Adobe Presenter Video Express では、アプリケーションまたはデスクトップのキャプチャと Web カメラビデオを組み合わせることができます。 このツールを使用すると、マーケティング、eラーニングおよびトレーニングの専門家はもちろんのこと、趣味レベルやアマチュアのビデオ制作者でさえもビデオチュートリアルやその他のビデオコンテンツをすばやく作成できます。このツールは、レイアウト、背景の変更、パンとズーム、トリミングオプションなど、効果的なビデオ編集オプションも提供します。

YouTube または Vimeo にパブリッシュできる MP4 ファイルが出力されます。また、zip ファイルは SCORM 対応の任意の LMS や、Adobe Captivate Prime LMS にパブリッシュすることもできます。 

Adobe Presenter Video Express のビデオは、以下をキャプチャします。

プレゼンテーション

モニター画面で実行されたアクション。

プレゼンター Web カメラはプロジェクトまたはアプリケーションのデモンストレーションやプレゼンテーションを行うナレーターをキャプチャします。オーディオナレーションもキャプチャされます。

Adobe Presenter Video Express 11 は、Windows と Mac OS の両方のスタンドアロン製品として使用できるようになりました。 

以下はこれらの新機能および機能強化に関する簡単な概要です。また、詳細情報を提供しているリソースへのリンクも掲載しています。

Presenter Video Express 11 における新機能と変更点

Localization

Presenter Video Express はアラビア語でも使用できるようになりました。


本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー