ユーザーが短文記述問題に答えるには、単語、語句または完全な文章を回答として入力します。 この問題を作文問題として使用して採点するか、アンケート形式の問題として詳しいフィードバックを収集することができます。

  1. PowerPoint で、プレゼンテーション(PPT ファイルまたは PPTX ファイル)を開きます。
  2. 質問を挿入するスライドの前のスライドを選択します。 例えば、プレゼンテーションのスライド 7 を新しい質問スライドにする場合は、スライド 6 をクリックします。

    既存のクイズに質問を挿入すると、質問がクイズに追加されます。

  3. クイズマネージャ(Adobe Presenter/クイズグループ/管理)で、質問を追加するクイズをクリックして「質問を追加」をクリックします。
  4. 質問の種類ダイアログボックスで、「短文記述」を選択して次のいずれかのオプションを選択します。

    評価形式の問題の作成

    質問は採点されます。

    アンケート形式の問題の作成

    質問は採点されません。

    新規短文記述問題ダイアログボックスが表示されます。

  5. 「質問」タブで、名前のデフォルトのテキストをそのまま使用するか、テキストボックスに新しい名前を直接入力します。 この名前は、プレゼンテーションの質問スライドに表示されます。

    注意:

    単一のプレゼンテーションに、同じ種類(例えば、複数選択、短文記述など)の質問を複数作成していた場合、 それぞれに固有の名前を入力して、区別できるようにします。

  6. 「質問」テキストボックスに、スライドに表示する短文記述問題の質問を入力します。「質問」テキストボックスは、空白のままにはできません。
  7. 「スコア」テキストボックスにこの質問に割り当てる点数を入力します(または上向き矢印と下向き矢印を使用して指定します)。 ポイントを割り当てることで質問の相対的な重要度を指定します。 異なる質問に異なるポイントの値を割り当てることで、例えば、基本的な質問に低いポイントを割り当て、高度な質問に高いポイントを割り当てることができます。 任意の整数値を入力することができます。 すべての質問に同じ値(例えば 10 ポイント)を割り当てた場合、それらの質問は等しく採点されます。
  8. 「正解候補」領域で、空行をクリックするか、「追加」をクリックして、質問の正解となる単語または語句を入力します。 必要に応じて、「追加」および「削除」をクリックして、リストを完成させます。
  9. (オプション)「解答内の大文字と小文字を区別する」を選択すると、ユーザーが答えを入力する文字が大文字と小文字の正しいコンビネーションである場合のみ、正解と認識します。 例えば、質問の正解が「Windows」であり、大文字と小文字を区別するオプションを選択した場合、「windows」という回答は不正解になります。
  10. 「オプション」タブを選択します。
  11. (オプション)「種類」ポップアップメニューを使用して、質問のタイプを「評価」または「アンケート」に変更します。
  12. 「クリアボタンを表示」を選択して、質問スライドにボタンを表示し、ユーザーがこのボタンをクリックすると、回答をクリアしてやり直すことができるようにします。
  13. 「正解の場合」領域で、次のオプションを設定します。

    アクション

    回答が正しい場合に実行するアクションを選択します。 次のスライドに進む(「次のスライドに進む」、デフォルトのアクション)、プレゼンテーション内の別のスライドにジャンプする(「移動先」)、または Web ページを表示する(「URL を開く」)ことができます。 Web ページを表示する場合、アドレスを「URL を開く」テキストボックスに入力し、Web ページを表示する場所を指定します。Web ページがプレゼンテーションに置き換わるようにするには「現在」を選択し、Web ページを別のウィンドウで表示するには「新規」を選択します。

    次のスライドに進む

    「アクション」で選択したオプションに応じて、このテキストボックスで正確な移動先を指定することができます。

    オーディオクリップの再生

    このオプションを選択すると、質問に対する回答が正解の場合に再生するオーディオファイルを読み込むか、新しく録音できます。 必要に応じて、「録音」、「停止」、「削除」および「読み込み」ボタンを使用します。 既にオーディオを録音してある場合は、「録音」ボタンの代わりに「再生」ボタンが表示されます。 オーディオを再録音するには、まずオーディオを削除してから、「録音」を選択する必要があります。

    注意: 質問にオーディオとアクションがある場合は、オーディオクリップが再生されてから指定されたアクションが実行されます。

    正解時のメッセージを表示

    ユーザーが正解を選択した場合にテキストメッセージを表示するには、このオプションを選択します。 正解に対するフィードバックを表示しない場合は、このオプションの選択を解除します。

  14. 「回答が不正解の場合」領域で、次のオプションを設定します。

    許可する試行回数

    矢印を使用するか、テキストボックスに直接入力して、別のアクションが実行されるまでにユーザーが回答を受講できる回数を指定します。 ユーザーが質問のスライドを開いて表示するたびに 1 回の受講と見なします。 受講回数を 1 に設定すると、ユーザーがクイズを終了してから再びそのクイズを受講しようとした場合に、プレゼンテーションが進行することを防止できます。 プレゼンテーションを会議で使用する場合や、アーカイブに置く場合は、受講回数を 1 に設定しないでください。

    受講回数制限なし

    このオプションを選択すると、ユーザーは無制限に受講することができます。

    アクション

    最後の受講の後に必要なアクションまたは移動先をクリックします。 次のスライドに進む(「次のスライドに進む」、デフォルトのアクション)、プレゼンテーション内の別のスライドにジャンプする(「移動先」)、または Web ページを表示する(「URL を開く」)ことができます。 Web ページを表示する場合、アドレスを「URL を開く」テキストボックスに入力し、Web ページを表示する場所を指定します。Web ページがプレゼンテーションに置き換わるようにするには「現在」を選択し、Web ページを別のウィンドウで表示するには「新規」を選択します。

    次のスライドに進む

    「アクション」で選択したオプションに応じて、このテキストボックスで正確な移動先を指定することができます。

    オーディオクリップの再生

    このオプションを選択すると、質問に対する回答が不正解の場合に再生するオーディオファイルを読み込むか、新しく録音できます。 必要に応じて、「録音」、「停止」、「削除」および「読み込み」ボタンを使用します。

    エラーメッセージの表示

    ユーザーが不正解を選択した場合にテキストメッセージを表示するには、このオプションを選択します。 不正解に対するフィードバックを表示しない場合は、このオプションの選択を解除します。

    再試行メッセージの表示

    ユーザーが不正解を選択し、さらに受講できる場合にテキストメッセージ(「もう一度やり直してください」など)を表示するには、このオプションを選択します。

    未回答メッセージの表示

    ユーザーが回答しない場合にテキストメッセージ(「回答を選択してから続行してください」など)を表示するには、このオプションを選択します。

    注意: クイズマネージャで、「正解」、「エラー」、「再試行」および「未回答」メッセージのデフォルトのテキストを編集することができます。 Adobe Presenter/クイズグループ/管理を選択し、「デフォルトのラベル」タブをクリックします。

  15. 「レポート」タブを選択します。 デフォルトの設定をそのまま使用するか、必要な場合は、次のオプションを変更することができます。

    回答を報告する

    このオプションを選択すると、回答情報が Adobe Connect Server または学習管理システムに送信されます。

    クイズ

    この質問を割り当てるクイズの名前です。 ポップアップメニューから異なるクイズを選択することができます。

    学習目標 ID

    クイズを作成するときに自動的に作成される番号です。 この番号は、Adobe Connect Server または学習管理システムで追跡される得点を Adobe Presenter プレゼンテーションから報告するために使用されます。

    インタラクション ID

    デフォルトの番号をそのまま使用するか、テキストボックスに新しい番号を直接入力します。 インタラクション ID の最大長は 64 文字です。 Adobe Presenter プレゼンテーションから Adobe Connect Server に追跡情報を送信する場合は、Adobe Connect Server によって指定されたインタラクション ID を使用する必要があります。

    注意: 既存のスライドをコピーしてペーストすることで新しい質問を作成する場合は、個々の質問が Adobe Connect Server に適切に報告されるように新しい固有のインタラクション ID を入力する必要があります。 コピーおよびペーストして新しい質問を作成することはお勧めしません。常にクイズマネージャを使用して新しい質問を作成してください。

  16. 作業が終了したら、「OK」を 2 回クリックします。

    プレゼンテーション内で指定した場所に、短文記述問題の新規質問スライドが表示されます。 採点される作文問題として短文記述問題を使用する場合は、Connect Pro Central の上書きオプションを使用して各回答を個別に採点することができます。 詳細については、『Connect Pro Central User Guide』を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー