注意:

Photoshop CS6 において 3D 機能は Photoshop Extended の一部でした。Photoshop CC には、Photoshop Extended のすべての機能が含まれています。Photoshop CC には、別個の Extended バージョンはありません。

3D パネルの概要

3D レイヤーを選択すると、3D パネルに、関連付けられている 3D ファイルのコンポーネントが表示されます。パネルの最上部のセクションでは、ファイルのメッシュ、マテリアル、ライトを一覧表示します。パネルの最下部のセクションでは、最上部のセクションで選択されている 3D コンポーネントの設定とオプションが表示されます。

Photoshop「シーン」オプションが表示された 3D パネル
「シーン」オプションが表示された 3D パネル

A. 「シーン」、「メッシュ」、「マテリアル」、「ライト」の各オプションの表示 B. レンダリングプリセットメニュー C. レンダリング設定のカスタマイズ D. ペイントするテクスチャの選択 E. 切断面の設定 F. オーバーレイの切り替え G. 新規ライトの追加 H. ライトの削除 

3D パネルの一番上にあるボタンを使用すると、最上部セクションに表示するコンポーネントをフィルターすることができます。「フィルター:シーン全体」ボタンをクリックするとすべてのコンポーネントが表示され、「フィルター:マテリアル」をクリックするとマテリアルのみが表示されます。

3D パネルの表示

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • ウィンドウ/3D を選択します。

    • レイヤーパネルで、3D レイヤーアイコン をダブルクリックします。

    • ウィンドウ/ワークスペース/3D を選択します。

表示する 3D オプションのフィルター

  1. 3D パネルの最上部にあるシーン、メッシュ、マテリアルまたはライトの各ボタンをクリックします。

3D メッシュまたはライトの表示の切り替え

  1. 3D パネルの最上部のセクションのメッシュまたはライト エントリの横にある目のアイコンをクリックします。

    注意:

    3D パネルからマテリアルの表示および非表示を切り替えることはできません。マテリアルの表示または非表示を切り替えるには、レイヤーパネルの関連付けられているテクスチャの表示設定を変更します。詳しくは、3D マテリアルの設定を参照してください。

3D シーンの設定のアクセス

  1. 「フィルター:シーン全体」ボタンをクリックします。

  2. 選択されていない場合は、コンポーネントリストの最上部にあるシーンエントリをクリックします。

メッシュ、マテリアルまたはライトの設定のアクセス

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • すべてのシーンコンポーネントを表示するには、「フィルター:シーン全体」ボタンをクリックします。次に、上部のセクションのメッシュ、マテリアルまたはライトを選択します。

    • 「フィルター:メッシュ」、「フィルター:マテリアル」、または「フィルター:ライト」ボタンをクリックすると、これらのコンポーネントのみを一時的に表示します。次に、1 つのメッシュ、マテリアルまたはライトを選択します。

メッシュのマテリアルを展開または折りたたむ

  1. 「フィルター:シーン全体」ボタンをクリックします。

  2. メッシュアイコンの左側にある三角形をクリックします。

グリッドの表示

グリッドは、3D モデルに基づいて地表の位置を反映しています。

  • グリッドを表示するには、3D パネル最下部の切り替えアイコン をクリックし、「3D グリッド」を選択します。

注意:

切り替えアイコンが選択可能になるのは、システムで OpenGL を使用できる場合だけです。

ライトガイドの表示と非表示の切り替え

  1. 3D パネル最下部の切り替えアイコン をクリックし、「3D ライト」を選択します。

ドキュメントウィンドウでの選択したマテリアルまたはメッシュのアウトライン表示

  1. 3D パネル最下部の切り替えアイコン をクリックし、「3D 選択範囲」を選択します。

パネルでマテリアルやメッシュを選択すると、ドキュメントウィンドウに色付きのアウトラインが表示され、現在のアイテムを特定できるようになります。

注意:

マテリアルやメッシュのアウトラインなどの 3D オーバーレイの色を変更するには、環境設定ダイアログボックスの 3D セクションのオプションをカスタマイズします。

Photoshop 選択したアイテムのアウトライン表示
ドキュメントウィンドウでの選択したアイテムのアウトライン表示

A. 色付きの線で囲まれたマテリアル B. アウトライン表示されたメッシュ 

3D シーンの設定

レンダリングモードを変更したり、ペイントするテクスチャを選択したり、切断面を作成したりするには、3D シーン設定を使用します。シーン設定にアクセスするには、3D パネルの「フィルター:シーン全体」ボタン をクリックし、パネルの上部のセクションにあるシーンエントリを選択します。

レンダリング設定

モデルのレンダリングプリセットを指定します。オプションをカスタマイズするには、「編集」をクリックします。詳しくは、3D レンダリング設定の変更を参照してください。

画質

適切なパフォーマンスを保持しつつ最高の表示品質を提供する設定を選択します。

インタラクション(ペイント)

ビデオカードの GPU を使用して OpenGL でレンダリングします。生成される結果は高品質ですが、反射やシャドウのディテールが欠落します。ほとんどのシステムで、編集にはこのオプションが最適です。

レイトレーシング(ドラフト)

コンピューターのマザーボードの CPU を使用してレンダリングします。反射とシャドウはドラフト品質になります。システムに高性能ビデオカードが搭載されている場合は、「インタラクション(ペイント)」のほうが高速な結果を得られることがあります。

レイトレーシング(最終)

このオプションは最終出力用で、反射やシャドウを完全にレンダリングします。詳しくは、最終出力の 3D ファイルのレンダリングを参照してください。

注意:

レイトレーシングを使用したレンダリング中、一時的にタイルが画像全体に描画されます。レンダリング処理を中断するには、マウスボタンをクリックするか、スペースバーを押します。タイル処理の回数を変更して、品質より処理速度を優先する場合は、3D の環境設定で「高品質しきい値」を変更します。

Photoshop 画像全体に一次的に描画されたタイル
レイトレーシングを使用したレンダリング中、一時的にタイルが画像全体に描画されます。

ペイント

3D モデル上を直接ペイントする場合は、このメニューを使用してペイントするテクスチャマップを選択します。3D ペイントを参照してください。

注意:

3D/3D ペイントモードでターゲットテクスチャを選択することもできます。

グローバルアンビエントカラー

反射面にグローバルアンビエントカラーが表示されるように設定します。この色は、特定のマテリアルの環境色と相互作用します。詳しくは、3D マテリアルの設定を参照してください。

切断面

指定の角度でモデルを切断できる平面的な切断面を作成する場合に選択します。モデルをスライスし、断面を表示できます。詳しくは、断面の表示を参照してください。

断面の表示

任意の角度でスライスするように不可視の平面を交差させることで、3Dモデルの片側とその内容を断面で表示することができます。

  1. 3D パネル下部のセクションにある「切断面」を選択します。

  2. 断面、位置および傾きのオプションを選択します。

    断面

    切断面を作成する、交差する面を表示する場合に選択します。平面の色と不透明度を選択することができます。

    断面線

    切断面が交差するモデルの領域をハイライトする場合に選択します。カラースウォッチをクリックして、ハイライトカラーを選択します。

    切断オブジェクトを反転

    モデルの表示領域を、交差する面の反対側に変更します。

    オフセットおよび傾き

    「オフセット」を使用すると、面の傾きを変更せずに、軸に沿って面を移動できます。初期設定のオフセット 0 では、面は中点で 3D モデルと交差します。最大の正または負のオフセットを指定すると、面はモデルとの交点より遠くに移動します。「傾き」設定を使用すると、可能な傾き方向のいずれかに面を 360 °まで回転することができます。特定の軸について傾き設定を指定すると、面は他の 2 軸に沿って回転します。例えば、y 軸に合わせて整列された面は、x 軸(傾き 1)または z 軸(傾き 2)を中心に回転させることができます。

    整列

    交差する面の軸(x、y または z)を選択します。面は選択した軸に垂直になります。

切断された側面に異なるレンダリングモードを適用

切断面の各側面のレンダリング設定を変えて、ワイヤフレームとソリッドを組み合わせるなど、同じ 3D モデルに異なるビューを組み合わせることができます。

  1. 3D パネル下部のセクションで「切断面」を選択し、オプションを設定します。現在のレンダリング設定が表示されている切断面に適用されます。

  2. 「レンダリング設定」をクリックするか、または 3D/レンダリング設定を選択します。

  3. ダイアログボックス上部で、現在選択されていない「切断面」ボタン をクリックします。

    初期設定では、別の切断面に対してはすべてのレンダリング設定はオフになっており、表示されません。

  4. 別の切断面のレンダリングオプションを設定し、「OK」をクリックします。

3D メッシュの設定

3D モデルの各メッシュは、3D パネルの一番上のセクションに別々のエントリで表示されます。3D パネルの下側のセクションにあるメッシュ設定および情報にアクセスするには、メッシュを選択します。

情報には、メッシュに適用されているマテリアルおよびテクスチャの数だけでなく、メッシュが含む頂点および面の数も含まれています。また、以下のメッシュの表示オプションを設定することもできます。

注意:

シャドウを表示するには、ライトを設定して、レンダリング画質の設定で「レイトレーシング」を選択します。詳しくは、3D シーンの設定を参照してください。

キャッチシャドウ

選択したメッシュの表面に他のメッシュのシャドウを表示するかどうかを制御します。

注意:

メッシュのシャドウを地表のグリッドに表示させるには、3D/グラウンドシャドウキャッチャーを選択します。シャドウとオブジェクトの位置を揃えるには、3D/オブジェクトをグリッドにスナップを選択します。

キャストシャドウ

選択したメッシュのシャドウを他のメッシュ表面に投影するかどうかを制御します。

非表示

メッシュを非表示にします。ただし、表面のシャドウは表示します。

シャドウの不透明度

選択したメッシュのシャドウのソフトネスを制御します。この設定は、3D オブジェクトと下にあるレイヤーを合成する場合に便利です。

メッシュの表示と非表示の切り替え

  1. 3D パネルの最上部のセクションのメッシュ名の横にある目のアイコンをクリックします。

個々のメッシュの操作

モデルに複数のメッシュが含まれている場合、メッシュ位置ツールを使用するとモデル全体を動かすことなく、選択したメッシュを移動、回転または拡大縮小することができます。位置ツールは、ツールパネルにあるメインの 3D オブジェクトツールと同じ方法で操作します。各ツールについて詳しくは、3D モデルの移動、回転または拡大縮小を参照してください。

  1. 3D パネルの上部のセクションでメッシュを選択します。選択されているメッシュは、パネルの下側のセクションのプレビューで赤い枠でハイライトされています。

  2. メッシュを移動するには、パネルの下側のセクションのメッシュ位置ツールを選択し、使用します。

注意:

個別のメッシュが選択されているときにモデル全体を操作するには、ツールパネルの 3D ツールを使用します。

3D マテリアルの設定

3D パネルの上部セクションには、3D ファイルで使用されているマテリアルが一覧表示されています。1 つまたは複数のマテリアルを使用して、モデルの全体的な外観を作成することができます。モデルに複数のメッシュが含まれている場合は、各メッシュに関連付けられている特定のマテリアルがある可能性があります。または、モデルを 1 つのメッシュから構築し、他の領域の違うマテリアルを使用することができます。

Photoshop 選択されているマテリアルと関連付けられているテクスチャマップ
選択されているマテリアルと関連付けられているテクスチャマップ。

A. 「マテリアル」オプションを表示 B. 選択されているマテリアル C. マテリアルピッカー D. マテリアルドロップツールおよび選択マテリアルツール E. テクスチャマップメニューアイコン F. テクスチャマップのタイプ 

3D パネルの上部のセクションで選択されているマテリアルは、下側のセクションに、そのマテリアルが使用している特定のテクスチャマップが表示されます。拡散、バンプなどの一部のテクスチャタイプは、テクスチャを作成する特定の色またはパターンを提供するために、通常、2D ファイルに依存しています。それ以外のテクスチャタイプで、別の 2D ファイルに依存することはできません。例えば、「光沢」、「光彩」、「不透明度」、「反射率」は、値を入力して直接調整できます。

マテリアルで使用されているテクスチャマップは、レイヤーパネルにテクスチャとして表示され、テクスチャマップカテゴリにグループ化されています。

注意:

テクスチャマップ画像のサムネイルを表示するには、テクスチャの名前(反射、自己発光など)にマウスを合わせます。

拡散

マテリアルの色です。拡散マップは、ベタ塗りまたは任意の 2D コンテンツを使用することができます。拡散カラーの値は、拡散テクスチャマップを削除した場合の拡散色を設定します。また、モデルに直接ペイントすることにより、拡散マップを作成することもできます。3D ペイントを参照してください。

不透明度

マテリアルの不透明度を増減します(0~100%)。不透明度を調節するには、テクスチャマップまたはスクラブスライダーを使用することができます。テクスチャマップのグレースケール値は、マテリアルの不透明度を制御します。白の値では完全に不透明になり、黒の値では完全に透明になります。

バンプ

ベースとなるメッシュを変更することなく、マテリアルの表面にバンプを作成します。バンプマップは、薄い色で盛り上がった面の領域を作成し、濃い色で凹んだ面の領域を作成するグレースケール画像です。バンプマップファイルは作成または読み込むことができます。または、まずモデルにペイントして、バンプマップファイルを自動的に作成することができます。3D ペイントを参照してください。

「バンプ」フィールドでは、バンプの度合いを増減します。バンプマップが存在する場合のみアクティブです。フィールドに数値を入力するか、またはスクラブスライダーを使用してバンプの強さを増減します。

注意:

バンプの度合いは、面がある角度ではなく、正面に表示されている場合に最も顕著に表れます。

通常

バンプマップテクスチャと同様に、法線マップでは表面のディテールを強調します。単一チャンネルのグレースケール画像に基づくバンプテクスチャマップとは異なり、法線マップはマルチチャンネルの(RGB)画像に基づいています。各カラーチャンネルの値は、モデル表面上の標準の X、Y および Z コンポーネントを表します。法線マップを使用するとデータの少ない多角形のメッシュの表面を滑らかにすることができます。

注意:

Photoshop では、処理速度が最速のワールドスペースノーマルマップを使用します。

環境

3D モデルの周辺環境の画像を保存します。環境マップは球状のパノラマとして適用されます。環境マップの内容は、モデルの反射領域に表示できます。

注意:

特定のマテリアル上で環境マップが反射されないようにするには、反射率を 0%に変更し、マテリアル領域をマスクする反射率マップを追加するか、またはそのマテリアル用の環境マップを削除します。

反射率

マテリアル表面上の 3D シーンおよび環境マップにある他のオブジェクトの反射率を増加させます。

自己発光

ライトに依存しないモデル自身の色を定義します。3D オブジェクトが内側から明るくなる効果を作成します。

光沢

表面を反射し、ビューアに戻される、ソースからの光の量を定義します。フィールドに値を入力するかまたはスクラブスライダーを使用することによって、光沢を調整することができます。個別の光沢マップを作成する場合は、マップの色の適用度がマテリアルの光沢を制御します。黒の領域では完全な光沢が作成され、白の領域ではすべての光沢が削除されます。また、これらの中間の値では、ハイライトのサイズが削減されます。

光彩

「光沢」の設定によって生成された反射光の分散を定義します。低い光彩(高い分散)では、よりはっきりとした、焦点の少ない光が生成されます。高い光彩(低い分散)では、あまりはっきりとしない光と、より明るくより鮮明なハイライトが生成されます。

Photoshop 光沢と光彩の異なる割合の例
「光沢」(左の数値)および「光彩」(右の数字)の調整

注意:

3D オブジェクトに Photoshop がサポートする 9 個より多いテクスチャタイプが含まれている場合、追加のテクスチャはレイヤーパネルと 3D ペイントモードリストに表示されます(3D ペイントモードリストを表示するには、3D/3D ペイントモードを選択するか、3D パネルのシーンセクションにあるペイントポップアップメニューを使用します)。

スペキュラ

スペキュラプロパティ用に表示される色(光沢や光沢のハイライトなど)です。

アンビエント

反射面に環境色が表示されるように設定します。この色は、シーン全体のグローバルアンビエントカラーと相互作用します。詳しくは、3D シーンの設定を参照してください。

屈折

シーンの「画質」が「レイトレーシング」に設定されており、3D/レンダリング設定ダイアログボックスの「屈折」オプションが選択されている場合に、屈折率を設定します。屈折とは、異なる屈折率を持つ(空気、水などの)2 つのメディアの共通部分で発生する照射方向の変更です。新しいマテリアルの初期値は 1.0(空気の場合は近似値)です。

マテリアルのサンプルと、オブジェクトに対する直接適用

3D マテリアルドロップツールは、従来の塗りつぶしツールと同様に機能し、3D オブジェクト上で直接マテリアルをサンプルしたり適用したりできます。

  1.  3D パネルで、3D マテリアルドロップツール を選択します。

  2.  ポインターをドキュメントウィンドウの 3D オブジェクトに移動します。サンプルするマテリアルがアウトライン表示されたら、Alt キーを押しながらクリック(Windows)、または Option キーを押しながらクリック(Mac OS)します。

  3.  ポインターを移動し、変更するマテリアルをアウトライン表示して、クリックします。

注意:

アウトライン表示されたマテリアルの参考図例については、ドキュメントウィンドウでの選択したマテリアルまたはメッシュのアウトライン表示を参照してください。

オブジェクト上でのマテリアルの直接選択

  1.  3D パネルで、3D マテリアルドロップツール を押した状態で表示されるポップアップメニューから、 3D 選択マテリアルツール を選択します

  2.  ポインターをドキュメントウィンドウの 3D オブジェクトに移動します。選択するマテリアルがアウトライン表示されたら、クリックします。

マテリアルプリセットの適用、保存または読み込み

マテリアルプリセットを使用すると、テクスチャ設定のグループをすばやく適用できます。初期設定のプリセットには、スチール、布地および木目のような多数のマテリアルがあります。

Photoshop マテリアルプリセットの適用、保存または読み込み
マテリアルピッカーをクリックして、プリセットポップアップパネルを表示します。

  1. 3D パネルでマテリアルピッカーをクリックします。

  2. プリセットポップアップパネルで、次のいずれかの操作を行います。

    • プリセットを適用するには、サムネイルプレビューをダブルクリックします。

    • 現在のテクスチャ設定からプリセットを作成するには、ポップアップメニューアイコンをクリックして、「新規マテリアル」を選択します。

    • 選択したプリセットの名前を変更または削除するには、ポップアップメニューアイコンをクリックして、「マテリアル名を変更」または「マテリアルを削除」を選択します。

    • 現在のプリセットグループを保存するには、ポップアップメニューアイコンをクリックして、「マテリアルを保存」を選択します。

    • 表示されたグループを変更するには、ポップアップメニューアイコンをクリックします。次に、「マテリアルを初期化」を選択して保存したグループを復元するか、「マテリアルの読み込み」を選択して保存したグループを追加するか、または「マテリアルを置き換え」を選択します。

テクスチャマップの作成

  1. テクスチャマップタイプの横のフォルダーアイコン をクリックします。

  2. 「新規テクスチャ」を選択します。

  3. 新しいマップの名前、サイズ、解像度、およびカラーモードを入力して、「OK」をクリックします。

    注意:

    既存のテクスチャマップの縦横比に一致させるには、レイヤーパネルのマップ名にマウスポインターを重ねるとサイズを表示できます。

    新しいテクスチャマップの名前が、マテリアルパネルのテクスチャマップのタイプの横に表示されます。また、レイヤーパネルの 3D レイヤーの下にあるテクスチャリストに追加されます。初期設定名は、マテリアル名に追加したテクスチャマップのタイプです。

テクスチャマップの読み込み

使用可能な 9 つのいずれかのテクスチャマップタイプ用に既存の 2D テクスチャファイルを読み込むことができます。

  1. テクスチャタイプの横のフォルダーアイコン をクリックします。

  2. 「テクスチャの読み込み」を選択して、2D テクスチャファイルを選択し、開きます。

バンプテクスチャマップの作成

マップ上にペイントする際に、中間色のグレースケール値で塗りつぶすと、より広い範囲をバンプテクスチャマップとして使用することができます。

  1. ツールパネルで、背景色を設定ボックスをクリックします。

  2. カラーピッカーで、明るさを 50%に設定し、R、G および B の値を同じ値に設定します。「OK」をクリックします。

  3. 3D パネルで、「バンプ」の横のフォルダーアイコン をクリックします。

  4. 「新規テクスチャ」を選択します。

  5. 新規作成ダイアログボックスで以下の設定を選択します。

    • 「カラーモード」に、「グレースケール」を選択します。

    • 「カンバスカラー」として、「背景色」を選択します。

    • (オプション)マテリアルの拡散テクスチャマップのサイズを一致させるように幅と高さを設定します。

  6. 「OK」をクリックします。

バンプテクスチャマップが作成され、マテリアルパネルに一覧表示されているテクスチャマップファイルに追加されます。また、レイヤーパネルにテクスチャとして表示されます。

テクスチャマップを編集するために開く

  1. 画像アイコン をクリックし、「テクスチャを開く」を選択します。

    テクスチャマップが独自のドキュメントウィンドウでスマートオブジェクトとして開かれます。テクスチャの変更後、3D モデルドキュメントウィンドウをアクティブにして、モデルに行った更新を確認します。3D テクスチャ編集を参照してください。

テクスチャマップの削除

  1. テクスチャタイプの横の画像アイコン をクリックします。

  2. 「テクスチャを削除」を選択します。

注意:

削除したテクスチャが外部ファイルの場合、「テクスチャの読み込み」コマンドを使用してテクスチャマップメニューからそのテクスチャを再読み込みすることができます。3D ファイルで内部参照されているテクスチャの場合、削除されたテクスチャを復元するには、「取り消し」または「1 段階戻る」を選択します。

テクスチャのプロパティの編集

テクスチャマップは、UV マップパラメーターに応じて、モデルの特定の表面領域に適用されます。必要に応じて、UV スケールおよびオフセットを調整し、テクスチャをモデルにマップする方法を向上することができます。

  1. テクスチャタイプの横の画像アイコン をクリックします。

  2. 「プロパティを編集」を選択します。

  3. ターゲットレイヤーを選択して、UV スケールとオフセットの値を設定します。値を直接入力したり、スクラブスライダーを使用したりできます。

    ターゲット

    設定を特定のレイヤーまたは合成画像に適用するかどうかを決定します。

    U および V スケール

    マップされたテクスチャのサイズを変更します。反復パターンを作成するには、この値を減らします。

    U および V オフセット

    マップされたテクスチャの配置を変更します。

3D ライトの設定

3D ライトは異なる角度からモデルを照射し、現実的な深度とシャドウを追加します。

個々のライトの追加または削除

  1. 3D パネルで、次のいずれかの操作を行います。

    • ライトを追加するには、新規ライトを作成ボタン をクリックし、ライトの種類を選択します。

      • ポイントライトは、電球のようにあらゆる方向に光があります。

      • スポットライトは、円錐の形に光を当てます。円錐の形は調整できます。

      • 無限遠ライトは、太陽光のように単一指向性の面から光を当てます。

      • イメージベースドライトは、3D シーンの周囲に発光する画像をマッピングします。

    • ライトを削除するには、ライトセクション の最上部にあるリストからそのライトを選択します。次に、パネルの下部にある削除アイコン をクリックします。

ライトのプロパティの調整

  1. 3D パネルのライトセクション で、リストからライトを選択します。

  2. パネル下部で、次の各オプションを設定します。

    プリセット

    保存済みのライトと設定のグループを適用します(詳しくは、ライトのグループの保存、置き換えまたは追加を参照してください)。

    ライトの種類

    個々のライトの追加または削除で説明しているオプションから選択します。

    照度

    明るさを調整します。

    カラー

    ライトのカラーを定義します。ボックスをクリックして、カラーピッカーにアクセスします。

    画像

    イメージベースドライトの場合に、ビットマップまたは 3D ファイルを指定します(見栄えのする効果を得るには、32 bit HDR 画像をお試しください)。

    シャドウを作成

    前面から背景面に、単一のメッシュからメッシュ自体へ、またはあるメッシュから別のメッシュに、シャドウを投影します。このオプションを無効にすると、パフォーマンスが若干改善されます。

    ソフトネス

    シャドウの端をぼかし、段階的なフォールオフを生成します。

  3. ポイントライトまたはスポットライトの場合は、次の追加オプションを設定します。

    ホットスポット

    (スポットライトのみ)光の明るさの中心の幅を設定します。

    フォールオフ

    (スポットライトのみ)光の外側の幅を設定します。

    減衰を使用

    内円および外円オプションでは、減衰の円錐域と、オブジェクトからの距離が増すにつれて、どの程度の速度でライトの強さが弱まるかを決定します。オブジェクトが内円の制限よりも近くなるほど、ライトの強さは完全になります。オブジェクトが外円の制限よりも遠ざかるほど、ライトの強さは 0 に近づきます。中間距離では、光は完全な強さから 0 まで直線的に減衰します。

    注意:

    ホットスポット、フォールオフ、内円および外円の減衰オプションにマウスポインターを移動すると、影響を受けるライトエレメントが、右端のアイコン上に赤いアウトラインとして表示されます。

ライトの位置

  1. 3D パネルのライトセクション で、以下のいずれかを選択します。

    3D ライト回転ツール 

    (スポットライト、無限遠ライトおよびイメージベースドライト)3D 空間で光の位置を保持しながら、光を回転します。

    注意:

    ライトを特定の領域にすばやく向けるには、ドキュメントウィンドウ内を Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらクリックします。

    3D ライトパンツール 

    (スポットライトおよびポイントライトのみ)同一の 3D 面の別の位置に光を移動します。

    3D ライト移動ツール 

    (スポットライトおよびポイントライトのみ)別の 3D 面に光を移動します。

    ポイントライトを中心へ 

    (スポットライトのみ)モデルの中心方向に光を当てます。

    現在のビューに移動 

    カメラと同じ位置にライトを配置します。

注意:

イメージベースドライトを正確に配置するには、3D 軸を使用して、球の周りの画像をラップします(詳しくは、3D 軸を参照してください)。

ライトガイドの追加

ライトガイドは、調整用の空間的な基準点を提供します。これらのガイドは各ライトのタイプ、角度および減衰を反映しています。ポイントライトはボール、スポットライトは円錐、無限遠ライトは直線として表示されます。

  1. 3D パネル最下部の切り替えアイコン をクリックし、「3D ライト」を選択します。

注意:

環境設定ダイアログボックスの「3D」セクションでガイドカラーを変更できます。

Photoshop さまざまなライトガイド
ライトガイド:

A. ポイントライト B. スポットライト C. 無限遠ライト 

ライトのグループの保存、置き換えまたは追加

ライトのグループを後で使用するために格納するには、これらのグループをプリセットとして保存します。プリセットを他のプロジェクトに含めるには、既存のライトに追加するか、または既存のライトと置き換えます。

  1. 3D パネルメニュー から、以下のいずれかを選択します。

    ライトプリセットを保存

    ライトの現在のグループをプリセットとして保存します。これは、以下のコマンドを使用して再読み込みが可能です。

    ライトを追加

    既存のライトに、選択したライトプリセットを追加します。

    ライトを置き換え

    既存のライトを選択したプリセットに置き換えます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー