注釈を有効に使用すると、コンセプトをわかりやすく説明できます。

ハイライト、コメント、描画、円、下線を使用してビデオの特定領域を強調表示すると、理解を促しやすくなります。色、フォント、間隔など、注釈のプロパティを編集することもできます。プレゼンテーションではプロジェクトの一部に注釈を追加できます。

Adobe Presenter Video Express の 2017 リリースでは、矢印を使用してビデオに注釈を追加できます。ダイアログから選択する代わりに、左ペインにある注釈アイコンをクリックして、パネルからシェイプを選択できます。

annotations-icon

また、カラーパレットから任意の色を追加できます。テキストの整列、任意のフォントの選択、テキストのフォントタイプの変更、テキストカラーの変更、テキスト領域の背景色の変更も可能になりました。

注意:

スクリーン上で Presenter Video Express が表示されているプロジェクト部分に注釈を追加する場合は、まず注釈を(プレゼンテーションモードで)追加し、それから Web カメラまたは Web カメラ + スクリーンモードに切り替えます。

注釈の追加

  1. 左ペインのツールバーにある注釈アイコンをクリックし、その横に注釈パネルを開きます。

    注釈を追加する
    注釈を追加する

  2. 使用可能な注釈のオプションを 1 つ選択します。

    シェイプ、線、テキスト注釈はカラーパレットから任意の色を選択して追加できます。

    注意:

    プロジェクトにおける注釈の最低挿入時間は 1 秒です。

    矢印注釈
    Presenter Video Express の 2017 リリースの矢印注釈

  3. スクリーンに注釈を表示する時間を増やすまたは減らすには、注釈を選択して右側にある黄色い四角形をタイムラインの目的の位置までドラッグします。

    注釈を表示する時間の変更
    スクリーンに注釈を表示する時間を長くする

  4. 注釈をタイムライン上でドラッグし、選択範囲の任意のビデオセグメントに配置することができます。

  5. 注釈を削除するには、削除する注釈を選択してキーボードの Delete キーを押すか、注釈パネルの  をクリックします。

テキスト注釈オプション

Adobe Presenter Video Express の 2017 リリースでは、テキスト注釈用にさまざまなテキスト編集オプションが導入されています。

フォントスタイル テキスト注釈のフォントスタイルを変更するには、フォント名をクリックし、ドロップダウンリストから任意のフォントを選択します。

フォントタイプ テキストに太字や斜体を追加するには、注釈パネルで「B」または「i」をクリックします。7-「AAA」アイコンをクリックすると、テキストのフォントサイズを変更できます。また、「整列」アイコンをクリックすると、テキスト領域を左端揃え、右端揃え、中央揃えにできます。

カラー 色の付いた四角形をクリックし、カラーパレットから任意の色を選択して、テキストの色を変更できます。

背景色 デフォルトでは、テキスト注釈領域の背景色は画面の色に対して透明になっています。背景色を変更するには、「背景色」の横にある切り替えボタンをクリックして「はい」にし、色付きの四角形をクリックして適切な色を選択します。

注意:

テキスト領域に適用した背景色は、コンテンツ画面の色に対して半透明になります。

テキスト注釈オプション
テキスト注釈オプション

注釈を使用する場合の推奨事項

  • パンとズームが適用されている場合、注釈は機能しません。注釈を適用した後にパンとズームを使用します。
  • プレゼンテーションモードですべての注釈を追加し、その後にモードを切り替えます。
  • 最大化モードで注釈を使用します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー