このドキュメントには、Adobe Presenter のマニュアルには記載されていない既知の問題とトラブルシューティングヒントが 含まれています。

  • ブラジルポルトガル語でクローズドキャプションが生成されません。

回避策:ありません。

  • 「アセスメント」および「トレーニング」プロジェクトの Adobe Captivate 7 SWF ファイル出力を再生すると、最初のクリックしか動作しません。最初のクリック以降、SWF ファイルはそれ以上再生されません。

回避策:.swf ファイルを Captivate P で編集し、ファイルを保存します。更新された .swf ファイルは正しく再生されます。

  • シナリオベースのインタラクションがあるプレゼンテーションをプレビューしているときに、正解フィードバックスライドの続行ボタンを押すと、不正解フィードバックスライドに移動します。プレゼンテーションの次の論理スライドに移動してほしいところです。この問題はパブリッシュされた出力では発生しません。

回避策:これは PowerPoint スライドショーに固有の問題です。Adobe Presenter のランタイムでは問題はありません。

  • シナリオベースのインタラクションスライドで、コピーおよびペースト機能を使用しないでください。ペーストされたスライドが誤った動作をする場合があります。

回避策:ありません。

  • コラボレーションを有効にしたプレゼンテーションからスライドをコピーして新しいプレゼンテーションにペーストすると、スライドでは引き続きコラボレーションが有効になります。

回避策:新しいプレゼンテーションでコラボレーション機能のダイアログを開き、コラボレーションをオフにします。

  • Windows XP および Windows 8 オペレーティングシステムで、ドラッグアンドドロップ問題タイプを最初に挿入すると、Windows のセキュリティの警告が表示されます。

回避策:「許可」を選択して先に進みます。

  • JAWS を有効にした画面では、出力を PDF でパブリッシュした場合に、再生バーまたはサイドペインのコントロールを読み込みません。

回避策:ありません。

  • ブリキカンのパブリッシュ済みコースを途中で閉じると、cloud.scorm によって「未完了」ではなく「不明」としてレポートされます。 

回避策:ありません。

  • ブリキカンのオプションでパブリッシュしたコースは、Adobe Presenter で「通常終了」を有効にしても、コースの最初から再開されません。コースはユーザーが最後に表示した場所から始まります。

回避策:ありません。

  • 「テーマ」での背景変更が、64 ビット版の MS Office 2010 で動作しません。
  • Adobe Presenter を次のプラットフォームで初めてインストールすると失敗します:
    • Windows 7 SP なし - 32/64 ビットシステム
    • Vista SP1 または SP2 - 32 ビットシステム
    • XP SP2 - 64 ビットシステム

回避策:コンピュータを再起動して Adobe Presenter をもう 1 度インストールします。

  • Windows 8.1 で、アクセシビリティに関するランダムな問題が発生することがあります。
    • ハイパーリンクとボタンで Enter ボタンが動作しないことがあります。
    • スクリーンリーダーの実行中、ユーザーが「次のものを一致させる」スライド内に入力できません。
    • ユーザーが SWF ファイル内を 1 回クリックしない限り、スクリーンリーダーで Presenter SWF ファイルのコンテンツが読み込まれません。
    • 「アウトライン」、「サム」、および「クイズ」ペインにアクセスできなくなります。
  • Adobe Connect の会議を介してビデオモジュールにアクセスする場合に、ビデオ解析がサポートされません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー