Lightroom Classic では、単一のカタログを使用するか、複数のカタログを作成するかを選ぶことができます。自分に適したオプションを選択する方法を説明します。

Lightroom Classic のカタログには各写真の記録が収集されており、カメラ設定(カメラやレンズのタイプ)などのメタデータ、保存場所、写真に適用したキーワードやレーティングなどの入力情報、編集関連データなどの、重要な情報が含まれています。したがって、カタログのサイズは、カタログ内で参照している画像の数から予想されるほど大きくはありません。  詳細については、Lightroom Classic カタログの作業方法を参照してください。

Lightroom Classic で作業しているときに、目的のカタログが見つからなくなることや、誤って複数のカタログを作成してしまうことがあります。このような望ましくない事態を避けるには、常に同じカタログを使用して作業するようにします。ただし、専門的なワークフローにおいて複数のカタログを作成することが必要な場合もあります。この記事全体をお読みいただいたうえで、自分に適した作業方法を判断してください。

単一のカタログを使用する利点

Lightroom Classic のカタログは、膨大な数の画像を扱うために最適化された処理速度を備えており、単一のカタログを使用してもスムーズな作業の妨げになることはありません。実際、ほとんどの場合において、単一のカタログを選択することをお勧めします。その利点をいくつか紹介します。

  • 検索バーにあるフォルダーの検索操作を使用して、フォルダー、コレクション、キーワード、ラベルおよびレーティング別に編成する作業を、すべて 1 つのカタログで行えます。
  • 複数のカタログで写真を検索するよりも、単一のカタログで検索するほうが手間がかかりません。
  • カタログの切り替えを随時挟みながら作業するのは非効率的です。また、プロセスの実行中はカタログを切り替えられません。例えば、あるカタログで書き出し操作を実行している場合、別のカタログに切り替えるにはその操作が完了するまで待つ必要があります。

常に同じカタログを開く方法

誤って、カタログの名前を変更したり、カタログが含まれていたフォルダーの名前を変更したりして、カタログが見つからなくなってしまった場合、あわてて新規カタログを作成するのは避けてください。

カタログ設定は、デフォルトで、最近使用したカタログを読み込むように設定されています。混乱を避けるには:

  • ファイル/最近使用したファイルを開くを選択して、現在使用されているカタログの名前を確認します。
  • Lightroom(Mac)または編集(Win)/環境設定/一般/初期設定のカタログを選択し、「前回のカタログを読み込み」を実際のカタログ名に変更します。

複数のカタログを使用したほうがよい場合

次のような特定の専門的なワークフローでは、複数のカタログを使用したほうがよいことがあります。

  • 撮影日や顧客ごとに、別個のカタログに作業内容を分離して保持する必要がある場合。
  • 様々なユーザーに Lightroom Classic アカウントへのアクセス権を与える必要があり、単一のカタログが破損した場合にデータ全体が失われてしまうリスクを許容できない場合。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー