要件に合わせて背景を変更してカスタマイズすると、単調なビデオの背景を際立たせることができます。任意の場所をシミュレートしてビデオを変換することにより、高品質な学習体験を提供できます。

模様のない単色を背景にしてビデオを録画した後、背景を任意のデスクトップ画面、画像、またはビデオで置き換えることができます。これには Adobe Presenter Video Express に付属しているアセットも含まれます。

カスタマイズした背景をバックにして前景を移動、配置、スケールして、エフェクトを強化してください。

背景の変更

この属性を使用して、ビデオを撮影する際の背景をカスタマイズすることができます。

単色の背景を持つ映像を撮影した後、ポストプロダクションで背景を消し、より魅力的な背景に置き換えられます。

この機能を使用して背景を変更する場合の、補正前と補正後の例は次のようになります。

無地の背景の前で撮影

無地の背景の置換


コースの背景をいつでも変更できます。 

  • 最初に...録画を開始する前に、または 
  • ビデオを録画した後
背景を変更するには、まず Presenter Video Express を使用して自分自身のスナップショットを撮影し、アウトラインをマークする必要があります。この後、背景を任意のアイテムで置き換えることができます。

注意:

1 つのプロジェクトに複数の録画データが存在する場合、適用する背景のエフェクトは複数の種類があります。これは録画ごとに新しいスナップショットを撮る必要があるためです。

録画前の背景の変更

開始する前に

  • 背景の明るさが均等であり、背景色には単色が使用されていることを確認してください。
  • 背景とはっきり異なる服を着用してください。
  • 光を反射するものは片付けておいてください。
  • 照明が一定であることを確認してください。
  • 壁にぴったりはりつかず、後ろの壁との間隔をとってください。
  • Web カメラの配置を決めます。自分のスナップショットを撮った後に Web カメラを移動することはできません。
録画を開始する前の設定のヒント

  1. Web カメラ」を Presenter Video Express の何を録画しますか?ウィンドウでクリックし、ビデオプロジェクトを作成します。

  2. 録画画面の下部にあるビデオのエンハンスアイコン  をクリックします。

  3. 録画を開始する前に、「自分のスナップショットを撮ります」をクリックします。

    自分のスナップショットを撮ります
    自分のスナップショットを撮ります

    注意:

    この機能の仕組みを説明したチュートリアルのスライドを見るには、これらのオプションの横にある「i」アイコンをクリックします。

    注意:

    スナップショットでポーズをとる際、次の点に注意してください。

    • スナップショットに録画されるように、開いた手のひらが常時見えるようにしてください。この手のひらを挙げる動作は、Adobe Presenter Video Express が明るい肌の色を登録し、録画中に腕を動かす際にピクセルを小さくします。
    • スクリーンショットに体の上半身が含まれていることを確認してください。
  4. まず長さを指定するために、画像をマウスでドラッグすることによって顔を横切る直線を描画し、自分をマークします。次に、幅を指定するために肩を横切る直線を描画します。

    Presenter Video Expressは概算見積もりを作成し、その領域を前景として示します。

    マーク付きアウトライン
    プレゼンタのマーク付きアウトライン

  5. より質の高い前景画像にするには、Ctrlキーを押して、マーキングラインから線を描画することで、あなたの画像だけを含むように前景を編集します。 

    バックグラウンドセクションをクリーンアップするには、Altキーを押しながらドラッグをクリックします。

    選択範囲の一部を削除するには、マウスボタンを押したまま削除する部分をドラッグします。

  6. 満足する結果が得られてプレビューを表示する場合は「満足している」をクリックします。

    前景または背景のマーキングを再定義したい場合は、 をクリックします。

    スナップショットを撮り直したい場合は クリックします。

  7. 画像が背景に対してどう見えるかに満足したら、「マイプレビューは良い」をクリックします。

    注意:

    画像の画質を確認するには、目のアイコンをクリックします。緑色の割合が大きいほど、画質は良くなります。

    選択内容の画質の確認
    スナップショットおよび選択内容の画質の確認

  8. Adobe Presenter Video Express に含まれているこれらのいずれかの背景を変更するには、プレビュー画面の任意の場所をクリックします。

録画後のビデオのエンハンス

録画の後、背景はビデオのエンハンスパネルを使用していつでも変更できます。

  1. ツールバーペインの Web カメラビデオの拡張アイコン  をクリックして、その横にパネルを開きます。

    Web カメラビデオの拡張
    Web カメラビデオの拡張

  2. デフォルトの背景を変更するには、「背景を変更」で「はい」をクリックし、背景の名前をクリックして、使用可能な各種背景オプションを表示するパネルを開きます。

    背景を選択
    背景を選択

  3. デフォルトの背景のリストから背景を選択するか、「その他のアセットを取得」をクリックしてクラウドサーバーからさまざまな背景のオプションをダウンロードします。

    注意:

    画像および動画の背景の両方がサポートされます。 

    jpeg、png、mp4ファイルを扱うことができます。

    カスタム:Presenter Video Express にパッケージされていない画像またはビデオを使用する場合に選択します。カスタムの背景を置き換える場合は、「カスタム」を再び選択し、目的の画像に移動して選択します。

    背景のダウンロード

    製品で使用可能なすべての背景は、背景をダウンロードダイアログボックスでグレー表示されます。サムネイルから背景を選択し、「ダウンロード」を選択して背景を取得します。

  4. 背景にぼかしを追加する場合は、背景ぼかしスライダーを左右に移動します。

  5. プレゼンターのサイズと位置を変更することもできます。Web カメラビデオの拡張パネルに戻ります。

    サイズを変更するには:プレゼンターの画像が適切なサイズになるまでサイズスライダーを動かします。

    位置を変更するには:マウスをプレゼンターのサムネール画像の上に移動し、画像を適切な位置まで移動します。

    元の設定に戻す場合は、「サイズ」の横にあるリセットアイコンをクリックします。

コースにビデオフィルターを適用

  1. ツールバーペインの「Web カメラビデオの拡張」アイコン  をクリックして、その横に Web カメラビデオの拡張パネルを開きます。

  2. ビデオフィルターの下にある「なし」をクリックして、ビデオフィルターパネルを開きます。

    ビデオフィルターパネル
    ビデオフィルターの追加

  3. スナップショットを撮って背景をカスタマイズする場合、フィルターを選択して次のように適用できます。

    • 前景のみ - プレゼンターに対してのみエフェクトが適用されます
    • 背景のみ - 背景に対してのみエフェクトが適用されます
    • どちらもフィルタリング - エフェクトは画面全体に適用されます
    背景をカスタマイズしない場合、フィルターを適用できるのは画面全体に対してのみになります。

設定の編集

前景と背景の間のカラーのオーバーラップに関連したいくつかの問題がある可能性があります。設定パネルの設定を調整して、これらの問題を微調整できます。

  1. ビデオのエンハンスパネルで「設定」をクリックし、設定パネルを開きます。

    設定の編集
    カスタムの背景を追加した後で設定を調整します

  2. 画質を最適化するための様々な設定に対して、スライダーを移動します。

    設定の変更をプレビューするには、目のアイコンをクリックします。デフォルトの設定に戻すには、リセットアイコンをクリックします。 

    最大オブジェクト数

    前景の最大オブジェクト数です。例えば、プレゼンターが 2 人いる場合、2 に設定します。それ以外の場合、1 人のプレゼンター(オブジェクト)のみ
    出力に表示されます。アルゴリズムによって、常に出力の最大のオブジェクトが選択されます。
    の値を大きくすると、パフォーマンスに影響します。

    注意:録画時、カメラのすぐ近くに座ると、フレーム内で手が体につながっていないように見えて、手が出力されない場合があります。これを解決するには、カメラから十分離れた場所に座ります。もしくは、最大オブジェクト数を増やして手が入るようにします。

    ノイズ除去

    前景にある小さなオブジェクトをフィルターして取り除きます。この設定は、出力時(特に最大オブジェクト数を増やす場合)に現れる細かいアーティファクトを削除する場合に便利です。

    穴埋め

    前景オブジェクトにある穴を埋めます。

    エッジフィルターの半径

    このパラメーターは、滑らかにする必要のある前景のエッジ周辺領域を制御します。

    マットバイアス

    マットを使用するとプレゼンターのエッジを滑らかに見せることができ、髪の毛などの細かいディテールもしっかりと元の背景に滲むことなく浮かび上がらせられます。マットバイアスパラメーターは使用するマットの基になるメソッドを制御します。スライダーを調整してエッジに沿った領域の出力品質を向上させることができます。

    マットのドロップオフ

    マットバイアスレベルを微調整すると、前景の不透明度を上げたり背景の透明度を上げたりして、リアル感を与えることができます。

    この係数は最小限に抑え、その代わりにエッジフィルター半径およびマットバイアスを使用してエッジ周辺のアルファ値を調整します。

    色漏れ除去量

    色漏れ除去は、元の背景の
    カラーが漏れ出すことによるプレゼンター周辺のハロー効果を取り除きます。エッジが不自然になり始めたら、この係数をできるだけ高く設定します。

選択解除

背景を削除するには、ビデオのエンハンスパネルにある をクリックします。Adobe Presenter Video Express が選択されたカスタム背景をクリアして、独自に録画した背景に置き換えます。また、このオプションは、選択範囲も解除します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー