Lightroom Classic 9.2(2020 年 2 月リリース)で導入された機能

Lightroom Classic で Raw ファイル形式の画像を読み込むための初期設定を、Adobe デフォルト、カメラ固有の初期設定、またはカスタムプリセットに基づいて設定します。 

Raw 画像の読み込みに関する初期設定の調整

Raw 画像の読み込みに関する初期設定を調整するには、次の手順を実行します。

  1. 編集環境設定(Win)または Lightroom Classic環境設定(macOS)に移動します。

  2. 環境設定ダイアログボックスの「プリセット」タブを選択します。

  3. マスタードロップダウンから、次のいずれかを選択します。

    Adobe デフォルト

    Raw 画像に Adobe デフォルトを適用する場合は、このオプションを選択します。

    カメラ設定

    Raw 画像を撮影したカメラの設定を保持するには、このオプションを選択します。

    プリセット

    このオプションを選択し、読み込み時に Raw 画像に適用するプリセットを選択します。

    注意:

    カメラ設定」を選択し、Lightroom Classic に一致する設定がない場合は、初期設定が適用されます。

    Raw 初期設定の調整
    Raw 画像の読み込みに関する初期設定の調整

カメラモデル固有の Raw 初期設定の調整

カメラモデルに基づいて、Raw 画像の初期設定を調整できます。シリアル番号に基づいて、同じカメラモデルの複数のカメラに対して異なる初期設定を指定することもできます。

初期設定の作成

カメラモデルに基づいて初期設定を調整するには、次の操作を実行します。

  1. 編集環境設定(Win)または Lightroom Classic環境設定(macOS)に移動します。

  2. 環境設定ダイアログボックスの「プリセット」タブを選択します。

  3. Raw 初期設定」で「カメラモデルに固有の初期設定を使用」を選択します。

  4. カメラドロップダウンからカメラモデルを選択します。ドロップダウンリストには、Raw 画像の読み込み元のすべてのカメラモデル名が表示されます。

  5. (オプション)シリアル番号に基づいてカメラの初期設定を作成する場合は、「シリアル番号を表示」を選択します。カメラドロップダウンリストに、カメラモデル名とシリアル番号が表示されるようになりました。

    カメラモデル固有の Raw 初期設定の調整
    カメラモデル固有の Raw 初期設定の調整
  6. 初期設定ドロップダウンから、次のいずれかを選択します。

    Adobe デフォルト

    Raw 画像に Adobe デフォルトを適用する場合は、このオプションを選択します。

    カメラ設定

    Raw 画像を撮影したカメラの設定を保持するには、このオプションを選択します。

    プリセット

    このオプションを選択し、読み込み時に Raw 画像に適用するプリセットを選択します。

    注意:

    カメラ設定」を選択し、Lightroom Classic に一致する設定がない場合は、初期設定が適用されます。

  7. 初期設定を作成」をクリックします。

初期設定の変更

作成した初期設定を変更するには、次の操作を実行します。

  1. 編集環境設定(Win)または Lightroom Classic環境設定(macOS)に移動します。

  2. 環境設定ダイアログボックスの「プリセット」タブを選択します。

  3. 変更する初期設定を選択し、次のいずれかの操作を実行します。

    • 初期設定の横にある下向き矢印 をクリックします。
    • 初期設定を右クリックまたは左クリックします。
    初期設定の変更
    初期設定の変更
  4. ポップアップメニューから新しい設定を選択します。

初期設定の削除

作成した初期設定を削除するには、次の操作を実行します。

  1. 編集環境設定(Win)または Lightroom Classic環境設定(macOS)に移動します。

  2. 環境設定ダイアログボックスの「プリセット」タブを選択します。

  3. 削除する初期設定を選択し、次のいずれかの操作を実行します。

    • 初期設定の横にある下向き矢印 をクリックします。
    • 初期設定を右クリックします。
  4. ポップアップメニューから「削除」を選択します。

    初期設定の削除
    初期設定の削除

ISO 値に固有の Raw 初期設定の調整

Raw 画像の ISO 値に基づいて、Raw 初期設定を調整できます。これをおこなうには、ISO 依存のプリセットを作成し、Raw 画像のデフォルトとして設定する必要があります。

プリセットの ISO 値ごとに異なる設定を指定できます。画像に異なる ISO 値がある場合は、プリセットを指定すると、プリセットで定義した値に基づいて適切な設定値が計算されます。例として、次のプリセットを作成します。

  • ISO 400    輝度ノイズ軽減 0
  • ISO 1600    輝度ノイズ軽減 10

そして ISO 800 で画像を読み込むと、輝度ノイズ軽減は 5 に設定されます。

ISO 値に基づいて Raw 初期設定を調整するには、次の操作を実行します。

  1. ISO 依存のプリセットを作成します。詳しくは、「ISO 依存のプリセットの例」を参照してください。

  2. プリセットをユーザープリセットとして追加します。詳しくは、「現像プリセットの読み込み」を参照してください。

  3. 編集環境設定(Win)または Lightroom Classic環境設定(MacOS)に移動します。

  4. 環境設定ダイアログボックスの「プリセット」タブを選択します。

  5. 次のいずれかの操作を実行します。

    • マスタードロップダウンから、プリセットユーザープリセットを選択し、ISO 依存のプリセットを選択します。 
    • カメラモデルに固有の初期設定を使用」を選択し、カメラモデルを選択します。次に、初期設定ドロップダウンからプリセットユーザープリセットを選択し、ISO 依存のプリセットを選択します。


ISO 依存のプリセットの例

ここでは、ISO 依存のプリセットの例を示します。必要に応じて、これらのプリセットをダウンロードしてカスタマイズできます。

例 1

このプリセットは、輝度ノイズ軽減を次のように設定します。

  • ISO 400 以下の画像の場合は 0
  • 1600 ISO の画像の場合は 10
  • 6400 ISO 以上の画像の場合 は 30

このプリセットの主な用途は、画像の ISO 値の増加に応じて、ノイズ軽減量をカスタマイズして増加させることです。

例 2

このプリセットは、次の設定をカスタマイズします。

  • 輝度ノイズ軽減
  • 偽色の軽減
  • カラーノイズ軽減の滑らかさ
  • 黒レベル
  • 明瞭度
  • シャープのマスク

このプリセットは、ISO 値に基づいて Raw 画像に次の変更を加えます。

  • ISO 400 以下では、ノイズ軽減を完全に無効にします。
  • ISO 値が低い場合はシャープのマスクを無効にし、ISO 値が高い場合は有効にします。
  • ISO 値が低い場合は黒レベルと明瞭度の初期設定値を使用し、ISO 値が高い場合は異なる値を使用します。 

FAQ

  • Lightroom Classic の環境設定をリセットした場合、Raw 初期設定を再設定する必要がありますか?

    Lightroom Classic の環境設定をリセットまたは削除しても、初期設定の Raw 設定は個別に保存されるので、影響はありません。

  • Raw 初期設定の書き出し/読み込みをおこなう方法を教えてください。

    Lightroom Classic には、Raw 初期設定の書き出し/読み込みをおこなうためのオプションはありません。ただし、次の場所から RawDefaults.xmp をコピーして、手動で RAW 初期設定の書き出し/読み込みをおこなうことができます。

    macOS:/Users/<ユーザー名>/Library/Application Support/Adobe/CameraRaw/Defaults

    Windows:C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\CameraRaw\Defaults\

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー