Lightroom Classic カタログ FAQ

Lightroom Classic のカタログに関するよくある質問とその回答をご覧ください。

カタログとは何ですか?

カタログとは、ご使用になる写真とそれらについての情報の場所を追跡するデータベースです。Lightroom Classic で、写真の編集、評価、キーワードの追加などを行うときに、写真に対する変更はすべてカタログに格納されます。ファイルファイル自体は変更されません。 

Lightroom Classic を最初に起動したときに、空のカタログファイル(たとえば Lightroom 5 Catalog.lrcat など)が自動的に作成されます。このデフォルトの、空のカタログで作業を開始するには、「インポート」ボタンをクリックします。

注意:

画像とカタログはどこにありますか?

画像の保存場所については、「エクスプローラーまたは Finder でファイルを開く」を参照してください。画像は Lightroom Classic アプリケーションに保存されません。

デフォルトでは、Lightroom Classic カタログは次の場所にあります。

  • Windows:\Users\[ユーザー名]\Pictures\Lightroom
  • macOS:/Users/[ユーザー名]/Pictures/Lightroom

デフォルトのカタログを確認するには、編集/環境設定/一般を選択し、カタログ初期設定を確認します。

詳しくは、以下を参照してください。

注意:

使用するカタログを移動しており、その場所を思い出せない場合、エクスプローラー(Windows)または Finder(macOS)で「lrcat」を検索します。

新しいバージョンの Lightroom Classic で古いカタログを開く方法を教えてください。

Lightroom Classic の新しいバージョンでは、古いカタログを簡単にアップグレードできます。「Lightroom Classic の以前のバージョンからカタログをアップグレードする」を参照してください。

注意:

カタログをアップグレード中に問題が発生する場合、以前のバージョンの Lightroom Classic で古いカタログを開き、新しいカタログとして書き出します。書き出したカタログを新しいバージョンの Lightroom Classic に読み込みます。詳細については、「カタログを書き出す」またはこのビデオチュートリアルを参照してください。

2 つのカタログを結合できますか。別のカタログからフォルダーを読み込むことはできますか?

  1. ファイル/カタログを開くを選択して、マスター(プライマリ)として使用するカタログを選択します。このカタログに写真が追加されます。

  2. ファイル/別のカタログからインポートを選択し、追加したい写真を含むカタログに移動します。「開く」(Windows)または「選択」(macOS)を選択します。

  3. カタログから読み込むダイアログボックスで、次の操作を行います。

    1. カタログ内容で、インポートしたい各写真を含む各フォルダーを選択します。

    2. 新規および既存の写真を処理したい方法を指定します。これらのオプションでの詳細については、「別の Lightroom Classic カタログから写真を読み込む」を参照してください。

  4. 読み込み」をクリックします。

    開いたカタログに追加したいカタログまたは写真に関して手順1~4を繰り返します。

注意:

ビデオチュートリアルも用意しています。「複数のカタログをマスターカタログに結合する」を参照してください。

2 台のコンピューターでカタログを使えますか?

デスクトップとラップトップなど、複数のコンピューターで Lightroom Classic カタログを共有する場合、カタログと写真を外付けドライブに保存するのが最も簡単な方法です。Lightroom Classic の環境設定で、このカタログをデフォルトのカタログに設定します。

注意:

複数のカタログを使用することはおすすめしません。詳細については、「1 つのカタログを使用するメリット」を参照してください。

カタログを別のドライブまたはコンピューターに移動する方法を教えてください。

カタログは、ご使用のコンピューターの異なる場所に、外付けディスクに、またはその全体を別のコンピューターに移動することができます。詳細については、「カタログを移動する」を参照してください。

Windows コンピューターおよび Mac OS の間でカタログを移動するには、元のコンピューターから外付けドライブにカタログ、プレビュー、画像ファイルをコピーします。そのドライブを 2 台目のコンピューターに接続し、ファイルをコンピューター上の任意の場所にコピーします。
注意:

別のカタログを開いたり、切り替える方法を教えてください。

別のカタログを開くには、ファイル/カタログを開くを選択し、開きたいカタログの場所に移動して、「開く」をクリックします。

複数のカタログがある場合、プログラムの起動時に開くカタログを Lightroom Classic に設定できます。詳細については、「デフォルトのカタログを変更する」を参照してください。

注意:

複数のカタログを使用することはお勧めしません。詳細については、「1 つのカタログを使用するメリット」を参照してください。

Lightroom Classic のカタログは下位互換性がありますか?

いいえ、Lightroom Classic のカタログには下位互換性はありません。Lightroom Classic の新しいバージョンのカタログを旧バージョンで開くことはできません。

新しいバージョンのカタログを旧バージョンの Lightroom Classic で開こうとすると、「[お客様のカタログ名] という名前の Lightroom カタログはこのバージョンの Lightroom で使用できないため、開くことができません」というダイアログが表示されます。

旧バージョンで作業するには、必要な写真を Lightroom Classic にインポートし、そのバージョンの別のカタログを作成します。

カタログの互換性については、以下の表で確認してください。

バージョン

カタログの互換性

Lightroom Classic 10.x

  • Lightroom Classic 9.x、Lightroom Classic 8.x、Lightroom Classic CC 7.x、Lightroom CC 2015.x、Lightroom 6.x、Lightroom 5.x およびそれ以前のバージョンと互換性なし

Lightroom Classic 9.x

  • Lightroom Classic 8.x、Lightroom Classic CC 7.x、Lightroom CC 2015.x、Lightroom 6.x、Lightroom 5.x およびそれ以前のバージョンと互換性なし

Lightroom Classic 8.x

  • Lightroom Classic CC 7.x との互換性あり
  • Lightroom CC 2015.x、Lightroom 6.x、Lightroom 5.x、およびそれ以前のバージョンと互換性なし

Lightroom Classic CC 7.x

  • Lightroom CC 2015.x、Lightroom 6.x、Lightroom 5.x、およびそれ以前のバージョンと互換性なし

Lightroom CC 2015.x

  • Lightroom 6.x と互換性あり
  • Lightroom 5.x、Lightroom 4.x、およびそれ以前のバージョンと互換性なし

Lightroom 6.x

  • Lightroom CC 2015.x と互換性あり
  • Lightroom 5.x、Lightroom 4.x、およびそれ以前のバージョンと互換性なし

Lightroom 5.x

  • Lightroom 4.x、およびそれ以前のバージョンと互換性なし

カタログの名前を変更するには、どうしたら良いですか?

カタログはエクスプローラー(Windows)または Finder(macOS)で名前を変更することができます。カタログの名前を変更する場合、それに関連付けられているプレビューとスマートプレビューのファイル名も変更してください。

  1. Lightroom Classic を閉じます。

  2. エクスプローラー(Windows)または Finder(macOS)で、使用するカタログとそのプレビューファイルに移動します。これらは同一のフォルダー内にあるはずです。

  3. すべての <oldCatalogName> xxx.lrdata ファイルの名前を変更します。プレビューキャッシュのファイル名で Previews の部分はそのままにします。たとえば、Lightroom 5 Catalog Previews.lrdata の場合、My trip catalog Previews.lrdata という名前に変更します。

注意:

カタログ名を変更した後に、Lightroom Classic でカタログ検索が必要になることがあります。「Lightroom Classic でカタログが見つかりません。検索方法を教えてください」を参照してください。

フォルダーをカタログとして書き出す方法を教えてください。

フォルダーをカタログとして書き出すには、ライブラリモジュールのフォルダーパネルで、書き出すフォルダーを右クリックします(Windows の場合)。macOS の場合は、Control キーを押しながら、このフォルダーをクリックします。コンテキストメニューから、「このフォルダーをカタログとして書き出す」を選択します。

カタログのバックアップとバックアップストレージの管理方法を教えてください。

Lightroom Classic を終了すると、カタログが自動的にバックアップされます。また、手動でバックアップすることもできます。ストレージの管理とカタログのバックアップを行う計画する場合は、「バックアップ方法を計画する」を参照してください。

注意:

カタログをバックアップしても、カタログが参照している写真はバックアップされません。カタログの仕組みについては、「カタログとは何ですか?」を参照してください。

画像はクラウドにバックアップされますか?

いいえ。バックアップはされませんが、Lightroom Classic から Lightroom エコシステムに写真のスマートプレビューを同期することはできます。詳細については、「Lightroom Classic を Lightroom エコシステムと同期する」を参照してください。

カタログの削除方法を教えてください。

カタログを削除する方法については、「カタログを削除する」を参照してください。

注意:

カタログを削除しても、写真や Lightroom Classic アプリケーション自体は削除されません。詳細については、「Creative Cloud アプリケーションのアンインストールまたは削除」または「Lightroom を手動でアンインストールする」と「カタログからの写真の削除」を参照してください。

カタログをネットワーク上に保存したり、共有したりすることができますか?

いいえ、カタログをネットワーク上に格納することも、共有することもできません。写真はネットワークに格納できます。スマートプレビューを使用すると、コンピューターがネットワークから切断されているか、使用する写真を含むドライブから切断されている場合でも、Lightroom Classic で写真を編集できます。

Lightroom Classic がマイカタログを見つけられません。どうすれば見つけられますか?

カタログの移動または名前の変更を行った後で Lightroom Classic を開くと、「Lightroom カタログが見つかりません」というエラーが発生する場合があります。

  1. Lightroom カタログが見つかりません」エラーウィンドウで、「異なるカタログを選択」をクリックします。

    開きたい異なるカタログを選択します。

  2. 開きたいカタログが列挙されていない場合、「異なるカタログを選択」を再度クリックし、\Pictures\Lightroom(Windows)または /Pictures/Lightroom(macOS)のフォルダーを開きます。

  3. 名前の変更または移動を行ったカタログの場所に移動して選択し、「選択」をクリックします。

  4. 「カタログを選択」のダイアログボックスで、使用する名前を変更済みのカタログがそのリストの最初のカタログである可能性があります。それを選択し、「開く」をクリックします。

カタログに写真がありません。どうすれば見つけられますか?

Finder(macOS)またはエクスプローラー(Windows)で画像を移動すると、カタログで画像の追跡ができなくなります。写真紛失問題を回避するには、オペレーティングシステム内ではなく、Lightroom Classic 内で常に写真を移動させます。詳細については、「写真を異なるフォルダーに移動する」と「見つからない写真を特定する」を参照してください。