マニュアル キャンセル

Lightroom Classic カタログの作業方法

  1. Lightroom Classic ユーザーガイド
  2. Lightroom Classic の概要
    1. Lightroom Classic の新機能
    2. Lightroom Classic の必要システム構成
    3. Lightroom Classic | よくある質問
    4. Lightroom Classic のキーコンセプト
    5. Lightroom Classic チュートリアル
    6. 機能の概要 | Lightroom CC 2015.x/Lightroom 6.x リリース
  3. Lightroom と アドビのサービス
    1. Creative Cloud ライブラリ
    2. Creative Cloud アプリケーションでの Adobe Stock の使用
  4. Lightroom for mobile、Lightroom TV、および Lightroom Web ギャラリー
    1. Adobe Photoshop Lightroom for mobile と Apple TV | FAQ
    2. Lightroom Classic を Lightroom エコシステムと同期する
    3. モバイルアプリの Photoshop ファミリー
  5. 写真の読み込み
    1. カメラやカードリーダーから写真を読み込む
    2. ハードドライブ上のフォルダーから写真を読み込む
    3. 写真の自動読み込み
    4. Photoshop Elements からの写真の読み込み
    5. テザーカメラからの写真の読み込み
    6. 読み込みオプションの指定
    7. 読み込みの環境設定
    8. ファイル名テンプレートエディターとテキストテンプレートエディター
  6. ワークフロー
    1. 写真でマスクを適用
    2. 写真を JPEG 形式で書き出して保存する
    3. 写真を書き出して透かしを追加する
    4. 写真を読み込む
    5. 補正ブラシ:基礎編
    6. トーンカーブによる調整
    7. ビデオ入りの高度なスライドショー
    8. ホワイトバランスのコントロール
    9. コンタクトシートの作成
    10. Lightroom Classic によるワークフローの強化
  7. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. Lightroom Classic を使用するための環境設定
    3. セカンドモニターでのライブラリの表示
    4. ID プレートとモジュールのボタンを好みに合わせて変更する
    5. Lightroom Classic で写真に透かしを適用
    6. カラーマネジメント
  8. 写真の表示
    1. 写真の表示
    2. 写真の参照と比較
    3. ライブラリ表示オプションの設定
    4. 写真の共有によるコメントやフィードバックの収集
    5. スマートプレビュー
  9. カタログとファイルの管理
    1. Lightroom Classic カタログの FAQ
    2. Lightroom Classic カタログの作業方法
    3. カタログの作成と管理
    4. カタログのバックアップ
    5. 見つからない写真の検索
    6. フォルダーの作成と管理
    7. フォルダー内の写真の管理
  10. マップ
    1. マップモジュールの使用
  11. Lightroom Classic での写真の整理
    1. 顔認識
    2. 写真コレクションの使用
    3. 写真のスタックへのグループ化
    4. 写真のフラグ、ラベルおよび評価の設定
    5. キーワードの使用
    6. メタデータの基本とアクション
    7. カタログ内での写真の検索
    8. Lightroom Classic でのビデオの使用
    9. 詳細メタデータのアクション
    10. クイック現像パネルの使用
  12. 写真の処理および現像
    1. 現像モジュールの基本
    2. パノラマおよび HDR パノラマの作成
    3. フラットフィールド補正
    4. Upright を使用した写真の遠近法のゆがみ補正
    5. 強化を使用した画質の改善
    6. 画像の階調とカラーの処理
    7. マスク
    8. 部分補正の適用
    9. HDR 写真の結合
    10. 現像モジュールのオプション
    11. 写真のレタッチ
    12. 赤目およびペットアイの修正効果
    13. 円形フィルターツールの使用
    14. 強化されたスポット除去ツールの使用
  13. 写真を書き出し
    1. ファイルのディスクまたは CD への書き出し
    2. Lightroom Classic から写真の書き出し
    3. 写真をオンラインで公開
    4. 公開サービスを使用したハードディスクへの書き出し
    5. 書き出し用のプリセット、およびその他の設定
  14. 外部エディターの使用方法
    1. 外部編集の環境設定
    2. Photoshop や Photoshop Elements で Lightroom Classic 写真を開いて編集する
  15. スライドショー
    1. スライドショーの作成
    2. スライドショーモジュールのパネルとツール
    3. スライドのレイアウトの指定
    4. スライドへのオーバーレイの追加
    5. スライドショーの再生と書き出し
  16. 写真のプリント
    1. プリントモジュールの基本
    2. プリントモジュールのレイアウトとテンプレート
    3. プリントジョブのオプションと設定
  17. フォトブック
    1. フォトブックの作成
  18. Web ギャラリー
    1. Web ギャラリーの作成
    2. Web モジュールパネルとツールの使用
    3. Web ギャラリーのレイアウト
    4. Web ギャラリーのテンプレートと設定
    5. Web フォトギャラリーのプレビュー、書き出し、アップロード
  19. ショートカットキー
    1. ショートカットキー

カタログの内容は何ですか?

カタログは、各写真の記録を格納するデータベースです。この記録には、各写真について 3 つの主要な情報が含まれています。

  1. 写真がシステム上のどこにあるかへの参照
  2. 写真を処理する方法に関する指示
  3. 写真を検索したり、整理したりするために役立つ、写真に適用するレーティングやキーワードなどのメタデータ
Lightroom Classic に写真を読み込むと、写真そのものとカタログに含まれる写真の記録とのリンクが作成されます。そのうえで、キーワードの追加や赤目の除去など、写真に対して実行した作業が追加のメタデータとして、カタログ内にある写真の記録に格納されます。   Facebook への写真のアップロード、写真のプリント、スライドショーの作成など、Lightroom Classic の外部で写真を共有する準備が整ったら、Lightroom Classic によってメタデータの変更が写真のコピーに適用されます。これは、写真を現像する指示のようなものです。これで、すべてのユーザーに表示できるようになります。   Lightroom Classic は、カメラで撮影された実際の写真に変更を加えることはありません。このため、Lightroom Classic での編集は取り消し可能です。元の、編集を加えていない写真にいつでも戻ることができます。

 

ビデオチュートリアル:Lightroom Classic カタログ

Adobe TV

Lightroom Classic カタログとファイルブラウザーの相違点

Lightroom Classic の機能の仕方は、Adobe Bridge のようなファイルブラウザーとは異なります。ファイルブラウザーでは、表示するファイルに直接、物理的にアクセスする必要があります。Adobe Bridge でファイルを表示するには、ファイルがハードドライブ上で実際に存在するか、ファイルが入っているストレージメディアにコンピューターが接続されている必要があります。Lightroom Classic はカタログを使用して写真を追跡するので、Lightroom Classic と同じコンピューター上に物理的に写真が存在するかどうかを問わず、写真をプレビューできます。

カタログベースのワークフローの利点

Lightroom Classic カタログのワークフローは、写真家に対して 2 つの明確な利点を提供します。

  1. 写真はどこにでも格納できます
  2. 編集は取り消し可能です

Lightroom Classic アプリケーションと同じコンピューター、外付けハードディスク、ネットワークドライブなど、写真はどこにでも存在できるので、Lightroom Classic を使用すれば、写真の管理、整理および編集に柔軟性を発揮できます。カタログには各写真のプレビューが格納されるので、Lightroom Classic で写真を処理すれば、作業を進めながら編集の変更内容を確認できます。この間、Lightroom Classic は元の写真ファイルに変更を加えません。

Lightroom Classic カタログでの作業のベストプラクティス

Lightroom Classic で作業に取りかかる前に、ある程度計画を立てることをお勧めします。カタログや写真を移動したり、複数のカタログに写真を配置したり、カタログを組み合わせたり、結合したりすることができますが、これらの操作は混乱を招く可能性があります。さらに、カタログと写真の間のリンクが切れる場合があります。カタログの設定について計画を立て、コンピューターとドライブの間でカタログや写真をあちこち動かす必要性を最小限に抑えるには、次の手順に従ってください。

  1. Lightroom Classic カタログを保管する場所を事前に決定します。ネットワーク上に保管することはできません。おそらく、コンピューターのハードドライブか外付けディスクに保管することになるでしょう。  カタログを保存する場所を決定したら、具体的なフォルダーまたはパスを検討します。
  2. 写真を保持する場所を決定します。ハードドライブの空き容量は?写真の保持に十分ですか?複数のコンピューターで作業する場合は、どちらのシステムにも接続できるように、カタログや写真を外付けドライブに保持することを検討してください。Lightroom Classic に写真を読み込む前に、その場所に写真をコピーまたは移動してください。
  3. 最後に、Lightroom Classic を起動し、所定の場所に追加することで写真をカタログに読み込みます。
最後の 2 つの推奨事項:
  • 複数の Lightroom Classic カタログを使用できますが、1 つのカタログのみを使用するように心がけてください。Lightroom Classic ではカタログ内に保有できる写真の数に上限がありません。また、カタログ内にある写真の並べ替え、フィルタリング、整理および検索には、多数の方法が用意されています。例えば、フォルダー、コレクション、キーワード、ラベル、レーティングを使用できます。少し考えて練習するだけで、1 つのカタログですべての写真を整理して管理する方法を見つけることができるでしょう。
  • Lightroom Classic で作業を開始した後で、ハードドライブの空き容量がなくなったため、外付けドライブに切り替えるなど、写真を移動したり、写真の名前を変更したりする必要がある場合は、Lightroom Classic 内でこれらの作業を実行できます。写真の移動にエクスプローラー(Windows)または Finder(Mac OS)を使用してはいけません。そうしないと、厄介な「写真が見つかりません」エラーが発生する可能性があり、すべての写真をリンクし直すことが必要になります。

 

アドビのロゴ

アカウントにログイン