってオブジェクトを整列させる場合は、次の点に注意してください。

  • オブジェクトをガイドにスナップするには、オブジェクトをガイドに向かってドラッグし、オブジェクトの 1 つ以上の境界がガイドのスナップ範囲内に入るようにします。

  • オブジェクトをガイドにスナップするには、ガイドが表示されている必要があります。ただし、グリッドの場合は、それが表示されているかどうかにかかわらず、オブジェクトをドキュメントおよびベースラインのグリッドにスナップさせることができます。

  • 任意のレイヤー上にあるオブジェクトは、その他のレイヤーに表示されている定規ガイドにもスナップします。特定のレイヤーでオブジェクトをガイドにスナップさせたくない場合は、そのレイヤーのガイドを隠します。

  • テキストのベースラインをベースライングリッドにスナップさせるには、コントロールパネルメニューまたは段落パネルメニューのグリッド揃え/欧文ベースラインを選択します。または、段落スタイルの「グリッド設定」で「グリッド揃え」を「欧文ベースライン」に設定します。

  • テキストのベースラインをベースライングリッドにスナップさせる場合は、個々の段落または段落スタイルごとに「ベースライングリッドに揃える」ボタン  を押します。

  1. 表示/グリッドとガイドを選択し、「ガイドにスナップ」が選択されている(チェックマークが表示されている)ことを確認します。
    注意:

    「ガイドにスナップ」コマンドは、ガイドへのスナップと、ベースライングリッドへのスナップの両方を制御します。

  2. スナップが機能する範囲を指定するには、編集/環境設定/ガイドとペーストボード(Windows)、または InDesign/環境設定/ガイドとペーストボード(macOS)を選択し、「スナップの範囲」に値を入力して、「OK」をクリックします。「スナップの範囲」の値は、常にピクセル単位で指定します。

スマートガイドの使用

スマートガイド機能を使用すると、レイアウト上の項目にオブジェクトを簡単にスナップできるようになります。オブジェクトをドラッグまたは作成するときに一時的なガイドが表示され、オブジェクトがページ枠やページの中央に揃えられるのか、または別のページアイテムに揃えられるのかが示されます。

デフォルトでは、スマートガイド機能はオンになっています。スマートガイドをオフにすることも、次のいずれかのスマートガイドカテゴリーをオフにすることもできます。

オブジェクトの中心に揃える、オブジェクトのエッジに揃える

オブジェクトをページアイテムの中心または枠に簡単にスナップできます。オブジェクトがどこにスナップするかを示すラインが表示されます。

スマートサイズ

ページアイテムをサイズ変更、作成、または回転すると表示されます。例えば、ページ上の 1 つのオブジェクトを 24 度回転させた場合、別のオブジェクトを 24 度に近い値で回転させると回転アイコンが表示されます。このヒントを使用すると、オブジェクトを別のオブジェクトの同じ回転角度にスナップさせることができます。同様に、オブジェクトのサイズを変更すると、別のオブジェクトとサイズが一致したときに矢印が付いたラインが表示され、別のオブジェクトと同じ幅または高さにスナップできるようになります。

スマートスペーシング

スマートスペーシングを使用すると、オブジェクトの間隔が均等になると表示される一時的なガイドラインを目安にして、ページアイテムをすばやく配置できます。

スマートカーソル

オブジェクトを移動またはサイズ変更するときには X 値と Y 値が、回転するときには回転値が、グレーのボックスに表示されます。インターフェイスの環境設定の「変形値を表示」オプションを使用して、スマートカーソルのオンとオフを切り替えることができます。

スマートガイドの使用に関するビデオチュートリアルについては、www.adobe.com/go/lrvid4029_id_jp を参照してください。

スマートガイドのオン / オフの切り替え

  1. 表示/グリッドとガイド/スマートガイドを選択します。

スマートガイドカテゴリーのオン / オフの切り替え

  1. 環境設定ダイアログボックスの「ガイドとペーストボード」セクションを開きます。
  2. 「オブジェクトの中心に揃える」、「オブジェクトのエッジに揃える」、「スマートサイズ」、「スマートスペーシング」をオンまたはオフにし、「OK」をクリックします。
注意:

ポインターを置いたオブジェクトの X 値と Y 値を表示するスマートカーソルをオフにするには、インターフェイスの環境設定の「変形値を表示」の選択を解除します。

スマートガイドの表示方法の変更

  1. 環境設定ダイアログボックスの「ガイドとペーストボード」セクションを開きます。
  2. スマートガイドポップアップメニューから別のカラーを選択し、「OK」をクリックします。

スマートガイドを使用するときのヒント

  1. スマートガイドは、現在のページビューにあるページアイテムおよび重複部分に対してのみ有効です。ページに多くのオブジェクトがあり、特にオブジェクトを別のオブジェクトと整列しようとしている場合は、その領域をズームインします。スマートガイドを段組ガイドにスナップしない場合は、表示/グリッドとガイド/ガイドにスナップを選択し、「ガイドにスナップ」機能を一時的にオフにします。スマートガイド機能はズーム倍率に関係なく正確であるため、例えば、2 つのオブジェクトの左端が正確に揃っているかどうかをズームインして確認する必要はありません。

アドビのロゴ

アカウントにログイン