クレジットカード請求書にアドビからの身に覚えのない料金が記載されている場合は、以下の理由が考えられます。

自分以外の人のために購入しましたか?

自分以外の人(家族、友人、同僚など)のためにアドビ製品またはサービスを購入している場合、これらの料金が請求書に記載されます。

アドビ製品またはサービスの体験版をダウンロードしましたか?

Photoshop、Illustrator、Adobe Stock など、一部のアドビ製品またはサービスの体験版は、試用期間の終了後自動的に有償版に切り替わります。プランと製品ページで、現在サブスクライブしている製品とサービスを確認してください。

Adobe Stock への無償メンバーシップを体験されましたか?

Adobe Stock の無償販促オファーが終了すると、有償メンバーシップが開始され、月額料金が自動的に請求されます。

昨年、Create PDF など、PDF サービスを購入しましたか?

Create PDF、PDF Pack、Export PDF、Fill & Sign など、一部の PDF サービスは毎年更新されます。プランと製品ページでご自分のサブスクリプションを表示できます。

詐欺が疑われますか?以下に、対応策をご案内します。

上記のいずれの理由も当てはまらず、詐欺ではないかとお疑いの場合は、こちらまでお問い合わせください

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー