字形パネルの概要

字形パネルを使用して、句読点、上付き文字、下付き文字、通貨記号、数字、特殊記号、他の言語の文字を Photoshop 内のテキストに挿入できます。

このパネルにアクセスするには、 テキスト/パネル/字形パネルを選択するか、ウィンドウ/字形を選択します。

Photoshop 字形パネル
字形パネル

A. 最近使用した字形 | B. フォントファミリーを設定 | C. フォントスタイルを設定 | D. フォントカテゴリーを設定 | E. 字形スロット | F. ズームアウト | G. ズームスライダー | H. ズームイン | I. 字形を縮小 | J. 字形を拡大 | 

字形パネルの操作

  • アクティブテキストレイヤーに字形を入力するには、以下の操作を実行します。
    1. テキストツールを使用して、字形を配置する挿入点を配置します。
    2. 字形パネルで字形をダブルクリックします。
  • 字形パネルでは、ラテン文字、ギリシャ文字、キリル文字がサポートされています。ヘブライ語、アラビア語、その他インドの字体のような複雑な字体では限定的なサポートが利用できます。
  • フォントごとに、字形は Basic Latin、Latin A、Latin B、数字、通貨、記号など、さまざまなカテゴリーに分類されています。
  • また、代替、装飾、スワッシュ、分子、分母、デザインのバリエーション、等幅オールドスタイル数字、上付き序数表記など、フォントがサポートする OpenType 機能によっても字形が分類されています。
Photoshop 字形カテゴリー、スクリプト、OpenType 機能
Adobe Garamond Pro フォントでサポートされている字形カテゴリー、字体、および OpenType 機能

A. フォントカテゴリー | B. スクリプト | C. OpenType 機能 
  • 一連のテキストの中で最初に選択されている文字に対応して、字形パネルで選択肢が自動的に検索されます。
  • 黒く塗りつぶされた長方形が右下隅にある字形スロットは、特定の字形で利用できる他の選択肢が存在することを示しています。スロットをクリックしてそのまま押さえるか、Alt/Option キーを押しながらスロットのどこかをクリックすると、ポップアップが表示され、これらの選択肢にアクセスできます。選択肢の字形までマウスカーソルをドラッグしてマウスボタンを離すと、その字形がアクティブテキストレイヤーに入力されます。
Photoshop 字形スロット
黒く塗りつぶされた長方形が右下隅にある字形スロット

Photoshop 字形に対する選択肢
字形に対する選択肢

  • 字形スロットにマウスポインターを合わせると、該当の字形に関する字形 ID、Unicode の値、OpenType 機能、Unicode 名など具体的な詳細が表示されます。
Photoshop 字形の詳細
字形の詳細

  • ダイアログの下部にあるスライダーを使用すると、パネル内で字形を拡大または縮小できます。
  • フォントメニューは、十分な機能が利用できるフォント用のメニューであり、文字パネルやオプションバーを使用する場合と同じオプションが用意されています。ただし、フォント検索はサポートされていません。
  • テキストレイヤーで選択されているテキストの中に複数のフォントが存在している場合は、文字パネル、オプションバー、字形パネルのいずれでもフォント名は空白になります。
  • テキストレイヤーを初期化していない場合も、字形パネルは正常に動作します。

カンバス上の字形切り替え

テキストレイヤーでの作業中、字形を選択することで、カンバスの右側に代替字形をすばやく表示することができます。切り替えグリッドの アイコンをクリックすると、字形パネルに移動します。

カンバス上の字形切り替え

必要に応じて、この動作をオフにすることができます。そのためには、環境設定/テキスト/テキストレイヤーの字形切り替えを有効にするを選択解除します。

カンバス上の代替字形の表示/非表示を指定するための設定

最近使用した字形

ドキュメントに字形を追加すると、字形パネルの上にある最近使用した字形バーに自動的に追加されます。最近使用した字形バー:

  • 最大で 25 種類の文字を表示できます。25 文字の限度に達すると、新しい字形が左に追加され、前の字形は右から削除されます。
  • 内容は永続的です。アプリケーションを何回起動しても内容は同じままです。
  • 字形のフォント名を保持し、オプションバー、文字パネル、字形パネルのフォント名には影響されません。
  • 文字パネルまたはオプションバーの値により字形のポイントサイズ、カラー、その他の値が決まります。

SVG フォントの操作

Photoshop で SVG フォントがサポートされるようになりました。SVG フォントでは、1 つの字形にさまざまな色とグラデーションを指定できます。本リリースの Photoshop には、EmojiOne SVG フォントが付属しています。また、macOS プラットフォームでは、Appleカラー絵文字フォントもサポートされます。

  • SVG フォントを使用するには、字形パネル(ウィンドウ/字形)を開いて、サポートされている SVG フォントを選択します。

合成字形の作成

Emojione の多くの文字は、合成して新しい字形を形成することができます。それには、テキストレイヤーをアクティブにして字形パネルから目的の文字をダブルクリックし、ドキュメントに追加します。たとえば、EmojiOne の「文字」(A、B、C、D など)は、キーボード上の同キーに対応していません。字形パネルを使用して、特定の国の ISO コードを構成する 2 つの文字を追加した場合、その 2 つの文字が合成され、その国の国旗になります。たとえば、US を選択するとアメリカ国旗、GB を選択するとイギリス国旗、AR を選択するとアルゼンチンの国旗、IN を指定するインドの国旗になります。

また、1 人の人物の黄色い顔のキャラクターと、皮膚色の異なる 5 つの丸いキャラクター(GID 356~360)を組み合わせることもできます。元のキャラクターは、選択した皮膚色にマッチするように塗り直されます。現在、2 人以上の人物で構成された字形では、このような合成を行うことはできません。

多くの合成字形は、それを構成する文字に分解することができます。たとえば、文字を追加して特定の国の国旗を作成した場合、Backspace キーを押すと、合成字形が元の個別字形に分解されます。たとえば、フランス国旗は F に戻り(R は削除されます)、ドイツ国旗は D(E は削除されます)に戻ります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー