XML へのドキュメントコンテンツの書き出し

InDesign ドキュメントから XML へコンテンツを書き出す前に、次の操作をしておく必要があります。

  • 要素タグを作成または読み込んでおきます。

  • ドキュメントのページ上のアイテムにタグを適用しておきます。

  • 構造ウィンドウで、必要に応じてタグ付き要素の階層構造を調整しておきます。

ドキュメント内の XML コンテンツの全部または一部を書き出すことができます。書き出すことができるのはタグ付きのコンテンツのみです。

注意:

表を含むドキュメントを書き出す場合、書き出す表にはタグが付けられている必要があり、タグが付けられていない場合 InDesign では XML の一部として書き出すことができません。

  1. ドキュメントの一部を書き出す場合には、書き出しを始める要素を構造ウィンドウで選択します。
  2. ファイル/書き出しを選択します。
  3. ファイルの種類」(Windows)または「フォーマット」(Mac OS)から「XML」を選択します。
  4. XML ファイルとして保存する名称と場所を指定して「保存」をクリックします。
  5. XML を書き出しダイアログボックスの「一般」タブで、次のいずれかを選択します。

    DTD 宣言を含める

    DTD への参照も XML ファイルと一緒に書き出します。このオプションは、構造ウィンドウに DOCTYPE 要素がある場合のみ使用できます。

    XML 表示用のアプリケーション

    書き出されたファイルを、ブラウザー、XML 編集用アプリケーションまたはテキストエディターで開きます。リストからブラウザーまたはアプリケーションを選択します。

    選択した要素から書き出し

    構造ウィンドウで選択した要素から書き出しを開始します。このオプションは、いずれかの要素を選択してからファイル/書き出しを選択する場合のみ使用できます。

    タグなしの表を CALS XML として書き出し

    タグなしの表を CALS XML 形式で書き出します。表を書き出すには、その表がタグ付きフレーム内にあり、表自体にはタグが付いていないことが必要です。

    改行、空白、特殊文字を再マップ

    改行、空白および特殊文字を、その文字そのものではなく小数点エンティティとして書き出します。

    XSLT の適用

    書き出される XML を、変更された XML ツリー、HTML などに変換するためのスタイルシートを適用します。「参照」ボタン(Windows)または「選択」ボタン(Mac OS)をクリックし、ファイルシステムから XSLT ファイルを選択します。デフォルトの「XML のスタイルシートを使用」オプションを使用すると、XML ファイルに XSLT 変換命令がある場合、その変換命令が書き出し時に適用されます。

  6. エンコーディングメニューから、エンコーディングの種類を選択します。
  7. 画像の書き出しのオプションを指定するには、「画像」タブをクリックし、次の中から 1 つまたは複数のオプションを選択します。

    オリジナル画像

    オリジナルの画像ファイルのコピーを Images サブフォルダーに保存します。

    最適化オリジナル画像

    オリジナルの画像ファイルの最適化および圧縮をおこない、そのコピーを Images サブフォルダーに保存します。

    最適化フォーマット画像

    (回転や拡大 / 縮小などの)変更が加えられたオリジナルの画像ファイルを最適化し、Images サブフォルダーに保存します。例えば、ドキュメントに 2 つの画像が含まれており、1 つはトリミングされていてもう 1 つはトリミングされていない場合、トリミングされた画像のみが最適化され、Images サブフォルダーにコピーされます。

  8. 前の手順で「最適化オリジナル画像」または「最適化フォーマット画像」を選択した場合、画像の最適化についてのオプションを選択します。
  9. 「書き出し」をクリックします。

注意:

すべての特殊文字が XML でサポートされているわけではありません(自動ページ番号文字など)。書き出される XML ファイルに含めることができない文字があると、InDesign で警告が表示されます。この警告は、表にタグが付けられていない場合にも表示されます。

最適化された画像の書き出しオプション

XML を書き出しダイアログボックスの「画像」タブで「最適化オリジナル画像」または「最適化フォーマット画像」を選択すると、次のオプションが使用可能になります。

画像変換

変換後の画像のファイル形式を指定します。「自動」を選択すると、画像に基づいて最善のファイル形式が自動的に選択されます。この場合、「GIF オプション」と「JPEG オプション」の両方を指定できます。

GIF オプション

XML に書き出したときに GIF 形式に変換される画像のフォーマットを指定します。設定できるオプションは次のとおりです。

パレット

画像の変換の際に使用されるカラーパレットを指定します。XML コンテンツの最終的な表示形式で使用されるパレットを選択してください。「使用中の色に合わせて割り付ける(ディザなし)」は、大半がベタ領域となっている画像に適しており、最終出力を複数の形式でおこなう場合に使用できます。

インターレース

1 つのパスで画像全体をダウンロードするのではなく、各パスで画像をラインごとにダウンロードします。インターレース方式は画像のプレビューをすばやくダウンロードできます。最終的な表示品質に達するまで、パスを表示するごとに解像度が上がっていきます。

JPEG オプション

XML に書き出したときに JPEG 形式に変換される画像のフォーマットを指定します。設定できるオプションは次のとおりです。

画質

変換後の画像の品質を指定します。品質の設定が高くなればなるほどファイルサイズは大きくなり、ダウンロードにも時間がかかります。

フォーマット

JPEG 画像をダウンロード用にどのようにフォーマットするかを指定します。「ベースライン」を指定した場合、最終的な品質の画像を 1 つのパスでダウンロードします。ファイルが開くと同時に最終品質で表示されます。この形式だと、「プログレッシブ」でフォーマットされた画像に比べてダウンロードに時間がかかる場合があります。「プログレッシブ」を指定した場合は、画像は一連のパスでダウンロードされます。最初のパスでは低解像度の画像が表示され、最終的な表示品質に達するまで、パスを表示するごとに画像の解像度が上がっていきます。

タグのみを XML として保存

タグのみを保存すると、保存したタグを InDesign ドキュメントに読み込んで使用できるようになります。

  1. タグパネルメニューから「タグを保存」を選択します。
  2. 名前と場所を指定して「保存」をクリックします。

    ドキュメント内のタグとその割り当てられたカラーが XML ファイルとして保存されます。

書き出された XML ファイルの編集

InDesign を使用して XML ファイルを作成して書き出した場合、次のいずれかの方法で XML を変更できます。

  • XML ファイル内で直接変更するには、テキストエディターまたは XML エディターでファイルを開きます。
  • ソースドキュメントに保存される変更をおこなうには、XML の書き出し元の InDesign ファイルを開きます。InDesign でコンテンツを変更したら、もう一度 XML に書き出します。その際ファイルを置き換えたい場合は、元の XML ファイル名を使用します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー