Presenter Video Express の 2017 リリースには新機能、拡張されたユーザーインターフェイス、機能強化が含まれています。
pnvx_2017_appicon_RGB_109x104

Adobe Presenter Video Express では、アプリケーションまたはデスクトップのキャプチャと Web カメラビデオを組み合わせることができます。 このツールを使用すると、マーケティング、e ラーニングおよびトレーニングの専門家はもちろんのこと、趣味レベルやアマチュアのビデオ制作者でさえもビデオチュートリアルやその他のビデオコンテンツをすばやく作成できます。また、パンとズーム、トリミングなど、ビデオ編集オプションを使用して、ビデオ出力をカスタマイズできます。


YouTube にパブリッシュできる MP4 ファイルが出力されます。また、zip ファイルを SCORM 対応の LMS または Adobe Captivate Prime LMS にパブリッシュすることもできます。 

Adobe Presenter Video Express の 2017 リリースでは Web カメラ、スクリーン、または Web カメラとスクリーンの両方を使用してコンテンツを録画できます。

Web カメラ Web カメラは、オーディオナレーションを含め、プロジェクトまたはアプリケーションのデモンストレーションやプレゼンテーションを行うナレーターをキャプチャします。

スクリーン モニター画面で実行されたアクションをオーディオナレーションとともに録画します。

両方 画面で実行されたアクションと、Web カメラによるナレーターのキャプチャの両方を録画します。

Adobe Presenter Video Express の 2017 リリースは、Windows と Mac OS の両方のスタンドアロン製品として使用できるようになりました。以下はこれらの新機能および機能強化に関する簡単な概要です。また、詳細情報を提供しているリソースへのリンクも掲載しています。

一新された録画の操作性

 Adobe Presenter Video Express の 2017 リリースの新機能

Video_Presenter_icon-01

Adobe Presenter Video Express の 2017 リリースでコンテンツを録画して、拡張された新しいユーザーインターフェイスを体感してください。再生ボタンをクリックするだけで録画をすぐにプレビューできます。また、録画の編集はリニューアルした直感的なユーザーインターフェイスを使用して行うことができます。ビデオプレゼンテーションの編集モードでは、ヒントが組み込まれているツールバーが表示されるため、タスクを効率的に実行できます。

詳しくは、ビデオの録画を参照してください。


オンデマンドによるアセットのダウンロード

 Adobe Presenter Video Express の 2017 リリースの新機能

Video_Presenter_icon-02

Adobe Presenter Video Express の 2017 リリースでは、デフォルトのブランドテーマを使用できるほか、Adobe Cloud サーバーからテーマをダウンロードすることもできます。デフォルトでは、Adobe Presenter Video Express の 2017 リリースでは 1 個のブランドテーマが提供されています。12 個のブランドテーマアセットをクラウドからダウンロードできます。テーマをダウンロードダイアログのサンプルスクリーンショットを以下に示します。詳しくは、ビデオテーマの編集を参照してください。

背景アセットをダウンロードして、Web カメラビデオを拡張することもできます。デフォルトでは、Adobe Presenter Video Express の 2017 リリースでは 6 個の背景アセットが提供されています。デフォルトのアセットに加えて、23 個のアセットをクラウドからダウンロードできます。

詳しくは、背景の変更と画質調整を参照してください。


テーマをダウンロード
クラウドからのテーマのダウンロード

SRT ファイルの読み込み

 Adobe Presenter Video Express の 2017 リリースの新機能

Video_Presenter_icon-03

Adobe Presenter Video Express の 2017 リリースでは、SRT ファイルをビデオのクローズドキャプションとして読み込むことができます。

プロジェクトに SRT ファイルを必要な数だけ読み込んで編集できます。埋め込み用に SRT ファイルを 1 つ選択することも、実行時にサポートされる SRT ファイルのコレクションを書き出すこともできます。

詳しくは、テキストおよびキャプションの追加または編集を参照してください。


新しいパネルでのブックマークの管理

 Adobe Presenter Video Express の 2017 リリースの新機能

Video_Presenter_icon-04

Adobe Presenter Video Express の 2017 リリースでは、ボタンをクリックするだけで、ビデオエディターでブックマークを簡単に作成、管理できます。パネル内にサムネールが作成され、特定のタイムラインにブックマークが示されます。これらのブックマークはクイズの質問と回答を作成するときに使用できます。ユーザーが特定の質問に回答した場合、既にブックマークしているプレゼンテーションの位置までユーザーを移動できます。

詳しくは、ブックマークの作成ビデオへのクイズの質問の追加)を参照してください。


注釈の機能強化

Adobe Presenter Video Express の 2017 リリースの機能強化

Video_Presenter_icon-05

Adobe Presenter Video Express の 2017 リリースでは、矢印を使用してビデオに注釈を追加できます。ダイアログから選択する代わりに、左ペインにある注釈アイコンをクリックし、パネルからシェイプを選択できます。また、6 つのオプションから任意の色を追加できます。シェイプ、線、テキスト注釈は引き続き追加できます。このリリースでは、テキスト注釈に大幅な改善が行われました。テキストの整列、任意のフォントの選択、テキストのフォントタイプの変更、テキストカラーの変更、テキスト領域の背景色の変更が可能になりました。

詳しくは、注釈の追加を参照してください。


クイズパネルの機能強化

Adobe Presenter Video Express の 2017 リリースの機能強化

Video_Presenter_icon-06

Adobe Presenter Video Express の 2017 リリースでは、左のパネルにすべてのクイズの質問を表示したり、矢印を使用してある質問から別の質問に移動したりできます。また、ブックマークを使用してタイムラインの特定の位置に直接移動したりできます。クイズの質問セットを作成する際に、ブックマークへ移動オプションをクリックし、プレゼンテーションの特定の位置を選択することができます。

詳しくは、ビデオへのクイズの質問の追加を参照してください。


主要機能に関する製品内ヒント

 Adobe Presenter Video Express の 2017 リリースの新機能

Presenter Video Express の機能を使用しているとき、機能の詳しいヒントや特定の機能の使用方法を示すダイアログを参照できます。機能に関するヒントを表示するには、ツールバーパネルにある疑問符アイコンをクリックします。ヒントを閉じるには、「閉じる」をクリックします。

サンプルヒント
サンプルヒント

サンプルヒント
サンプルヒント


その他の機能強化

ユーザーインターフェイスの機能強化

リニューアルされたビデオエディターのユーザーインターフェイスを体感できます。

トリミングパネルの機能強化

開始時間と終了時間を秒数またはフレーム単位でコマ送りして、トリミングを微調整できます。

ブランディングパネルの変更

ブランディングパネル機能用のユーザーインターフェイスが改善されました。

拡張された連絡先ワークフロー

Adobe Presenter Video Express の 2017 リリースでは、連絡先ワークフローが拡張されています。このダイアログを使用してログファイルを添付し、作業中のプロジェクトをアドビに送信することができます。連絡先ダイアログは、製品の右上隅にある疑問符アイコンをクリックし、メニューで「連絡先」をクリックすることにより、いつでも開くことができます。

連絡先
連絡先ダイアログ

注意:

Presenter Video Express はアラビア語でも使用できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー